李氏朝鮮の重臣

韓国ドラマ「チャン・ヨンシル」で世宗に批判的な重臣として登場するハ・ヨン。明に従い儒教の教えを大切にする重臣です。河演(ハ・ヨン)は世宗の時代に実在した人物。鄭夢周(チョン・モンジュ)の教えをうけつぎ、儒教で国を良くしようとしました。 ...

李氏朝鮮の重臣, 高麗

「チャン・ヨンシル」にはユ・バンテクという役人が登場します。書雲観という天体観測を行う役所の責任者です。

高麗時代から書雲観で働いている人なのですが、朝鮮王朝に不満があり高麗を復興させようとしてるという設定でした。 ...

李氏朝鮮の重臣

慎守勤(シン・スグン)は燕山君の義理の兄で、中宗の義理の父です。

妹が燕山君と結婚して王妃になったおかげで慎守勤は高い地位を得ました。
娘も王族の普城大君(後の中宗)に嫁がせるなどこのまま一族の栄華が続くかに思われ ...

李氏朝鮮の重臣

洪鳳漢(ホン・ボンハン)は恵慶宮洪氏の父親です。恵慶宮洪氏は正祖(イ・サン)の母。
つまり正祖の祖父になります。

思悼世子の義父として支えましたが、最後は死罪になるのを止めることが出来ませんでした。

そ ...

李氏朝鮮の重臣

韓国時代劇「秘密の扉」に登場する趙載浩(チョ・ジェホ)は実在の人物。

主人公のイ・ソン(思悼世子)に理解をみせる穏健派の重臣として登場します。

歴史上の趙載浩も、英祖や思悼世子に協力的な人物でした。しかし、派閥 ...

李氏朝鮮の重臣

韓国時代劇「秘密の扉」に登場する閔百祥(ミン・ベクサン)は実在の人物。

主人公のイ・ソン(思悼世子)と対立しているのかと思えば、最後には味方になるという複雑な経緯の人物として描かれています。

閔百祥は一貫して老 ...

李氏朝鮮の重臣

韓国時代劇「秘密の扉」に登場する洪啓禧(ホン・ゲヒ)は実在の人物。

英祖の時代に役人になり、英祖に仕えた人物でした。老論派に所属し、当時老論派の中心人物だった金尙魯(キム・サンノ)とも親しかったと言われます。

...

李氏朝鮮の重臣

「イサン」「秘密の扉」に登場する蔡済恭(チェ・ジェゴン)は実在の人物。

思悼世子を助け、味方した数少ない人物です。思悼世子の死後は、世孫の師となり正祖即位後は正祖を支える重要な重臣となりました。

粛宗の時代に追 ...

李氏朝鮮の重臣

朴文秀(パク・ムンス)は伝説的な暗行御史(アメンオサ)。いわゆる地方の悪徳役人を裁く隠密です。

実在の朴文秀(パク・ムンス)は党派を超えて国のために実用的な政策を実行しようとする優れた政治家でした。

韓国時代劇 ...

李氏朝鮮の重臣

韓国時代劇「イ・サン」にはパク・テス(朴大壽)が登場します。

幼いころのサンやソンヨンの友達でした。成人したパク・テスはやがてイ・サンを護衛する武官になります。

パク・テスは架空の人物です。でもモチーフになった ...

PAGE TOP