臨海君(イムヘグン)・光海君の兄は嫌われ者だった?

2017年10月4日

臨海君(イムヘグン)は光海君の実の兄。ドラマでは王位についた光海君や重臣によって暗殺されることの多い王子です。

不幸な最後をとげたので暴君光海君の被害者だと思われることもあるのですが。性格としては臨海君の方が日頃の行いが悪かったといいます。日本と朝鮮が戦った壬辰倭乱(文禄の役・いわゆる朝鮮出兵)では地元民に捕らえられて日本軍の捕虜になるという失態をみせました。

史実の臨海君(イムヘグン)どんな人物だったのか紹介します。

臨海君(イムヘグン)の史実

いつの時代の人?

生年月日:1572年9月20日
没年月日:1609年6月3日

名前:李珒(イ・ジン)
称号:臨海君(イムヘグン)
父:宣祖
母:恭嬪金氏
妻:陽川許氏
弟:光海君

子供:3男1女

彼は朝鮮王朝(李氏朝鮮)の14代宣祖の時代。日本では戦国時代の人になります。

おいたち

1572年。14代国王・宣祖の長男として生まれました。母は恭嬪金氏。彼は長男でしたが側室の子供でした。

6歳のときに母・恭嬪金氏が亡くなりました。

1585年。許銘(ホ・ミョン)の娘と結婚しました。

臨海君は罪のない人を殺したり、民家から金目のものを略奪するなど普段から酷い行いをしていました。そのため世子をどうするかで話し合われたことがありましたが、長男でありながら世子には選ばれませんでした。

壬辰倭乱(文禄の役)と臨海君

1592年4月。壬辰倭乱(文禄の役)が始まりました。

4月12日。日本軍の先発隊が釜山に上陸。
200年近く大きな戦争の経験がない朝鮮はあっという間に攻め込まれました。

4月27日には早くも遷都が話し合われましたがまとまりません。

4月28日にはタブーになっていた世子問題が急遽話し合われ、宣祖は光海君を世子に決定しました。まだ明の許可をもらってないので正式には世子ではありませんが、光海君後継者になったのです。

このときも臨海君は候補から外されました。

都を守る兵士が少ないので王子を派遣して兵を募集することになりました。そこで臨海君は咸鏡道に、順和君は江原道に行くことになりました。

臨海君は尹卓然を従えて咸鏡道に向かいました。咸鏡道は朝鮮北東部。中国との国境付近にある地域です。

4月29日。宣祖は都を捨てて逃走しました。

5月2日。都の漢城が陥落。

都のありさまをまだ知らない臨海君は咸鏡道に到着。5月には江原道で兵を集めることに失敗した順和君が咸鏡道に来ました。

臨海君は加藤清正の捕虜になる

臨海君と順和君は咸鏡道の会寧にとどまりました。ところが彼らは王子であることを理由に、略奪や殺人を行いました。とうぜん地元住民たちは反感を持ちます。

人々の不満が高まる中、日本軍が会寧に近づく知らせが届きました。すると咸鏡道の府使・鞠景仁、鞠世弼が反乱を起こしまて臨海君と順和君はとらえられました。

尹卓然は逃げ延びて兵を集め日本軍に抵抗しました。しかし加藤清正らと戦い敗退。以後、咸鏡道で兵をあつめることはしなくなりました。

7月23日。反乱軍に囚われた臨海君は、会寧にやってきた加藤清正ら日本軍に引き渡されました。

日本軍に捕虜を渡すと手厚くもてなされることを知った咸鏡道の人々は上官や役人を捕らえて日本軍に差し出す者が続出しました。咸鏡道では日本軍に抵抗するものがいなくなりました。

鞠景仁たちは臨海君を加藤清正に引き渡したあと会寧を支配しました。ところが鞠景仁たちは傲慢になり住民たちの反感を受けます。日本軍撤退後、咸鏡道らは捕らえられ処刑されました。

どうして朝鮮には日本軍に協力する人がいたの?

日本軍に協力した朝鮮人を「順倭」といいます。咸鏡道は特に大きな順倭の人々がいました。もともと朝廷に不満の多い人達が、臨海君達がやってきたことでさらに反感を高めてしまったからなんですね。

地元の人々が日本軍を歓迎した理由として、咸鏡道はもともと都から派遣された官僚と地元住民がうまくいっていない土地でした。女真族の住む地域と近かったので争いが起こりやすい所だったこと。咸鏡道は左遷された人や流刑になった人が住む土地だったことも重なり中央に反感を持つ人が多かったのです。

釈放後も続く悪行

1593年8月。臨海君たちは釜山に連れて行かれ、日本に連行されそうになりました。しかし明の使節・沈惟敬と日本の小西行長の会談が行われ和議が成立。臨海君と順和君は釈放されました。

しかし、このような経験をしたにもかかわらず壬辰倭乱が終わると略奪を行ったり罪の人を殺すなど横暴な行いを続けました。多くの訴えがあがりましたが無視されました。

弟の即位に明が反発

1608年。宣祖が亡くなり、弟の光海君が即位しました。

しかし明が光海君の即位を認めようとしません。長男の臨海君が生きているのに、次男の光海君が王になるのはおかしいというのです。そこで明から使節が来て直接、臨海君に話をきくことになりました。使節に会う前に光海君は臨海君を脅迫されます。臨海君は無難な答えをしました。明の使節は臨海君の言葉を信じて帰国。明は光海君の即位を認めました。

謀反の疑いで殺害される

「臨海君が密かに私兵を育成しているので処分すべきだ」という訴えが起こり監禁されました。光海君は義禁府に調査の命令を出しました。三司によって何度も上訴が起こりましたが、光海君は処刑の命令をだしませんでした。臨海君は流刑になりました。

流刑になったあと死亡しました。

光海君の日記には「臨海君は強制的に毒を飲まされ死んだ」と書かれていますが。仁祖のクーデター後に調べられた結果、臨海君の奴婢が「臨海君は首を絞められて死んだ」と証言したといいます。李爾瞻(イ・イチョム)の放った刺客による犯行だといわれています。

光海君は臨海君を殺す気はなかったようです。しかし重臣の李爾瞻らは生きていれば王座を脅かす存在になると考え始末したのかもしれません。事実、明は次男の光海君が王になるのはおかしいとなかなか王位を認めようとしませんでした。

被害者といえるのかもしれませんが、普段から行いが悪かったことも災いしているのかもしれません。

テレビドラマ

壬辰倭乱 MBC 1985年 演:チョン・ソンモ
宮廷女官キム尚宮 1995年 KBS 演:パク・ヨンギ
王の女 SBS、2003年 演:キム・ユソク
火の女神ジョンイMBC 2013年 演:イ・グァンス
王の顔 KBS 2014年 演:バク・ジュヒョン
懲毖録 KBS、2015年  演:ユン・ホンビン
華政 MBC 2015年 演:チェ・ジョンファン

 


PAGE TOP