李芳雨(イ・バンウ)李成桂の長男は朝鮮建国に反対した

2018年3月5日

李芳雨(イ・バンウ)は李氏朝鮮を建国した太祖・李成桂の長男。

高麗への忠誠心が厚かった李芳雨は、父・李成桂が高麗王を排除し王の座につくと、父親に反発しました。都を離れ、田舎で隠居生活をおくってしまいます。

史実の李芳雨はどんな人物だったのか紹介します。

李芳雨(イ・バンウ)の史実

いつの時代の人?

生年月日:1354年
没年月日:1394年 1月15日

名前:李芳雨(イ・バンウ、り・ほうう)
称号:鎮安大君
父:太祖・李成桂
母:神懿王后韓氏
妻:池淵の娘

子供
奉寧君
順寧君
敬惠翁主
翁主

彼が生きたのは高麗末期の時代です。

日本では室町時代になります。

おいたち

高麗の武将だった李成の長男として桂咸鏡道で生まれました。

科挙に合格して禮儀判書、密直副使を勤めました。

幼い頃から親孝行な息子だったといわれます。詩書を好み、倹約に勤めながら質素な生活をしていたといいます。

1388年 父・李成桂(イ・ソンゲ)が威化島回軍後に、王を追放して政権をとると父親に反発。

高麗への忠誠心の厚かった李芳雨は、高麗王を追放して新しい国を作ろうとする父や兄弟とは意見が合わなくなりました。

そしてついに妻子をつれて江原道に向かい隠遁生活をはじめました。

朝鮮建国後も、国にかかわろうとしません。

1392年(朝鮮太祖1年)。太祖は李芳雨に鎭安君の称号を送りました。しかし李芳雨は、王宮に戻ることなく黄海道に移動してひっそりと暮らしました。

新たに領地を与えられましたが、故郷の咸鏡道咸興で暮らしました。

1393年(朝鮮太祖2年)。病で死亡しました。享年39歳。よく酒を飲んでいたのでそのせいで病気になったと朝鮮王朝実録には書かれています。

父親が朝鮮を建国してわずか2年での死亡でした。

長男の李芳雨が朝鮮建国に反発し若くして亡くなったことから後継者争いが起こります。その後続く朝鮮の混乱のもとになったかもしれません。

李氏朝鮮は国王の長男が次の王になることは意外と少なく、不幸な目にあうことが多いです。その先駆けといえるかもしれません。

テレビドラマ

龍の涙 KBS 1996年 演:イム・ジョンハ
鄭道傳 KBS 2014年 演:カン・インギ
六龍が飛ぶ SBS 2015年 演:イ・スンヒョ

 


PAGE TOP