オクニョ 第11話 あらすじ

2017年7月8日

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第話のあらすじです。

パク・テス殺害の件で文定大妃に呼び出されたオクニョ。パク・テスの言葉を伝え、文定大妃もそれを信じます。オクニョは開放され典獄署に戻りました。文定大妃の怒りに触れたユン・ウォニョンは冠位を剥奪されて典獄署の牢に入れられます。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

 

オクニョ 第11話 あらすじとネタバレ

体探人を辞めて典獄署に戻ったオクニョ 

オクニョは文定大妃に「ユン・ウォニョンの仕組んだ陰謀だ」とパク・テスが言っていた、と伝えました。文定大妃はオクニョを信じました。文定大妃の許しを得てオクニョは体探人を辞めて典獄署の茶母に戻ることになりました。チ・チョンドクとチョンドンも釈放されました。典獄署に戻ったオクニョはユン・テウォンに会い礼をいいます。テウォンは典獄署にいるコン・ジェミョンの世話を頼みました。

ユン・ウォニョンは牢に入れられる

文定大妃はユン・ウォニョンの冠位を剥奪して典獄署に入れてしまいました。ユン・ウォニョンはコン・ジェミョンと同じ牢に入れられました。貧しい食事に不機嫌なユン・ウォニョン。コン・ジェミョンはユン・ウォニョンにお互い名乗ることにしました。コン・ジェミョンは本物のユン・ウォニョンだとは信じられずウソをついていると足蹴りにします。しかし面会に来たテウォンから本物のユン・ウォニョンだと聞いて驚きました。ひれ伏すコン・ジェミョンたちをみて大笑いするユン・ウォニョンでした。

チョン・ナンジョンの陰謀

チョン・ナンジョンは安国洞の奥様の毒殺を企んでいました。チョン・ナンジョンに仕えるミン・ドンジュとミョンソンが話しているのを見たオクニョは怪しいと思います。テウォンとともに安国洞に行きましたが、安国洞の奥様は血を吐いて倒れていました。オクニョは血の色を見て毒殺だと疑います。

朝、典獄署の囚人イ・ミョンウが首をつって死んでいました。しかしオクニョは他殺だと考えました。

オクニョ

Posted by Fumiya


PAGE TOP