1.2 李氏朝鮮の妃・側室

多くのドラマに登場する張禧嬪(チャンヒビン)は朝鮮三大悪女の一人。500年続く李氏朝鮮でも良民(一般人)出身で、女官から王妃になった唯一の女性でした。

張禧嬪とよくいわれますよね。でも、朝鮮王朝の名前の呼び方としては位の後 ...

1.2 李氏朝鮮の妃・側室

トンイの淑嬪崔氏(楽天より)

淑嬪崔氏(スクピンチェ氏)は、李氏朝鮮19代王・粛宗の側室。21代王・英祖の母です。

淑嬪崔氏をヒロインにしたドラマが「トンイ」です。淑嬪崔氏の名前は伝わっていません。トンイは番組 ...

1.2 李氏朝鮮の妃・側室

花たちの戦い・宮廷残酷史や華政に登場する貴人趙氏。

宮廷残酷史では「ヤムジョン」。
華政では「ヨジョン」(貴人にはならず最高位は昭容)という名前でした。

いずれも仁祖に取り入るのが上手でキム・ジャジョム ...

1.2 李氏朝鮮の妃・側室

嬪宮・姜氏(カン氏)は朝鮮第16代国王仁祖の息子・昭顕世子の正室です。ゆくゆくは王妃になるはずでした。夫の昭顕世子が謎の死をとげたばかりか、姜氏は王を毒殺しようとしたと濡れ衣をきせられ処刑されてしまいます。姜氏の兄弟も処刑され息子たち ...

1.2 李氏朝鮮の妃・側室

文定王后(ムンジョンワンフ)は朝鮮王朝第11代王・中宗の正室です。息子の明宗が即位後は大妃となり宮中を仕切っていました。

文定王后は「宮廷女官チャングムの誓い(原題:大長今)」に登場する王妃なんですね。チャングムのときは最 ...

PAGE TOP