昭媛文氏(淑儀文氏)思悼世子の死に関わった英祖の側室

2018年8月28日

昭媛文氏(ソウォン・ムン氏)は淑儀文氏ともよばれます。李氏朝鮮21代国王・英祖の側室。英祖の寵愛をうけた側室です。

思悼世子の死に関わっている人物だともいわれます。

事実、思悼世子の息子・正祖は即位直後に文氏を処刑しました。正祖にとっては父の仇だったのです。

正祖は処刑するだけでなく文氏の位を奪いました。そのため、文女(ムンジョ)ともいわれます。

史実の文氏はどんな人物だったのか紹介します。

昭媛文氏(淑儀文氏)の史実

いつの時代の人?

生年月日:不明
没年月日:1776年

名前:
位:淑儀(スギ)・昭媛(ソウォン)
夫:英祖

彼は朝鮮王朝(李氏朝鮮)の21代英祖の側室。

日本では江戸時代の人になります。

おいたち

もともとは宮女だったといわれます。
一説には英祖の長男・孝章世子の妃・賢嬪趙氏に使える宮女だったといわれます。

1751年(英祖27年)に賢嬪趙氏が死亡しました。

英祖は息子の嫁たちには優しくしていました。賢嬪趙氏も可愛がっていたといいます。それだけに賢嬪趙氏の死に英祖はひどく落ち込んだといいます。

そんなとき英祖の目に止まったのが賢嬪趙氏に仕えていた文氏でした。文氏は英祖の寵愛を受けるようになりました。

王が息子の嫁に仕える宮女を自分の側室にするのは禁止されてはいません。でも道徳的にはあまり好まれません。

宮中の内外で変な噂がたつようになりました。噂好きな民衆は「文氏の母は尼だった」「文氏は外でも王子を産んでいる」などと噂しました。

イ・サンの母が書いた日記「闲中录」にも登場するくらいなので宮中の内外で噂になっていたのでしょう。

英祖と文氏の噂に敏感だったのは孫のイ・サンでした。この悪評が正祖が即位した時に真っ先に狙われう原因になったともいわれます。

1753年(英祖29年)。正四品昭媛になりました。英祖は承旨に文氏を正四品昭媛にする命令を出しまたが、承旨ユン・グワンウィがこの命令を実行しなかったため、他の承旨に命令をだしました。後日、ユン・グワンウィは処分されました。

1771年(英祖47年)。従二品淑儀になりました。

老論は重臣の金尙魯や、兄の文成局と結託して思悼世子を死亡させた張本人だとされています。英祖に思悼世子の悪口を吹き込んだのです。

他にも薬院の高麗人参を盗むなどの不正を行いました。

当時の人々は文氏の行いを知っていましたが、英祖だけが知らずに寵愛していました。

そのため誰も文氏を処罰できずにいたといいます。

廃位

1776年(正祖即位年)。思悼世子の息子イ・サンが即位。正祖になりました。真っ先に粛清の対象になったのが淑儀文氏でした。父を死に追いやった者は他にもいましたが、宮中の内外でささやかれるよくない噂も処分の理由になったのかもしれません。

5月。正祖は淑儀文氏の位を剥奪してを宮廷から追い出しました。文氏とともに活動していた兄・文成局は奴婢にされました。文氏の母は済州島に送られました。これ以後、文氏は文女と呼ばれるようになりました。

8月。正祖は文氏に死罪を命令。私邸で毒を飲み死亡しました。

多くの人々が文氏だけでなく文氏の娘・和寧翁主を処分するように訴えました。和寧翁主は歳は若いですが正祖にとっては伯母になります。正祖は血を分けた肉親の情を理由に和寧翁主は処分しませんでした。

もう一人の文氏の娘・和吉翁主は正祖が即位したときには既に他界していました。

1781年(正祖5年)。和寧翁主の夫・沈能建が文氏の生前の家を勝手に売って処分されたこともあります。

テレビドラマ

大王の道 1998年 MBC 演:ユン・ソナ
秘密の扉 2014年 SBS 演:イ・ソル


PAGE TOP