1.1 李氏朝鮮の国王

スポンサーリンク
1.1 李氏朝鮮の国王

太宗:李芳遠(イ・バンウォン)朝鮮王朝の基礎を作った独裁者

太宗(李芳遠:イ・バンウォン)は李氏朝鮮の3代目国王。父・李成桂(イ・ソンゲ)を助けて高麗を倒し李氏朝鮮王朝の建国に成果をあげました。しかしその後、重臣、兄弟と対立。多くの者を処刑します。多くの犠牲を出して自らは3代目国王・太宗となりました...
1.1 李氏朝鮮の国王

孝宗(ポンニム大君)・清への復讐に燃える朝鮮王

李氏朝鮮王朝の第17代目の国王・孝宗。ドラマでは鳳林大君(ポンリムテグン)といった方が馴染み深いかもしれません。 歴史上は清との戦い「北伐」を計画した王として知られています。清への恨みを晴らすという意味では肯定的な意見もある一方で、無茶な...
0 ドラマが分かる歴史の知識

祖・宗・君、李氏朝鮮王の名前は三種類その違いはなぜ?

朝鮮王朝の王様は本名とは別に廟号(びょうごう)があります。 日本にはない中華圏の廟号 朝鮮の場合、太祖とか世宗は正式には廟号(びょうごう)といいいます。位牌に書かれる名前です。本来の諡(おくりな)は別にあります。でも長すぎるので使...
1.1 李氏朝鮮の国王

明宗(ミョンジョン)は母と一族に悩まされた涙の王

「オクニョ・運命の女」(原題の漢字表記は獄中花)に登場する王様は13代国王・明宗です。 父は中宗。母は文定大妃。権力を握る怖い母親とは違い、心優しい人物として描かれます。ドラマでは権力を握り続ける母親との葛藤に悩みます。 歴史上の明宗も...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました