スポンサーリンク

燕雲台(えんうんだい)第13・14・15・16話あらすじとネタバレ

燕雲台0 あらすじ

中国時代劇「燕雲台(えんうんだい)-The Legend of Empress-」第13・14・15・16話あらすじとネタバレ紹介記事です。

実在した契丹(遼)の皇后・睿智蕭皇后(蕭太后)の半生を描く歴史ドラマ。

耶律明扆を皇帝にしようとしている韓徳譲は蕭燕燕を争いに巻き込みたくないので結婚をためらっていましたが。でも母は李家との縁談を勝手にすすめてしまいます。そこで韓徳譲は燕燕との結婚を父の韓匡嗣に話しました。

耶律只没は皇帝になるために屋質大王に会いに行き自分の味方にしようと説得。でも屋質大王は只没には力を貸しません。その動きは罨撒葛にバレていました。

只没は安只との密会の最中に捕まってしまい。穆宗の前に連れ出されてしまいます。

 

スポンサーリンク

番組情報

原題:燕雲台
英語:The Legend of Xiao Chuo
2020、中国
全48話

 

主なキャスト

・蕭 燕燕(しょう・えんえん)
 演:唐嫣(ティファニー・タン)

・韓 徳讓(かん・とくじょう)
 演:竇驍(ショーン・ドゥ)

・蕭 胡輦(しょう・これん)
 演:余詩曼(カーメイン・シェー)

・耶律 明扆(やりつ・けん)/後の景宗(けいそう)
 演:經超(ジン・チャオ)

・耶律璟(やりつ・けい)/今の皇帝・穆宗(穆宗)
 演:寧理

・耶律 罨撒葛(やりつ・えんさつかつ)/太平王
 演:譚凱(タン・カイ)

・蕭 烏骨裏(しょう・うこつり)
 演:盧杉(ルー・シャン)

・耶律 喜隱(やりつ・きん)/趙王
 演:季晨(ジー・チェン)

・李 思(り・し)
 演:孟子義(モン・ズーイー)

 

第13話 果たされた約束

 

蕭燕燕は宮廷で起きたことを聞き、耶律只没が宮刑になったことを知りました。そして屋敷を飛び出してしまいます。

耶律明扆は安只を呼びだして、誰の命令で弟の只没を陥れたのか問い詰めました。安只は只没のことを真剣に愛していると言って怯えます。それを見た明扆は本当に愛しているなら只没を看病しろと命じ、もし只没を死なせたら共に葬ると脅しました。安只の看病のおかげもあり只没は回復に向かいます。そして安只は只没と結婚することになるのでした。

夜も更けたが燕燕と会う約束を果たそうと耶律

夜が遅くなったものの、明扆は燕燕に会いに酒場に行きます。するとすでに燕燕が待っていました。2人は酒を飲みました。明扆は酔って不安な気持ちをさらけ出します。そんな明扆を燕燕は優しく慰めるのでした。

明扆は郊外の離宮で暮らすことになり、引っ越ししました。そして韓徳譲とともに新しい国を目指してともに改革に向けて突き進むことを誓うのでした。

 

第14話 皇后の座

 

蕭烏骨里が懐妊。耶律喜隠は悦びますが。耶律璟たちに暗殺されることを恐れ、蕭烏骨里が懐妊したことは口止めしました。

喜隠は烏骨里に仲のよい蕭燕燕には教えてもいいが、蕭胡輦には教えてはいけないと言います。

烏骨里は燕燕と会って解任を報告。燕燕は悦びましたが、胡輦には言わないようにとお願いしました。

燕燕は燕王府を訪問。韓徳譲は燕燕に耶律明扆が皇帝にふさわしいと明かしました。そして明扆を好手にするのは命がけのことなので、万が一のことを考え結婚の延期を打ち明けるのですが。燕燕はいくらでも待つと言うのでした。

明扆は変装して蕭思温の元を訪れ。燕燕を娶りたいと言います。それは蕭宰相家から皇后を出すことになるというのです。燕燕の気持を思い悩む思温でしたが。燕燕に家の命運をかけて明扆と結婚させることに決めるのでした。

そして韓徳譲たちはついに作戦を結構することに。

 

第15話 黒山の攻防

 

韓徳譲と耶律明扆は黒山の行宮にいる穆宗・耶律璟を討つことにしました。でも耶律罨撒葛が置いた監視役がいるのではと燕燕は心配しますが。監視役の楚補は明扆が懐柔していました。

黒山の狩り場では、穆宗・耶律璟が怒り出して従者たちを殺害。不満の溜まっている従者たちに楚補が近づき反乱をそそのかしました。従者たちは酔って寝ている耶律璟を襲撃しますが失敗、しかし控えていた劉梓固が耶律璟を殺害しました。

蕭思温、韓匡嗣たちはすぐに耶律明扆を即位させるため、明扆に作戦成功の知らせを送りますが。耶律明扆は城門で足止めされています。城門は耶律罨撒葛の許可がないと開けられないのです。そこで燕燕が罨撒葛の令牌を盗むことに。

令牌を入手して黒山に向かう明扆と燕燕ですが。

そのころ耶律喜隠にも黒山の異変が知らされました。急遽、喜隠も黒山に向かうことに。

耶律罨撒葛もその動きを知って喜隠を捕らえ、自らも黒山に向かいました。そして罨撒葛も穆宗・耶律璟が死んたことを知ります。そして蕭思温たちによって明扆の即位の準備が進められ。

 

第16話 新帝誕生

 

耶律明扆は穆宗・耶律璟暗殺の報告を知りいち早く黒山に駆けつけ、景宗皇帝に即位しました。景宗・耶律明扆は、罨撒葛の捕縛を命令しました。

耶律休哥が黒山での出来事を知りました。屋質大王は明扆が即位したら罨撒葛が反乱を起こすとみて休哥に兵を率いて罨撒葛を阻止するように命じます。

太平王・耶律罨撒葛も兵を率いて黒山を目指しますが、間に合わずに明扆の即位を許してしまいます。罨撒葛は一夜のうちに皇弟から逆賊へと転落。そんな状況に納得できない罨撒葛は兵を集めようとしますが、耶律休哥に阻止されます。

明扆が太平王の令牌を使って黒山に来たことが問題になり。蕭胡輦は燕燕が令牌を盗んだのだと考えました。ということは明扆の即位は父の蕭思温たちが仕組んだことになり、ショックを受けた胡輦は実家に戻り父に文句を言うのですが。

一方、喜隱は即位したのが罨撒葛ではなく明扆だと知ってホッとしました。体の弱い明扆なら自分にもチャンスは巡ってくると思ったのです。

 

燕雲台 ドラマあらすじ一覧・時代背景紹介

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました