奇皇后・元の第一皇后になった実在の高麗人

2018年4月4日

 

奇皇后は高麗出身の女性で元の皇后になった実在する人物です。歴史上は「完者忽都皇后奇氏」とも書きます。

元(モンゴル帝国)の15代皇帝・恵宗トゴン・テムル(順帝ともいいます、ドラマ「奇皇后」ではタファン)の妃になりました。

元出身者以外で皇后になった人はいましたが、第一皇后になったのは奇皇后だけです。一時は皇帝に匹敵する力をもった奇皇后。ところが、出身地であるはずの高麗との関係はうまくいきませんでした。

それどころか元そのものも新しくできた明に攻められて滅亡の危機に陥ってしまいます。

歴史上の奇皇后と彼女をとりまく人物は、韓国時代劇「奇皇后」とはかなり違います。歴史上の奇皇后とはどのような人なのか紹介します。

奇皇后の史実

いつの時代の人?

生年月日:1315年ごろ
没年月日:1369年あるいは1370年

名前:奇洛
称号:完者忽都(オルジェイ・クトゥク)皇后
本貫:幸州奇氏
父:奇子敖(キ・ジャオ)
母:不明
夫:恵宗トゴン・テムル(元15代皇帝)順帝ともいいます。
子供:アユルシリダラ

彼女が生きたのは高麗末期、元の最後の皇帝・順帝の皇后になりました。

高麗では35代恭愍王の時代。

日本では鎌倉時代になります。

おいたち

奇皇后はもともとは、高麗から元に送られた貢女でした。

貢女とは

貢女とは貢物として送られる若い女性のことです。新羅の時代から李氏朝鮮の時代まで長い間、貢女を送っていました。高麗時代には元、明、契丹に多くの貢物が送っていました。その中には13~25歳の未婚の女性も含まれていました。人の派遣ではなく、物として送られるのです。

元の時代は特に厳しく、原則は両班の美人の処女が良いとされていました。両班階級にとっては大きな問題でした。低い身分、妓生などを送ってばれた場合は罰せられたといいます。

貢女にされるのを防ぐため、高麗では娘を若くして結婚させることも行われていました。そのため12歳以下の女性を結婚させるのを禁止する法律まで作られました。

貢女は李氏朝鮮になっても続きます。高麗・朝鮮は大国に若い女性を差し出して国の安泰をはかっていたのです。今日、中国や朝鮮で使われる性奴隷という言葉は貢女をイメージしたものなのです。

貢女に選ばれると自害する人もいたといいます。

しかし奇氏は自ら命を断つことはなく元に向かったといいます。奇氏の家は貧しかったので困窮から抜け出すためには仕方のない一面もあったのでしょう。

元の宮廷に入った奇氏

熱心な仏教徒だった奇氏は元に行っても仏に祈っていました。そこで高龍普に出会いました。

高龍普は高麗出身の宦官でした。高龍普は順帝のお世話ができる若い女性を探していたので、奇氏なら役目を果たせると思ったようです。皇帝好みの美人だったのでしょう。宮女に選ばれるということは、奇氏は侍女として送られた貴族階級の娘なのかもしれません。

奇氏にとって高龍普との出会いが大きな転機になりました。もし高龍普に認められなければ奇氏は、他の貢女と同様の運命をたどっていたでしょう。

1333年。高龍普の斡旋で宮女にになり、皇太子宮に配属されて食事の世話をする係になりました。

奇氏は順帝の目に止まり、順帝の寵愛を受けるようになりました。順帝は皇后のタナシルリとは仲はうまくいってませんでした。そんなとき出会ったのが奇氏でした。

順帝は1330年ごろ皇室内部の争いに負けて高麗の大青島に流刑になっていたことがありました。高麗とは多少の縁があり、奇氏への愛情に繋がったのかもしれません。

ダナシリ皇后との確執

順帝には既にダナシリ皇后がいました(ドラマ奇皇后ではタナシルリ)。ダナシリ皇后は嫉妬深い人でした。奇氏はダナシリ皇后から嫌がらせを受けます。

奇氏は順帝の助けを受けてダナシリ皇后の嫌がらせを耐え抜きました。ダナシリ皇后の父は丞相エル・テムル(ドラマ奇皇后ではヨンチョル)。エル家は大きな権力を持っていたので順帝は不満でした。ダナシリ皇后と順帝も仲はよくありませんでした。力を持っていたエル・テムルの死後、一族の力は衰えます。

1335年。ダナシリ皇后の兄タンキシは反乱を起こしますが、丞相バヤン(ドラマ奇皇后ではペガン)が鎮圧。タンキシたち、ダナシリ皇后の一族は処刑されました。ダナシリは身分を庶民におとされ流刑地に向かう途中、バヤンによって殺害されました。

1339年。皇子アユルシリダラを出産。順帝は奇氏を皇后にしようとしました。しかし丞相バヤンが反対しました。奇氏は順帝の前で号泣してバヤンとその部下たちが自分を苦しめると訴えました。

1340年2月。順帝は奇氏にそそのかされてバヤンを追放しました。

第二皇后になり勢力拡大

4月。奇氏は第二皇后になりました。奇皇后の父・奇子敖(キ・ジャオ)は栄安王の称号を与えられました。

第一皇后バヤン・クトゥクは、ダナシリと違い嫉妬を見せることはなく、奇皇后と争うことはありませんでした。

奇皇后は元国内にいる高麗出身者を味方につけるとともに、自らは元に馴染もうと努力しました。

奇皇后は美味しい食べ物が手に入ると真っ先にチンギス・ハーンを祀った太廟に捧げ、そのあとに食べました。現地の習慣に馴染み人々の好感を得るように努力したのです。

飢饉で多くの死者が出たときは私財を使って死者の埋葬や供養を行いました。

皇后になったあと、高麗出身者の宦官、高麗の流人や高麗人留学生を登用して自分の派閥を作りました。自分の親衛隊も組織しました。

自分を宮廷に入れた高龍普を腹心としてとりたてて資政院使という役職に付けました。

奇皇后の人脈はは元の朝廷内でも大きな影響力を持つ派閥になります。

1353年。重臣の朴不花を利用して息子のアユルシリダラを皇太子にしました。

高麗との確執

奇皇后の実家は貧しい家でした。ところが娘が元の皇后になったことで、大騒ぎになりました。元の皇后は高麗の王よりも身分が高いのです。奇皇后の兄・チョルたち奇一族はその奇皇后の権威を利用して、民から搾取を行うようになりました。元の力のおかげで高麗王家を脅かす様になりました。

そこで、もともと元を嫌っていた高麗の恭愍王は奇一族を抹殺しました。

一族の死を聞いた奇皇后は激怒して順帝に恭愍王を退位させるように訴えました。

息子のアユルシリダラにも「祖父の敵をとれ」と教えました。

1363年。順帝は奇皇后の望みどおりに恭愍王の廃位を決定。元の都・大都にいた高麗王族・徳興君を次の王にする命令を出しました。

しかし恭愍王が命令に従わなかったため、徳興君を1万の兵とともに高麗に送りました。ところが、元軍は崔瑩と李成桂の指揮する高麗軍に敗退してしまいます。

第一皇后になる

1365年。このころ順帝は酒色に溺れ、政治に興味を失っていました。奇皇后は愛想をつかし皇太子アユルシリダに皇位を継がせようとしました。偽の命令書を出してココ・テムルの軍を動かし順帝に譲位させようとしました。しかしココ・テムルに気づかれて失敗しました。それでも奇皇后は罪を問われませんでした。

第一皇后バヤン・クトゥクが死去。奇皇后は第一皇后になりました。過去にも元出身者以外の者が皇后になったことはありましたが、第一皇后になったのは奇皇后が初めてです。

第一皇后になったと、バヤン・クトゥクの宮室に行くと破れを繕ったものがありました。奇皇后は「第一皇后がこんな服を着ていたのか」と笑ったといいます。

皇太子の母になった奇皇后は第一皇后よりも力があったのです。

北元と奇皇后の最後

1368年。朱元璋は明を建国し25万の大軍で元の大都を占領しようと迫りました。順帝は奇皇后と皇太子を連れて都を逃れました。

歴史上はここで元が滅亡したと考えます。

順帝は内モンゴルの応昌に逃れ再起を測りました。歴史上は「北元」と区別します。

奇皇后がいつどのようにして死んだのかは伝わっていません。1368年に捕虜になり1369年に死亡したという噂もありますがはっきりとはわかりません。

1370年。順帝は再起をはたせぬまま死亡。息子のアユルシリダラが皇帝になりました(昭宗)。

その後、北元は明に攻められて1388年に滅亡しました。 

テレビドラマ

辛旽  2005年 MBC 演:キム・ヘリ 
奇皇后 2013年 MBC 演:ハ・ジウォン

ドラマ「奇皇后」では元の皇后になっても高麗の民を心配する正義感あふれる女性として描かれました。しかし歴史上の奇皇后は、高麗に残してきた家族を高麗王に殺害され、高麗を憎むようになります。皇帝に高麗に戦をするようにけしかけたのは奇皇后なんです。権力欲が強く、第一皇后よりも贅沢をしていたといわれ、ドラマとはかなり違います。

とはいえ、国に裏切られ異国に送られた奇皇后としてはそうでもしなければ生きていけない事情もあったのでしょうね。


PAGE TOP