1.3 清の皇子・男の皇族

1.3 清の皇子・男の皇族

乾隆帝時代におきた 理親王・弘晳の反逆事件「弘晳逆安」

清朝の第6代皇帝・乾隆帝は1735年10月8日に即位しました。60年以上在位して様々な実績を残した乾隆帝ですが。即位して間もないころは不安定な時期でした。 若い乾隆帝に衝撃をあたえたのが。乾隆4年(1739年)におきた弘晳と彼らを支持する...
1.3 清の皇子・男の皇族

廃太子胤礽の息子 ・弘晳 |謀反疑惑で乾隆帝を激怒させた親王とは

愛新覚羅 弘晳(こうせき)は廃太子 胤礽の次男。 胤礽は大清帝国の大4代皇帝・康煕帝の皇太子。 弘晳は康煕帝からも愛された皇子でした。 弘晳は胤礽の次男でしたが長男が若くして死亡しているのであと継ぎでした。 父・胤礽は皇太子を廃位さ...
1.3 清の皇子・男の皇族

永璋・乾隆帝の第三皇子は葬儀の失態で後継者候補から脱落

循郡王 永璋(えいしょう)は清朝の皇子。 第6代皇帝・乾隆帝の第三皇子です。 最初は後継者候補として期待されていたようです。 ところが若いときの失態が理由で後継者候補から外されてしまいます。 さらには30代で肺の病気で死亡しました。...
1.3 清の皇子・男の皇族

永璂|乾隆帝の十二皇子は輝発那拉氏の事実上の廃位で人生が狂わされた

愛新覚羅 永璂は乾隆帝の十二皇子。永璂の爵位は貝勒(ベイレ)。 母は継皇后 輝発那拉(ホイファナラ)氏。那拉(ナラ)氏、烏拉那拉(ウラナラ)氏と呼ばれることもあります。 永璂は皇后の息子として将来を期待されていたはずですが。 母・輝發...
1.3 清の皇子・男の皇族

「四皇子胤禛が十四皇子 胤禵から皇位を奪った」雍正帝が悩まされた風評被害

雍正帝は大清帝国の第5代皇帝。 清朝がもっとも栄えていた康煕~雍正~乾隆時代を支えた皇帝のひとりです。で0も人気の高い康煕帝・乾隆帝にはさまれていまいち存在感の薄い皇帝といわれます。 雍正帝は即位した直後からデマに悩まされました。そして...
1.3 清の皇子・男の皇族

宮廷の茗薇で胤禛に捕まった 貝勒(ベイレ)のモデルは誰?

ドラマ「宮廷の茗薇」には、歌や歌劇が好きな貝勒(ベイレ)が登場します。 貝勒は爵位の名称なので個人名ではありません。 劇中の貝勒(ベイレ)は印象的な人物なのですが、残念ながら名前は設定されていません。 貝勒は四阿哥・ 胤禛(いんし...
1.3 清の皇子・男の皇族

清朝皇族男子の爵位とは?親王・郡王・貝勒・貝子の違い

清朝には様々な爵位があります。 爵位とは王朝などで地位の高い人に与えられる称号です。 親王といった日本人にもわかりやすい爵位もあれば。 貝勒、貝子といった、字を見ただけではどういう意味なのかわからないものまであります。 この記事では...
1.3 清の皇子・男の皇族

第十皇子 胤䄉 は 第八皇子 胤禩のとりまきの一人

愛新覚羅 胤䄉(アイシンギョロ いんが)は大清帝国皇帝・康煕帝の第10皇子(十阿哥)。 康煕帝末期の後継者争いでは、第八皇子(八阿哥)胤禩(いんい)に味方しました。 ところが雍正帝即位後は幽閉されてしまいます。 10皇子 胤䄉は八皇子...
1.3 清の皇子・男の皇族

四皇子 胤禛 が皇帝になるまでの道のり

愛新覚羅 胤禛(いんしん)は清朝の皇子。 康熙帝の第四皇子(四阿哥)。 後の第5代皇帝 雍正 です。 母親の身分が低く王位後継者ではなかったと言われます。 王子同士の王位継承社争いに勝ち抜いて皇帝になりました。 史実の胤禛はどんな...
1.3 清の皇子・男の皇族

九皇子 胤禟 は資金力で八皇子 胤禟の派閥を支えた

愛新覚羅 胤禟(いんとう)は清朝の皇子。 第4代皇帝・康熙帝の第九皇子です。九阿哥とも書きます。 西洋の文化に興味をもち、積極的に西洋文化を学んで取り入れようとしました。 康煕時代の後半におきた後継者争いでは、第八皇子(八阿哥)に味方...
タイトルとURLをコピーしました