李氏朝鮮の重臣

任士洪(イム・サホン)は成宗や燕山君に仕えた重臣。
とくに燕山君にうまく取り入って権力を手にした人物として描かれることが多いです。

ドラマでは悪役のような任士洪(イム・サホン)ですが、彼自身も士林との対立や燕山君の ...

李氏朝鮮の重臣

朴元宗(パク・ウォンジョン)は成宗~中宗時代の武官であり重臣です。
朴元宗を有名にしたのはクーデターを起こして燕山君を失脚させたことでしょう。

成宗の側近として仕えながら、燕山君とはうまくいかずに失脚させられました ...

李氏朝鮮の妃・側室

張緑水(チャン・ノクス)は10代国王・燕山君の側室。

朝鮮三大悪女のひとりです。

奴婢の身分から王の側室になり。王室の財産を私物化したりやりたい放題でした。そのせいで民衆や役人たちから恨まれてしまいます。

李氏朝鮮の重臣

韓致義(ハン・チヒョン)は仁粋大妃の従兄弟。世祖時代に役人になり、兵曹判書にまで出世しました。

王の母方の親族なので、いわゆる外戚になります。

史実の韓致義(ハン・チヒョン)どんな人物だったのか紹介します。

李氏朝鮮の妃・側室

廃妃尹氏(ペビ・ユン氏)は李氏朝鮮史上初めて廃妃になった王妃です。嫉妬深い女性と伝わっています。成宗が女好きだったこともあり、嫉妬はたえなかったのでしょうが。王妃は嫉妬を見せてはいけませんでした。尹氏は廃妃になり、毒薬を飲むことになり ...

李氏朝鮮の国王

睿宗(イェジョン)は李氏朝鮮大8代国王。世祖・首陽大君の次男です。在位期間が2年足らずと短い王でした。その間にはナム・イの反乱事件なども起きています。

睿宗が若くして亡くなったせいで、後の仁粋大妃が力を持つ原因になります。 ...

李氏朝鮮の重臣

韓 明澮(ハン・ミョンフェ)は首陽大君(世祖)の策士となり、王にした人物だと描かれる事が多い人物です。

首陽大君の後も歴代の王に仕え、時には王の決定に大きな力を持ちました。容赦ない方法で政敵を排除する一方で、世祖やその後継 ...

李氏朝鮮の王子・王女

漢南君(ハンナングン)と永豊君(ヨンプングン)は世宗と恵嬪楊氏の間に産まれた王子。

母・恵嬪楊氏とともに首陽大君(世祖)と対立して流罪になりました。

恵嬪楊氏は端宗の育て親です。端宗の地位を回復しようとしました ...

李氏朝鮮の王子・王女

錦城大君(クムソンテグン)は世祖に逆らって処刑された王族です。世祖(首陽大君)の弟でありながら、甥の端宗を守って世祖に対抗しようとしました。しかし世祖によって処刑されます。

史実の錦城大君はどんな人物だったのか紹介します。 ...

李氏朝鮮の国王

端宗(タンジョン)は李氏朝鮮 第6代の国王です。

12歳で王になり、17歳でこの世を去った悲劇の王様です。

首陽大君に王座を奪われ、王族としての身分を取り上げられたうえに最後は謀反人として処刑されました。

PAGE TOP