オクニョ 第2回 あらすじ

2017年4月8日

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第2話のあらすじです。

おもな見どころは。

オクニョはチョン・ナンジョンと出会います。

ユン・ウォニョンの冷酷さを思い知ることになります。

オクニョと深く関わることになるユン・テウォンとの出会い。

 

ですね。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

オクニョ あらすじとネタバレ

オクニョがユン・ウォニョンの運勢を占う

イ・ジハムから「だまされたと思って言うとおりに」とうながされれて、ユン・ウォニョンはオクニョに運勢を見てもらいます。

帝王になる想があると言われて気を良くしたユン・ウォニョンは、オクニョには類稀な才能があると褒めます。

その夜、オクニョは署長のデシクに典獄署暮らしを認められました。

 

ユン・ウォニョンの娘に間違えられるオクニョ

オクニョは4日後に処刑される予定の山賊の男から、宿の男に手紙を渡すように頼まれます。オクニョは言われたとおりに手紙を届けました。その直後、その宿に補盗庁が兵が押しかけ男は兵に切られました。

ユン・ウォニョンの屋敷に呼ばれたオクニョは、側女のチョン・ナンジョンの運勢も見てくれと頼まれます。オクニョは機転を利かしてウォニョンの成功はナンジョンのおかげだといいます。人を喜ばせる術をもった賢い娘だと感心するウォニョン。オクニョは褒美にもらった絹の服を着て帰途につきました。

ところが、オクニョはウォニョンの娘だと勘違いした山賊に捕まってしまいます。山賊の頭領を釈放しなければ娘を殺すとウォニョンを脅迫する山賊。しかしウォニョンは逆に予定よりも早く山賊の頭領を処刑しました。復讐を決めた山賊に殺されそうになるオクニョ、そこへ官軍が突入してオクニョは助かりました。

チョン・ナンジョンはオクニョに「テウォンのお陰で助かったのだ」と言いました。しかし、ウォニョンは自分を娘の身代わりにして見捨てようとした冷酷な人だと思いひとり涙するのでした。

オクニョとユン・テウォンの出会い

チ・チョンドクは囚人のカン・マンボに金をかりましたがその代わりに出獄するように脅されて暴力を振るわれていました。それを知ったオクニョはイ・ジハムに相談します。ジハムはオクニョに「借刀殺人」という策を授けます。

「借刀殺人」とは他人の力を利用して人を殺すという意味です。朝鮮王朝の派閥争いではよく使われた方法でした。現在の韓国でも「裏工作」という意味で使われることがあります。

ある日、ユン・テウォンが入獄してきました。テウォンは「金を出せば頼みを聞いてくれるそうだな」とオクニョに訪ねてきました。オクニョはオクニョの頼み事を聞く代わりにテウォンの頼みを聞き、テウォンをカン・マンボのいる牢獄に移しました。

翌日、何事もなかったかのように出獄するテウォン。テウォンはカン・マンボを始末するために来ていたのでした。

つづきはこちら。
オクニョ 第3回 あらすじ

 

オクニョ

Posted by Fumiya


PAGE TOP