李氏朝鮮の国王

景宗は李氏朝鮮の第20代国王です。在位期間は4年と短く、粛宗と英祖という在位期間の長い王に挟まれたせいか、ドラマでもあまり目立つ存在ではありません。

早くに世子になりながら廃妃になった禧嬪張氏の息子ということで冷たい視線を ...

ドラマが分かる歴史の知識

韓国時代劇には「恵民署(ヘーミンソ)」などの医療機関が登場します。

李氏朝鮮王朝では、内医院(ネイウォン)、典医監(チョニガム)、恵民署(ヘーミンソ)、活人署(ファリンソ)などの医療機関があります。

活人署は臨 ...

ドラマが分かる歴史の知識

韓国時代劇「秘密の扉」には”貸本”が登場します。貸本業が大きな題材になってます。

ドラマの中では庶民がハングルで書かれた小説を読んでる様子が描かれます。

李氏朝鮮時代の貸本とはどんなものだったのか紹介します。

ドラマが分かる歴史の知識

韓国時代劇には色とりどりの服装を来た役人たちが出てきます。
服の色はどんな意味があるのでしょうか。

李氏朝鮮王朝の大臣や役人は官服を来ています。官服とは宮廷で働く時に着る制服のようなものです。

官服には ...

ドラマが分かる歴史の知識

司憲府(サホンブ)とは李氏朝鮮や高麗に存在した組織。

中央と地方の行政を監督する部署です。

地味な部署のように思われますが、意外と重要な組織です。

司憲府(サホンブ)とは歴史

似たような役目の組織はも ...

李氏朝鮮の重臣

韓国時代劇「秘密の扉」に登場する洪啓禧(ホン・ゲヒ)は実在の人物。

英祖の時代に役人になり、英祖に仕えた人物でした。老論派に所属し、当時老論派の中心人物だった金尙魯(キム・サンノ)とも親しかったと言われます。

...

李氏朝鮮の重臣

「イサン」「秘密の扉」に登場する蔡済恭(チェ・ジェゴン)は実在の人物。

思悼世子を助け、味方した数少ない人物です。思悼世子の死後は、世孫の師となり正祖即位後は正祖を支える重要な重臣となりました。

粛宗の時代に追 ...

李氏朝鮮の王子・王女

恵慶宮洪氏(ヘギョングンホン氏)は李氏朝鮮第22代国王 正祖イ・サンの母親です。

夫・思悼世子が朝廷内の争いで死においやられてしまいます。

ドラマや書籍では実家を優先して夫を見捨てた女性と語られることもあります ...

李氏朝鮮の重臣

朴文秀(パク・ムンス)は伝説的な暗行御史(アメンオサ)。いわゆる地方の悪徳役人を裁く隠密です。

実在の朴文秀(パク・ムンス)は党派を超えて国のために実用的な政策を実行しようとする優れた政治家でした。

韓国時代劇 ...

李氏朝鮮の重臣

韓国時代劇「イ・サン」にはパク・テス(朴大壽)が登場します。

幼いころのサンやソンヨンの友達でした。成人したパク・テスはやがてイ・サンを護衛する武官になります。

パク・テスは架空の人物です。でもモチーフになった ...

PAGE TOP