李氏朝鮮の重臣

李爾瞻(イ・イチョム)は李氏朝鮮の光海君時代の重臣。華政などのドラマでは権力欲の強い人物として描かれます。

歴史上の評価も、悪の重臣の代表といった評価になってしまいます。確かに、多くの人々を陥れて殺害しました。イ・イチョム ...

李氏朝鮮の重臣

李徳響(イ・ドッキョン)、雅号は漢陰(ハヌム)。

韓国時代劇「華政」では光海君の数少ない味方として登場するハヌム。

宣祖、光海君時代の朝鮮の政治家です。東人派に所属していました。東人が北人と南人に分裂後は南人派 ...

李氏朝鮮の重臣

金昌集(キム・チャンチプ)は李氏朝鮮の粛宗から景宗の時代の政治家。延礽君(ヨニングン)を王世弟にするなど、老論派(西人派)の重要人物として政治に関わりました。

昭顕世子と嬪宮姜氏の名誉回復にも勤めています。

若 ...

李氏朝鮮の重臣

金 玉均(キム・オッキュン)は李氏朝鮮末期の政治家。朝鮮ではいちはやく、文明開化の必要性を感じて国を改革しようとした人物でした。

しかし金玉均の試みは失敗し日本に亡命。朝鮮からは追われる身となります。最後は朝鮮の暗殺者に殺 ...

李氏朝鮮の重臣

鄭澈(チョン・チョル)は宣祖の時代、西人派の指導者的立場にいました。

チョン・チョルは実直でしたが融通がきかない性格のため、たびたび周囲と問題を起こしました。光海君を世子に推薦して宣祖の怒りをかって流刑になるなど。失脚と復 ...

李氏朝鮮の重臣

韓致義(ハン・チヒョン)は仁粋大妃の従兄弟。世祖時代に役人になり、兵曹判書にまで出世しました。

王の母方の親族なので、いわゆる外戚になります。

史実の韓致義(ハン・チヒョン)どんな人物だったのか紹介します。

李氏朝鮮の重臣

韓 明澮(ハン・ミョンフェ)は首陽大君(世祖)の策士となり、王にした人物だと描かれる事が多い人物です。

首陽大君の後も歴代の王に仕え、時には王の決定に大きな力を持ちました。容赦ない方法で政敵を排除する一方で、世祖やその後継 ...

李氏朝鮮の重臣

崔鳴吉(チェ・ミョンギル)は仁祖を支えた重臣。

仁祖時代というとドラマでは、キム・ジャジョムやキム・リュが目立っています。チェ・ミョンギルは領議政まで勤めながらもあまり目立った扱われ方をしていません。

儒教的な ...

李氏朝鮮の重臣

韓流時代劇「テバク」でチョン・グァンリルの演じた「イ・インジャ」は実在の人物。

英祖に対して反乱を起こした少論派の重臣です。英祖と仲の悪かった少論派でもとくに過激な思想の持ち主でした。

史実の李麟佐(イ・インジ ...

李氏朝鮮の重臣

韓流時代劇「チャン・ヨンシル」や「大王世宗」に登場する李蕆(イ・チョン)は実在の人物。

李氏朝鮮の武人であり技術者でした。

武人として倭寇や女真族と戦う一方で、チャン・ヨンシルとともに、科学技術の発展に貢献しま ...

PAGE TOP