淑嬪崔氏(スクピンチェ氏)・トンイのモデルの史実

2017年9月24日

トンイの淑嬪崔氏(楽天より)

淑嬪崔氏(スクピンチェ氏)は、李氏朝鮮19代王・粛宗の側室。21代王・英祖の母です。

淑嬪崔氏をヒロインにしたドラマが「トンイ」です。淑嬪崔氏の名前は伝わっていません。トンイは番組のために作られた架空の名前です。ドラマでは活発で正義感の強い女性でした。「チャンオクチョン・愛に生きる」では、正反対の陰謀をたくらむような女性でした。「張禧嬪」では心配症な気弱な女性として描かれています。どうしてこんなに違うイメージになってしまうのでしょうか?

淑嬪崔氏は資料が少なく謎の多い女性なのです。決まったイメージがないだけに人によって解釈が違うのですね。

限られた資料の中から史実の淑嬪崔氏はどんな人物だったのか紹介します。

淑嬪崔氏(スクピンチェシ)の史実

いつの時代の人?

生年月日:1670年
没年月日:1718年

名前:姓は崔(チェ)・名は不明
称号:和敬淑嬪
父:崔孝元(チェ・ヒョウォン)
母:ホン氏
夫:粛宗(19代王)

子供
長男・永壽、早世
次男・英祖
三男・早世

彼女が生きたのは朝鮮王朝(李氏朝鮮)の19代王・粛宗の時代です。

日本では江戸時代になります。

おいたち

淑嬪崔氏が宮中に入るまでのいきさつはよく分かっていません。様々な説があります。

1670年。生まれたといわれます。
井邑県で生まれ育ち、父は下級役人の崔孝元(チェ・ヒョウォン)だといいます。英祖の時代に「領議政」の位を贈られました。

幼いころ両親を失い孤児になったといわれます。仁顕王后の父・閔維重が赴任先に向かう途中、ボロボロの服を来た女の子をみつけました。閔維重の妻・ソン氏が女の子を気の毒に思って引き取って育てました。その子が淑嬪崔氏だったといわれます。仁顕王后が王妃に選ばれて宮中に入ったとき、同行させたともいいます。

全羅南道 潭陽郡生まれだったという説もあります。
母方の祖父・洪繼南は漢城(ソウル)出身だいわれます。

いずれにしろ、はっきりとしたことは分かっていません。

宮中に入る

7歳で宮廷に入りました。7歳というと幼いように思えますが、宮女が入宮する平均的な年齢だったそうです。

よく紹介される説に、淑嬪崔氏はムスリ(雑用をする下女)だったといわれます。でもこれは異説の一つに過ぎません。

有力な説は針房(チムバン)の宮女だったといわれます。英祖が母から「刺し子(布と布の間に綿を入れて刺繍する技法)は一番難しかった、針が残ることもあった」という話を聞いたと記されています。そのため英祖は刺し子は着なかったといいます。

針房というのは王族の服を仕立てる部署。そこに入るのは女官の中でも選ばれた者です。身分の低い者だったら入るのは難しかったでしょう。仁顕王后の家に仕える下女であれば入れてもらえたかもしれませんね。

ムスリ?女官?

1689年(粛宗15年)。仁顕王后閔氏が廃位されて禧嬪張氏が王妃になりました。
詳しい時期は分かりませんが少なくとも1692年(粛宗18年)以降。粛宗の寵愛を受けて承恩尚宮(スンウンサングン、正五品)になりました。
1693年4月(粛宗19年)。淑媛(スグォン、従四品)になりました。長男・永壽(ヨンス)を出産しますが、2ヶ月後に死亡しました。
1694年6月(粛宗20年)。淑儀(スグィ、従二品)になりました。
1694年9月(粛宗20年)。次男・昑(クム・後の英祖)が生まれます。
この年、仁顕王后閔氏が王妃に復位しました。

このとき、南人派が大量に追放され南人派勢力が壊滅しました。
禧嬪張氏の兄・張希載(チャン・ヒジェ)が自分が毒殺しようとしているのを聞いた。と粛宗に訴えました。それを聞いた粛宗は張希載を捕らえました。

1695年6月(粛宗21年)。貴人(クィイン、従一品)になりました。
1698年7月(粛宗24年)。三男を出産しますが、産まれて3日で死亡しました。
1699年6月(粛宗25年)。淑嬪(スクピン)になりました。

粛宗は王族の身分を回復することに熱心でした。1698年に6代王・端宗を復位させました。端宗は首陽大君に廃位されたあと身分を剥奪されて庶人にされていました。粛宗の時代に再び王として認められたのです。端宗の名を与えたのは粛宗でした。それを記念して貴人だった崔氏が淑嬪に昇格しました。

スポンサードリンク

淑嬪崔氏は本当に宮殿の外で暮らしたの?

ドラマ「トンイ」ではトンイは宮殿を追われて町で暮らします。また、晩年には宮殿を出て行くことになりました。側室が身分はそのままなのに王宮の外で暮らすことはあったのでしょうか?

1701~1704年ごろから当時の王宮だった昌徳宮(チャンドックン)を離れて梨峴宮(イヒョングン)に移り住んだという説があります。つまり、3人目の王妃が来た後、宮中を追い出されたというのです。

でも、この説は正しくないといわれます。粛宗の時代、側室に王宮の外に土地や屋敷などを与えることはよくありました。重臣の李喜茂(イ・ヒム)から「側室の別宅をこれ以上作らないように」と意見がでるほどでした。

梨峴宮はもともとは綾原大君(仁祖の弟)の屋敷でしたが、崔氏が淑儀の時に与えられたものでした。そのため梨峴宮は淑嬪の屋敷ということで淑嬪房(スクビンバン)とよばれました。

淑嬪崔氏は王宮の外で暮らしたのではなく、自分の領地を持っていただけだったようです。梨峴宮は後に延礽君の所有になりました。

1711年(粛宗37年)。粛宗の命令で息子・延礽君の屋敷で暮らすようになりました。

1716年(粛宗42年)。このころから病気がちになりました。しかし、王様と王妃が心配しているのを心苦しく思って、体調が良くなると王宮を訪れることがあったようです。

1718年3月(粛宗44年)。延礽君の屋敷で亡くなりました。享年49。

王妃を呪った罪で禧嬪を訴える

仁顕王后の死後、淑嬪崔氏は粛宗に禧嬪張氏が呪いをかけていたと訴えました。仁顕王后は闘病生活の末、亡くなったのですがその病気が呪いによるものだと訴えたのです。

当然、禧嬪張氏が呪ったと認めるはずがありません。世子の病気の回復を願って祈祷をしていたと主張しました。しかし淑嬪崔氏は粛宗に対して仁顕王后を呪っていたのだといいました。粛宗は淑嬪崔氏の主張を信じました。淑嬪崔氏の訴えが淑嬪崔氏に死を与える原因の一つではないかともいわれています。

この出来事については仁顕王后の死後、再び禧嬪張氏を王妃にしようという動きがあり、それを阻止するために老論派(西人派)が仕組んだのはないかという説もあります。

これを理由に淑嬪崔氏は陰謀を巡らす女だと言われることがあります。その説についてはこちらで説明します。

トンイのモデル 淑嬪崔氏 は 張禧嬪 以上の悪女だったの?

淑嬪崔氏と親しかった人々

もともと身分の低い淑嬪崔氏は宮廷では知り合いがいません。仁顕王后に使える宮人だったとという説もあります。だからでしょうか淑嬪崔氏は仁顕王后と親しくしていたようです。仁顕王后は老論派(西人派)でした。もともと後ろ盾のない淑嬪崔氏にとって老論派からのさそいを断る理由はなかったでしょう。淑嬪崔氏も老論派の一員として禧嬪張氏との対立に巻き込まれます。

また、仁顕王后の死後、王妃になった仁元王后とも親しくしていました。

淑嬪崔氏は寧嬪金氏(仁顕王后存命中は貴人)とも親しかったといいます。寧嬪金氏も同じ老論派でした。

そのため同じ老論派の者同士、淑嬪崔氏、仁顕王后、寧嬪(貴人)金氏は親しくなったようです。淑嬪崔氏の産んだ延礽君は老論派の希望になったのです。 

淑嬪崔氏の死後、寧嬪金氏は息子の延礽君の親のような存在だったといいます。

また、仁元王后は延礽君を養子に迎えて少論派から守りました。仁元王后はもともとは少論派だったのに老論派に乗り換えてまで延礽君を守りました。子のない仁元王后にとって延礽君は自分の子のような存在になったようです。

まとめ

記録に残る淑嬪崔氏の姿は王や王妃に気を使い他の側室たちにも気を使い穏やかに振る舞う女性でした。生まれの身分が低かったこともあり周囲の目を気にしていたのでしょう。

「トンイ」の正義感が強く活発な姿や「チャン・オクチョン・愛に生きる」の何か企んでいそうな姿はドラマ的に脚色されたもののようです。王や王妃に好かれるだけでなく、同じ派閥の側室・金氏ともうまくつきあっていたようです。派閥争いで命を落とすこともある王宮です。したたかに生きる人付き合いの上手さだったのかもしれません。

テレビドラマ

朝鮮王朝五百年 仁顕王后 1988年 MBC 演:キョン・ミリ
妖婦 張禧嬪 1995年 SBS 演:ナム・ジュヒ
大王の道 1998年 MBC 演:キム・ヨンエ
張禧嬪-チャン・ヒビン 2003年 KBS 演:パク・イェジン
トンイ 2010年 MBC 演:ハン・ヒョジュ
チャン・オクチョン-愛に生きる 2013年、SBS 演:ハン・スンヨン
テバク〜運命の瞬間(とき)〜 2016年 SBS 演:ユン・ジンソ


PAGE TOP