オクニョ 第36話 あらすじとネタバレ

 

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第36話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

 

オクニョ 第36話 あらすじとネタバレ

昭格署の廃止で揺れる王室

 王命で昭格署が廃止されることになりました。ユン・ウォニョンは大尹派の陰謀だと考え、小尹派を集めて対策をはなしあおうとします。そこへ儒学生たちが昭格署の廃止を求めて王宮の前で座り込みをしているとの知らせが入りました。ユン・ウォニョンたちも昭格署廃止の撤回をもとめて座り込みを行いました。そこへ明宗が現れユン・ウォニョンたちを一括します。

オクニョは昭格署の長官に辞職を伝えました。しかし長官は辞職を許しません。一方、ユン・テウォンは外知部だっという男に会い、チ・チョンドクの裁きに協力してもらおうとしますが断られます。しかし再び訪ねて外知部の仕事を教えてくれるように頼み込みます。

チョンドクの裁きが2日後だと聞いたオクニョはチン・スミョンの検死に疑問を持ち、遺体置き場に忍び込みチン・スミョンの遺体を調べます。オクニョがみたところ、チン・スミョンは毒殺されたものだとわかりました。

文定大妃がチョ祭をしようと昭格署に向かっていると明宗が遮りました。チョ祭は中止し昭格署を廃止すると伝えます。

オクニョが外知部デビュー

チ・チョンドクの裁きが始まりました。チ・チョンドクに不利な証言が出てきます。そこにチ・チョンドクの代理になる外知部が現れました。オクニョでした。刑曹の長官はオクニョが外知部として代弁するのを許可します。チン・スミョンが毒殺だと訴えるオクニョ。長官は検死のやり直しを命じますが、遺体はすでに埋葬されていました。王の判断を仰いだあと、遺体を掘り起こして検死をすることになりました。

 

 

オクニョ

Posted by Fumiya


PAGE TOP