純祖(スンジョ)民衆が疲弊する暗黒時代の始まり

2018年3月18日

純祖(スンジョ)は李氏朝鮮の23代国王。イ・サンの最後の方で世子として登場し、雲が描いた月明かりでは王様として登場する純祖。

王としての力はなく、外威(王妃や大妃の親兄弟・親戚)が権力を独占する世の中になりました。一部の権力者が政治を独占し、役人たちは蓄財のため民衆を苦しめます。純祖以前にも人々の生活は苦しかった部分はあるのですが、ますます酷くなっていった時代なのです。

朝鮮の終わりまで長く続く暗黒時代の始まりでした。

史実の純祖はどんな人物だったのか紹介します。

 

純祖(スンジョ)の史実

いつの時代の人?

生年月日:1790年7月29日
没年月日:1834年12月13日
在位:1800~1834年

名前:李玜(イ・カン)
称号:純祖(スンジョ、じゅんそ)
父:正祖
母:綏嬪朴氏
正室:純元王后
側室:淑儀 朴氏

子供
孝明世子(母:純元王后)
明温公主
福温公主
男子:早世
徳温公主
永温翁主(母:淑儀 朴氏)

彼は朝鮮王朝(李氏朝鮮)の23代国王です。

日本では江戸時代11代将軍・徳川家斉とほぼ同時代になります。

おいたち

1970年。正祖の次男として生まれました。
長男の文孝世子が病気で亡くなった後、1800年1月に世子になりました。

その年の6月に正祖がなくなり、世子になってわずか5ヶ月で即位しました。

数え歳で11歳の王が政治を出来るはずがありません。英祖の継室・貞純大妃が摂政になりました。

貞純大妃は老論僻派出身で、老論時派、南人派を重用した正祖とは対立していました。

実家の慶州金氏から親族を呼び寄せ役職につけました。慶州金一族は老論僻派と協力。カトリックの取締と称して南人派を弾圧しました。この弾圧で南人派は壊滅します。老論時派も打撃を受けました。この弾圧を辛酉教獄といいます。

正祖の育てた人材は失われ、正祖が行っていた改革は中断しました。

金祖純の生き残り

金祖純は老論時派に近い立場でしたが、立場をあいまいにしていたため生き残りました。正祖の時代に娘が世子嬪として内定していました。朝鮮の規則では一度、世子嬪に内定したら世子以外の人と結婚できません。世子と結婚できなかったら一生独身なのです。

金祖純は気の毒な娘の立場を泣いて訴えました。老論僻派は反対しましたが貞純大妃も正祖の決めたことを覆すわけにもいかず、金祖純の娘は純祖の即位後に王妃になりました。

1804年。純祖は15歳になりました。まだ親政(王が自分で政治を行うこと)が出来る年齢ではありません。ところが凶作や都で大火が続き世の中は混乱していました。

その最中に貞純大妃は世の中が乱れるのは自らの不徳だとして摂政を止めてしまいます。

安東金氏の独裁

代わりに実権を握ったのは金祖純ら安東金氏です。王の義理の父としての立場を利用して次々と親族を呼び寄せました。慶州金氏が衰退し、安東金氏が要職を独占。勢道政治の始まりです。勢道政治とは王以外の一族が権力を独占して政治を行うことです。

安東金氏だけが権力を持ち、対抗できる勢力がいなくなりました。かつて重臣たちが派閥を作り対立していた時代とは違い、一部の勢力が独裁する時代になったのです。

権力を乱用して蓄財することが日常的になりました。朝廷は収入を得るために役職を金で売りました。役職を金で買ったものは民衆から搾取することで使った金を取り戻そうとしました。

人々の生活はますます困窮しました。農民は田畑を棄てて流人となりました。国外に逃げるものや盗賊になるものが相次ぎました。

相次ぐ反乱

1811年。平安道の没落両班の洪景来が反乱を起こしました。1000人ではじめた反乱は各地で勝利を重ね数千の兵力になりました。最終的には純祖の送った軍に鎮圧されました。3000人あまりが生け捕りにされ、女子供を除く2000人が処刑されたといいます。

その後も似たような反乱は度々起こりました。

代理清浄の挫折

安東金氏らが権力を乱用するなか、純祖は無力でした。しかし、なんとか変えようと試みはしました。

世子嬪に豊壤趙氏から娘を迎え、豊壤趙氏を安東金氏の対抗勢力にしようとしたのです。

1827年。純祖は病気を理由に孝明世子に政治を任せました。人事など重要な案件は純祖が担当しましたが内政の多くを孝明世子に任せました。豊壤趙氏は安東金氏を弾劾し次々と役職から外していきました。豊壤趙氏は孝明世子のもとで安東金氏の対抗勢力となりつつありました。

ところが孝明世子が病に倒れ1830年になくなります。22歳でした。

孝明世子の子・烉(後の憲宗)を世孫に指名。世孫の保護を趙萬永、寅永に頼みました。

1834年。孝明世子が死亡して4年後、純祖は病気に倒れ死亡します。享年45歳。死因は梅毒だったといわれます。

後ろ盾を失った豊壤趙氏は力を失い、安東金氏が力を取り戻しました。

こうして一部の者だけが富を独占し、人々が困窮する社会が続いていくのです。

テレビドラマ

1990年 MBC 朝鮮王朝500年-大院君 演:ヤン・テクジョ
2001年 MBC 商道 演:チョン・ソニル
2007年 MBC イサン 演:イ・ジミン
2016年 KBS 雲が描いた月明かり 演:キム・スンス

 


PAGE TOP