オクニョ 第10話 あらすじ

2017年7月8日

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第10話のあらすじです。

追手から逃げたオクニョとユン・テウォンは安国洞で匿ってもらうことになりました。しかし、安国洞にはチョン・ナンジョンの企みが進行中でした。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

 

オクニョ 第10話 あらすじとネタバレ

 カン・ソノに刃を突きつけるオクニョ

文定大妃に会いに行ったチョン・ナンジョンですが、面会を拒否されてしまいます。大妃の怒りが想像以上に大きいことを思い知ります。

体探人の根城にいたカン・ソノは背後から刃を突きつけられました。それはオクニョでした。指示通りにパク・テス殺害を認めたのになぜ命を狙わるのかと問いただします。カン・ソノは自分の過ちだと認め、自分を殺せと言いました。どうすればいいのかと泣き出すオクニョ。カン・ソノも涙を流します。カン・ソノが気がつくとオクニョは姿を消していました。

安国洞に身を寄せるオクニョ

オクニョとユン・テウォンはソン・ジホンに隠れ家を見つけられ補盗庁につかまりそうになりました。逃げ出したオクニョはユン・テウォンの案内で安国洞の家に身を寄せました。安国洞の奥様は、ユン・ウォニョンの正妻ですが、別居状態になっていました。ユン・テウォンは安国洞の奥様を母と慕っていました。

オクニョは安国洞で食事の支度をしているミョンソンを手伝おうとしました。しかしミョンソンはあわてて断ります。ミョンソンの態度をおかしいと思ったオクニョは、台所から毒薬を見つけました。ミョンソンも町に張り出している人相書きからオクニョが指名手配中だと知ります。

文定大妃に会うオクニョ

ミョンソンはオクニョが安国洞にいることをチョン・ナンジョンに知らせてしまいます。チョン・ナンジョンはソン・ジホンを送ってオクニョを捕らえました。しかし家を出たところで文定大妃の命令でやってきたキ・チュンスとはちあわせします。キ・チュンスはオクニョを内禁衛引き渡すように命令しました。ソン・ジホンは従うしかありませんでした。

オクニョはキ・チュンスにつれられ文定大妃と会いパク・テスの死について話しました。そこへユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンがやってきてオクニョの話を遮ろうとしますが文定大妃に叱られます。

オクニョ

Posted by Fumiya


PAGE TOP