義禁府・補盗庁・漢城府は何が違う?韓国時代劇の役所を紹介

2017年7月17日

韓国時代劇を見てると、義禁府・補盗庁・漢城府といった役所が出てきます。日本人にはなじみのない名前ですよね。いったいどんな仕事をしているのでしょうか?そこで調べてみました。

これらの役所はいずれも宮殿の外にあります。

 

漢城府(ハンソンブ)・首都を管理する都庁の役割

李氏朝鮮時代の都は漢城(ハンソン・現在のソウル)。当時は漢陽(ハニャン)とも呼びました。初代国王・李成桂(イ・ソンゲ)が漢陽を朝鮮の都に決めて城塞都市にしました。漢城は李氏朝鮮の初期の時代・15世紀ごろには人口10万人程度の街でした。

ちなみに15世紀の日本では京の都が約15万人といわれますから、漢城も大きな街だったようです。

漢城を治める役所が漢城府です。都の行政・治安・土木を担当してました。現在の日本に例えると東京都庁のようなものです。

地方自治体のような役割ですが、首都を管理する重要な役所なので国の役所としての役割もありました。刑曹・司憲府とともに三法司といわれます。

おもな役職

官職名 品階 定員
判尹(パニュン) 正ニ品 1人
左尹(チャユン)
右尹(ウユン)
従二品
従二品
1人
1人
庶尹(ソユン) 従四品 1人 
判官(パンガン) 従五品 2人

 

ドラマでは

トンイ

粛宗
最初にトンイに出会ったときは漢城府の判官(パンガン)だと名乗っていました。あんまり高い役職ではないので町中にいても不思議ではないようです。

オ・テソク
ドラマ冒頭では漢城府左尹。オクチョンが側室になった時期に議政府左議政になります。

チャン・ムヨル
ドラマ登場時は漢城府庶尹。のちに兵曹参判になります。

王女の男

シン・ミョン
漢城府判官。

 

スポンサードリンク

 

義禁府(ウィグムブ)・国を揺るがす重大犯罪の取り締まり

重大な犯罪、朝廷に歯向かう重罪人を取り調べる部署。謀反や王家・国に対する重罪人は義禁府に移されて取り調べが行われます。

高麗時代末期から存在した役所です。高麗時代は軍隊の役割も兼ねて反乱鎮圧も担当していました。朝鮮王朝になると軍としての機能は縮小され、犯罪を取り調べる部署になります。

時代がたつと警察的な役割よりも裁判署の役割が大きくなりました。

重要な役所なので宮殿の南東に隣接していました。

主な取締の対象は5つあります。

・王を脅かす犯罪。
 王の権力を守るのが義禁府の大事な役割です。謀反はもちろん、謀反を計画した者、王を貶めるような流言を流した者、王に逆らった者も取り締まりの対象になりました。

・儒教の教えを乱した者。
 李氏朝鮮は儒教の理屈で成り立っている国です。儒教に反する行為=国を乱す行為になりました。

・王の命令があった場合。
 国王の命令で尋問(拷問)を行います。ドラマでよくある宮廷内で行ってる拷問の場面です。

・対外的な犯罪の取り調べ。
 外国の高官が犯罪を犯した場合は義禁府が対応します。

・両班官僚の犯罪。
 両班の官僚が犯罪を犯した場合は、補盗庁ではなく義禁府が担当します。

おもな役職

官職名 品階 定員
判事 従一品 1人
知事 正二品 1人
同知事 従二品 2人
 経歴 従四品  都事とあわせて10人
 都事 従五品  経歴とあわせて10人 

判事~同知事は他の役職と兼務になってます。
時期によって組織は多少変わってるようです。

現代の日本には直接該当する組織はありませんが、あえていえば重大犯罪を取り扱う検察庁と最高裁判所、公安警察(テロや反社会的な組織を取り締まる警察の部署)にCIAなど諜報機関を足したような役割です。

ドラマでは

トンイ

チャ・チョンス
流刑先から復帰したとき(トンイがクムとともに宮中に復帰後)は義禁府都事になりました。

オ・ユン
義禁府経歴、義禁府同知事でした。

補盗庁(ポドチョン)・犯罪の取締り

補庁(ポチョン)ともいいます。罪人を捕まえて尋問。窃盗などの犯罪や放火を取り締まるため町を巡回します。

左補盗庁と右補盗庁があり、都を二つの地域にわけて、東部・北部が左補盗庁、西武・南部が右補盗庁の担当でした。

7代・世祖の作った経国大典には載ってない組織なので、15~16世紀ごろ(9代成宗~11代中宗の時代?)に出来た部署だといわれています。

現代の日本で例えると警察庁になります。

おもな役職

官職名 品階 定員
大将(テジャン) 従二品 1人
従事官(チョンサグァン) 従六品 3人
部将(ブジャン)
無料部将(ムリョブジャン)
加設部将(カソルブジャン)
従六品
品階なし
品階なし
4人
26人
12人

 
 大将は補盗庁の最高責任者。補盗大将ともいいます。 
 従事官は大将を補佐する人。補盗従事官ともいいます。尋問を担当します。 
 部将~加設部将は兵を率いて捜査・捕物・巡回を行う人。現場のリーダー各。

 

ドラマでは

トンイ

ソ・ヨンギ
ドラマ前半では左補盗従事官。チャン・ヒジェがドラマ前半では右補盗従事官、後に右補盗大将に出世します。

チャ・チョンス
最初に武官になったときは右補盗庁の武官(無料部将か加設部将?)でした。

オクニョ

ソン・ジホン
補盗庁従事官。

 


PAGE TOP