1.8.1 清の皇帝・男の皇族

1.8.1 清の皇帝・男の皇族

康熙帝の皇子たちの後継者争い「九王奪嫡」

清王朝の康煕帝時代は、清が大きく発展した時代です。 康煕帝は歴代中国皇帝の中でも特に優れた皇帝といわれました。ところがその康煕帝にも大きな悩みがありました。後継者問題です。 康煕帝には30人以上の息子がいました。その中で成人したのは24...
1.8.1 清の皇帝・男の皇族

第三皇子 胤祉・康煕帝に可愛がられ学問好きな皇子はなぜ雍正帝に排除された?

愛新覚羅 胤祉は清朝の皇子。 第4代皇帝康煕帝の第三皇子です。 康煕帝の時代に学問好きで書籍の編纂などで活躍した皇子です。あまり野心がなく皇帝になろうとしませんでした。 ところが雍正帝の時代に幽閉され命を失ってしまいます。 史実の胤...
1.8.1 清の皇帝・男の皇族

乾隆帝の皇子たち17人の紹介

清朝の第6代皇帝・乾隆帝には17人の息子と10人の娘がいました。 乾隆帝の息子17人をすべて紹介します。 「如懿伝」「瓔珞」などのドラマでも皇子たちは登場します。 「瓔珞」は主要な皇子だけ登場して半分以上の皇子が出番がありません。「如...
スポンサーリンク
1.8.1 清の皇帝・男の皇族

十四皇子 胤禵 雍正帝の同母弟は仲が悪かった

愛新覚羅・胤禵は清朝の第4代皇帝・康熙帝の第十四皇子。十四阿哥とも書きます。 他の皇子とともに第八皇子胤禩を次の皇太子に指示していました。胤禩が康煕帝の信頼を失ったあとは、周囲から後継者候補と考えられるようになります。 雍正帝の同母弟で...
1.8 清・金

第八皇子 胤禩 は皇太子の座を狙っていた

愛新覚羅・胤禩は清朝の第4代皇帝・康熙帝の第8皇子。八阿哥とも書きます。 当時の朝廷内でも有力な皇位後継者と考えられ「八賢王」と呼ばれていました。胤禩を支持する派閥ができていたほどでした。 しかし皇帝になることはできず。雍正帝の時代には...
1.8.1 清の皇帝・男の皇族

第一皇子 胤禔は 康煕帝を激怒させて自宅軟禁にされてしまった

胤禔は清朝の皇族です。 第4代皇帝・康煕帝の長男です。 母が側室だったので皇太子にはなれませんでした。戦で手柄をたて重臣たちからの評判もよかったのですが。 母の地位が低いせいか自分が次の皇帝になるのを諦め、八皇子・胤禩と共謀して皇太子...
1.8.1 清の皇帝・男の皇族

十三皇子怡親王 胤祥 は雍正帝から頼りにされた

愛新覚羅・胤祥は清朝の第4代皇帝・康熙帝の第13皇子。十三阿哥とも書きます。 異母兄の第4皇子 胤禛を助け。胤禛が皇帝になるのを助けました。 雍正帝の時代には何人かの兄弟が地位を追われました。でも胤祥は粛清されることなく生き延びました。...
1.8 清・金

履端親王 永珹 乾隆帝の第四皇子は皇帝候補から脱落

履端親王・永璜(えいせい)は清朝の第6代皇帝・乾隆帝けんりゅうていの第四皇子です。 四阿哥ともよばれます。阿哥は男の兄弟という意味です。 母は淑嘉皇貴妃 金佳氏(生前は 淑嘉貴妃 金氏)。 ドラマでは悪役になることが多い金氏ですが、歴...
1.8.1 清の皇帝・男の皇族

第一皇子 定安親王 永璜 は皇后の葬儀で乾隆帝を怒らせてうつ病になった

定安親王・永璜(えいこう)は清朝の第6代皇帝・乾隆帝けんりゅうていの長男です。大阿哥ともいいます。第一皇子という意味です。 母は富察氏。でも皇后の富察氏ではありません。別の富察氏です。乾隆帝の皇子時代の側室だった富察氏の息子です。 史実...
1.8 清・金

康熙帝は 清の全盛期を作った中国史上トップクラスの名君

康熙帝こうきていは清朝の第4代皇帝 康煕帝・雍正帝・乾隆帝と続く清の最盛期の最初を作った皇帝です。 史実の康煕帝はどんな人物だったのか紹介します。 康煕帝の史実 いつの時代の人? 生年月日:1654年5月4日 没年月日:172...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました