1.2 李氏朝鮮の妃・側室

スポンサーリンク
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

貴人張氏・淑儀朴氏・尚宮李氏、貴人趙氏以外の仁祖の後宮たち

李氏朝鮮16代国王・仁祖の後宮(側室)といえば、貴人趙氏が有名です。 しかし仁祖には他にも側室がいました。貴人張氏、淑儀朴氏、尚宮李氏などです。貴人趙氏が仁祖の寵愛を集めたことと、行いが派手だったことから仁祖の側室というと貴人趙氏ばか...
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

仁元王后(イヌォン王妃)は英祖のもう一人の母

仁元王后(イヌォン王妃)は粛宗の3人目の妃です。 16歳で王妃になりました。厳格な性格で強い意志の女性だったといいます。 淑嬪崔氏とも親しくし、延礽君(ヨニングン・後の英祖)の保護者となりました。 仁元王后がいなければ、延礽君は派閥争...
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

壮烈王后(チャンニョル王妃)4代の王の時代を生きた王妃

壮烈王后(チャンニョル王妃)は仁祖の妃。 でも仁祖の寵愛を集めていた貴人趙氏のかげにかくれてあまり目立たない存在です。仁祖とはあまり仲はよくありませんでした。若くして未亡人になります。その後も粛宗の時代まで生きました。 慈懿大妃の呼び方...
スポンサーリンク
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

恵嬪楊氏(ヘビンヤン氏)は端宗の育て親

恵嬪楊氏(ヘビンヤン氏)は朝鮮4代国王・世宗の側室。6代国王・端宗の乳母となり育てた人物です。 首陽大君が権力を持つと端宗を守ろうとしましたが、首陽大君派によって処刑されてしまいます。 史実の恵嬪楊氏(ヘビンヤン氏)はどんな人物だったの...
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

貞熹王后尹氏(チョンヒ王妃ユン氏)は朝鮮初の大王大妃・隠れた実力者だった

貞熹王后(チョンヒワンフ)は李氏朝鮮7代国王世祖の正室。ドラマでは脇役として登場することが多く。あまり印象にないかもしれません。 韓国時代劇「不滅の恋人」イ・ガンの妻ユン・ナギョムのモデルになった人物です。 貞熹王后は李氏朝鮮で初めて垂...
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

粹嬪韓氏(スピンハン氏)が仁粋大妃(インステビ)になるまでの短くて長い道のり

仁粋大妃は李氏朝鮮史上に残る女傑。昭惠王后韓氏ともいいます。 王の母、祖母として権力を握った有名な人物ですが、王妃にはなっていません。世子嬪になったものの、夫が急死。そのままひっそりと暮らすのかと思われましたが、息子を王にして大妃の座に収...
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

明成王后閔氏(閔妃)凶刃に倒れた朝鮮王朝最後の王妃

明成王后閔氏は李氏朝鮮王朝最後の王妃。日本では閔妃としてしられています。 朝鮮王朝の末期。国自体が混乱していた時代に王妃になりました。王の父・興宣大院君と20年以上対立し、失脚と復権を繰り返した王妃でした。 朝鮮王朝末期は外国の圧力が高...
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

仁宣王后(インソンワンフ)・馬医の大妃は宮廷の風紀委員長

「馬医」に登場する大妃は孝肅王大妃。朝鮮17代国王・孝宗の妃です。馬医では新しい外科治療をなかなか受け入れない頑なな大妃として描かれました。 王妃時代は「花たちの戦い・宮廷残酷史」の最後の方で登場するていど。ドラマではあまり登場しませんね...
1.2 李氏朝鮮の妃・側室

明聖王后金氏・粛宗の母はモンスターマザーだった?

明聖王后金氏(ミョンソンワンフ・キムシ)は李氏朝鮮19代国王粛宗の母親です。 張禧嬪を題材にしたドラマが数多く制作されているため、明聖王后もよくドラマに登場します。粛宗を困らすわがままな母親というイメージがありますが。実際にはさらに過激な...
0 ドラマが分かる歴史の知識

大妃・王大妃・大王大妃は何が違うの?

韓国歴史ドラマを見ていると大妃(テビ)という言葉がよく出てきます。”王の母”という意味で使われる事が多いですね。王大妃(ワンテビ)や大王大妃(テワンテビ)という言葉も出てくることがあります。大王大妃は王の祖母?王大妃は何?と混乱してしまいま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました