チョン・マッケはチョン・ナンジョンの実の兄

2017年7月8日

オクニョに登場する、チョン・マッケ(鄭莫介)。いつもユン・ウョニョンに付き従う忠実な執事です。ドラマの設定ではチョン・ナンジョンの実の兄なんですね。

チョン・ナンジョンは朝鮮史でも有名な人物ですね、彼女には本当に兄がいたんでしょうか。

 

 

チョン・マッケ(鄭莫介)とは

チョン・ナンジョンの実の兄ですが、妹とは違い野心は持たず穏やかな性格です。妹・ナンジョンがユン・ウォニョンの妻になった縁でユン・ウォニョンの執事を任されています。ユン・ウォニョンの義兄にあたり、彼からも信頼されているらしくウョニョンが外出するときは常に付き従っています。

欲深いナンジョンを咎める時もありますが、気の強いナンジョンが言うことを聞くはずがありません。

ドラマではわかりづらいかもしれませんが妻はミン・ドンジュ。チョン・ナンジョンに仕え商団を任されています。夫婦揃ってユン夫妻に仕えているわけです。

ちょん・マッケは終盤までユン・ウォニョンに従います。文定大妃が亡くなりユン・ウォニョンが失脚して逃走すると、妻のミン・ドンジュとともにユン・ウォニョンの隠れ場所を白状してしまいます。

チョン・マッケは実在するの?

妹のチョン・ナンジョン(鄭蘭貞)は実在の人物ですが、チョン・マッケは実在しません。

チョン・ナンジョンの父・鄭允謙(チョン・ユンギョム)は中宗のクーデターにも参加しています。燕山君を中宗を王にした家臣の1人なんですね。漢城府の武官を務めました。

チョン・ナンジョンの母・南氏はかつては賤民ではありませんでしたが謀反の疑いをかけられ、奴婢に落とされます。チョン・ユンギョムの家の奴婢になった南氏はやがてユンギョムとの間に2男3女をもうけました。その末っ子がチョン・ナンジョンです。

チョン・マッケは架空の人物ですが、立場的には二人の兄のうちのどちらかがモデルといえるかもしれませんね。

チョン・ナンジョンの兄の実話

チョン・ナンジョンには同腹の二人の兄がいました。二番目の兄は欲がうすく、チョン・ナンジョンの行いを快く思ってませんでした。妹の行いはいつかは裏目に出ると考えていました。

そこで、兄はできるだけナンジョンとはかかわらないようにしていたといいます。家の周りに曲がりくねった塀を作りやっと人が通れる程度の通路を作ったといいます。ナンジョンは外出するときは輿に乗っていたので狭い通路は通れなかったのです。おかげでチョン・ナンジョンとの関わりもなく、チョン・ナンジョンが処罰されたあとも無事でした。

欲深いチョン・ナンジョンとは正反対の性格です。ドラマのチョン・マッケにつながるものがありますね。

 

演じるのはおなじみメン・サンフン

チョン・マッケを演じるのはメン・サンフン。数々のドラマに出演するベテラン俳優です。イ・ビョンフン監督のドラマではおなじみですね。

イ・ビョンフン作品で過去に演じた役。

ホジュン・宮廷医官への道
キム・マンギョン。恵民署(ヘミンソ)の医員

商堂(サンド)
ファン・デホ。松商の大行首。

宮廷女官チャングムの誓い
チョン・ウンベク(鄭雲白)、菜園の主として登場し、後に内医院の医官となる人物。チャングムのみかたとなる人物。

ソドンヨ
ワング。百済27代国王・威徳王の側近。

イ・サン
ナム・サチョ(南四超)。内侍府の内官。世孫に付き従う内官。イ・サンの即位後は内侍長になります。

トンイ
キム・グソン。号は雲鶴(ウナク)。延礽君(ヨニングン)の学問の師匠。

馬医
オ・ジャンバク(呉壮博)。流刑先の島で幼いペク・クアンヒョンに字を教えました。島を脱出後は武橋湯飯の料理人になります。


PAGE TOP