李氏朝鮮の妃・側室

昭媛文氏(ムン氏)は淑儀文氏ともよばれます。李氏朝鮮21代国王・英祖の側室。英祖の寵愛をうけた側室です。

思悼世子の死に関わっている人物だともいわれます。

事実、正祖は即位直後に文氏を処刑しました。

大陸の国々

韓国時代劇「奇皇后」でペガンの姪となっているバヤンフト皇后は実在の人物。

モンゴル帝国・順帝トゴン・テムルの正皇后です。

実際にはペガンの親戚ではありません。ドラマでは表の顔と裏の顔を使い分ける人物として描かれ ...

高麗

韓国時代劇「奇皇后」にはワン・ユという王様が登場します。

しかしワン・ユという王様は実在しません。ドラマの設定と同じ時期に高麗の王様だったのは忠恵王。歴史上は淫らな行いをして人々を困らせた酷い王様だと記録されています。

李氏朝鮮の王子・王女

韓国ドラマ「雲が描いた月明かり」に登場するミョンウン王女は実在の人物。

ドラマではポッチャリ系に描かれる人物ですが、実際の明温公主は病気がちな人だったようです。

史実の明温公主はどんな人物だったのか紹介します。 ...

李氏朝鮮の王子・王女

荘献世子(チャンホンセジャ)といいますが、思悼世子(サドセジャ)の方が有名です。ドラマではイ・ソンの本名で登場することもあります。

思悼世子(サドセジャ)は死後に英祖が哀れんで付けた呼び方。荘献世子(チャンホンセジャ)は正 ...

李氏朝鮮の妃・側室

韓国時代劇「イ・サン」のヒロイン ソン・ソンヨン(成松淵)には、モデルになった人がいます。正祖の側室・宜嬪成氏です。

宜嬪成氏は正祖に最も愛された女性でした。

正祖には何人もの側室がいましたが、ほとんど名家から ...

李氏朝鮮の重臣

李元翼(イ・ウォニク)は李氏朝鮮の重臣です。宣祖、光海君、仁祖に仕えました。

悪いと思ったことには王が相手でも反対し、南人派でありながら、良いと思ったことには党派を超えて協力する当時としては柔軟な考えの持ち主でした。

新羅

花郞(ファラン・かろう)は新羅の国にいた青年集団。

王族や貴族の子弟が集まり、国や一族に貢献するために修練をつみました。

韓国時代劇「花郞(ファラン)」ではイケメン集団の親衛隊と描かれています。現代的の学園ドラ ...

李氏朝鮮の重臣

李成桂の登場するドラマには必ずといっていいほど登場する李之蘭(イ・ジラン)。李成桂とは義兄弟の契を結んだ武将でした。

女真族出身で戦に強い武将です。李成桂とともに多くの戦を経験し、李成桂が「戦いで李之蘭より良い者はいない」 ...

高麗

李芳雨(イ・バンウ)は李氏朝鮮を建国した太祖・李成桂の長男。

高麗への忠誠心が厚かった李芳雨は、父・李成桂が高麗王を排除し王の座につくと、父親に反発しました。都を離れ、田舎で隠居生活をおくってしまいます。

史実 ...

PAGE TOP