4 大陸の国々

スポンサーリンク
4.3 南北朝

景穆恭皇后 閭氏 は 皇太后争いで犠牲になった拓跋濬の生母

恭皇后 閭(りょ)氏 は北魏の皇帝・文成帝の生母。 ドラマ「王女未央」では拓跋濬の母親・太子妃のモデルになった人物です。 夫の 拓跋晃(たくばつ こう)が景穆皇帝と呼ばれるため、閭氏は景穆恭皇后と呼ばれることもあります。 史実の景穆恭...
4.3 南北朝

拓跋晃(景穆太子)拓跋濬(文成帝)の父は期待された皇太子だった

拓跋晃(たくばつ こう)は 太武帝(たいぶてい)の長男、北魏の皇太子でした。 拓跋濬(文成帝)の父親になります。 本来なら拓跋晃が次の皇帝になるはずでしたが若くして死亡してしまいます。 歴史上の拓跋晃(たくばつ こう)について紹介しま...
4.3 南北朝

太武帝 華北を統一した武闘派皇帝のあっけない最期

太武帝(たいぶてい)は北魏の第3代皇帝。 本名は 拓跋燾(たくばつ とう)。 北魏は十六国時代に鮮卑系の拓跋氏が作った国。三国時代の曹氏が作った魏(曹魏、前魏ともいいます)ではありません。 太武帝は積極的に遠征を行い、北魏の領土は倍に...
スポンサーリンク
4.7 清・金

乾隆帝の妃嬪たち

乾隆帝は清王朝の最盛期を作り上げた皇帝。乾隆帝の時代は新王朝でももっとも華やかな時代でした。乾隆帝は側室も多く様々なエピソードがあるためドラマにもなりやすいです。 日本でも「如懿傳」や「瓔珞」など乾隆帝の時代を舞台にした中国ドラマが放送さ...
4.7 清・金

乾隆帝 清の最盛期を満喫した最も幸福な皇帝

乾隆帝けんりゅうていは清朝の第6代皇帝 康煕帝・雍正帝・乾隆帝と続く清の最盛期の最後に出現した皇帝。清が最も豊かで栄えていた時代に皇帝だった人物です。 この時代、清はそれまでの中華王朝と満洲族、モンゴル人の領土に加え、チベット、ウイグル...
4.7 清・金

清王朝を作った満洲人(女直・女真人)とは?

清王朝を舞台にしたTVドラマが多く放送されるようになりました。 清王朝は中国王朝とはいっても漢や明王朝など漢人の作った国とは違います。言葉や名前、習慣など、私達日本人が思っている中国王朝のイメージとは違う部分があります。その一方で現代人が...
4.7 清・金

穎貴妃 モンゴル出身の妃は第17皇子永璘の養母

穎貴妃(えいきひ)は清朝の第代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室です。 「瓔珞<エイラク>」では 穎妃・巴林氏 「如懿傳」では巴林·湄若 穎貴妃・巴林·湄若として登場します。 穎貴妃は乾隆帝の側室の中では若いほうです。穎貴妃は名家の出...
4.7 清・金

婉貴妃|健康に生きて92歳。乾隆帝の後宮で最も長く生きた側室だった

婉貴妃は清朝の第代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 婉貴太妃ともいいます。 「瓔珞<エイラク>」では婉嬪・陳氏 「如懿傳」では婉妃・陳婉茵として登場します。 ドラマではあまり目立つところのない婉貴妃ですが、92歳まで生きて乾隆帝...
4.7 清・金

順貴人・鈕祜祿氏 妃から謎の降格

順貴人・鈕祜祿氏は清朝の第代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 「瓔珞<エイラク>」では順嬪・鈕祜祿·沈璧(ちんへき)として登場します。 皇太后と同じ名門・鈕祜祿氏の出身。一時は順妃まで地位が上がりました。ところ、その後なぜか順嬪に格下...
4.7 清・金

慶恭皇貴妃 陸氏|令妃の息子・嘉慶帝を育て「生母と同じ」と言われた妃

慶恭皇貴妃 陸氏 は清朝の第6代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 一般には慶妃、慶貴妃として知られます。 「瓔珞<エイラク>」では慶妃・陸晩晩  「如懿傳」では陸沐萍 として登場します。 普通、皇貴妃は皇后の代理を務めるものが任...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました