霓裳(げいしょう)26~30話のあらすじとネタバレ

霓裳0 あらすじ

中国ドラマ「霓裳(げいしょう)~七色に輝く虹の如く~」26・27・28・29・30話のあらすじとネタバレを紹介します。

霓裳は蘇家に呼び出され顔文秀から嫌がらせを受けます。怒った蘇文宇が顔文秀を叩いて結婚しないと言います。ところが蘇文宇は霓裳に強引に迫ってきたので霓裳は逃げました。

その後。宮市に出店できる店が公平に選ばれることになりました。

霓裳たちは香草堂の商品の良さを知ってもらうため宣伝活を開始。顔文秀は賄賂を送る予定でしたができなくなってしまいます。顔文秀は正々堂々と勝負することにして宮市に出店が許可されるのでした。

 

スポンサーリンク

「霓裳」番組情報

原題:小女霓裳
英語:Ni Chang
2021年、中国
全40話

主な登場人物・キャスト

 

・謝小霓(しゃ・しょうげい)/霓裳(げいしょう)
 演:厲嘉琪(リー・ジャーチー)

・謝楓(しゃ・ふう)
 演:邢恩(シン・オン)

・歐陽子虞(おうよう・しぐ)/洛王
 演:畢雯珺( ビー・ウェンジュン)

・蘇文宇(そ・ぶんう)
 演:宋文作(ソン・ウェンズオ)

・蘇功権(そ・こうけん)
 演:黄勐(ホアン・モン)

・蘇功銘(そ・こうめい)
 演:高凱元(ガオ・カイユエン)

・袁道成(えん・どうせい)
 演:李雨軒

 

第26話  率直で豪快な若様

 

蘇文宇(そぶんう)は霓裳(げいしょう)にフラれショックで熱を出して寝込んでしました。蘇功銘(そ こうめい)は蘇文宇と顔文秀(がん ぶんしゅう)を強引に結婚させようとしました。

それを知った蘇文宇は屋敷を抜け出しました。今度は顔文秀がショックで倒れてしまいます。

蘇文宇は顔文秀が「父親の喪も明けぬうちに結婚を押し切った」と言いふらします。自分が企んだわけでもないのに悪者にされた顔文秀に蘇文宇への愛情はもはやありません。そして蘇家を恨むのでした。

霓裳は宮市の準備をしていました。すると裕福そうな若者がやって来ました。彼は大将軍の息子・劉子瑄(りゅう しせん)でした。霓裳は劉子瑄に商品を売り込みました。すると劉子瑄は頻繁に香草堂に来るようになりました。

 

第27話  すれ違いで一波乱

 

洛王は都に戻る途中の宿で何者かに毒を盛られてしまいます。屋敷に戻った後も調子が悪くて寝込んでしまいます。蘭昭公主を迎えての入札大会は宮市局が監督することになりました。袁道成は思惑がうまく行って喜びます。でも洛王は霓裳を心配させたくなかったのでこのことを黙っていました。

蘭昭公主を迎える日が日が近づきましたが。洛王からは何の連絡もないので霓裳は心配になります。

すると劉子瑄が病気の洛王に代わって自分が監督をすることになったと霓裳に言います。それを聞いた霓裳は洛王の所に行って黙っていたことを責めました。ところが洛王は劉子瑄に嫉妬。二人は口論になってしまいます。

やがて洛王は自分に毒をもったのは宮市局だと知り宮殿へと向かいます。

 

第28話  遠方より来る賓客

 

洛王は病気が治り霓裳の店に行きました。すると劉子瑄がやってきたので洛王は霓裳を連れて外に出ました。そして二人は仲直りします。

霓裳は蘭昭公主の入札大会に出品を決め、その準備に追われていました。霓裳が商品を配っていると顔文秀と出会ってしまいます。顔文秀が霓裳に嫌味を言うと、霓裳も本当に幸せなのかと言い返し二人は険悪な雰囲気に。

やがて蘭昭公主が都に到着します。蘭昭公主は侍女とともに街を見回っていました。立ち寄った店で月華錦を買おうとしましたが。その品物は蘇家から仕入れたものだといいます。ところがたまたまそこにいた人物が月華錦が偽物だと暴露しました。その人物は無依(むい)と名乗っていますが、霓裳の姉の謝楓(しゃふう)でした。

無依の鑑定眼に驚いた蘭昭公主は無依を入札大会の目利き役にするのでした。

 

第29話  秘められた想い

 

蘭昭公主が到着。蘭昭公主は洛王が世話係だと思っていましたが、劉子瑄だと知ってガッカリ。蘭昭公主は洛王を世話係に任命して街を視察したいと言い出しますが、洛王は仮病を使って断りました。

蘭昭公主はお見舞いのため洛王の屋敷におしかけますが風邪のフリをして蘭昭公主を追いします。

その後、洛王は密かに香草堂に向かうと入札大会について悩んでいる霓裳の相談に乗りました。一方、蘇功銘は商品が返品されて焦っています。

入札大会当日。蘭昭公主は無依を連れて市場を視察。無依は霓裳が妹の小霓だと気づきますが声をかけようとはしませんでした。

入札大会が始まり香草堂は予選を通過し。顔文秀も予選を通過しますがそのままでは勝てないと思い何かを企んでいました。

 

第30話  多難な入札大会

 

霓裳、顔文秀たち入札大会の予選通過者は49日間、瑞園に滞在することになりました。

顔文秀は霓裳に謝り、改心したふりをします。霓裳は許すも許さないももう関係ないといいますが。顔文秀は泣いて謝るのでした。

洛王は瑞園の隣の屋敷を買って霓裳を正体。二人きりの時を過ごすのでした。

瑞園では霓裳は参加者の小橘、玉卿からも嫌がらせを受けますがすぐに解決。小橘が体調が悪くて眠れないでいると、霓裳が枕に原因があることに気づきます。そこで新しい枕に交換してあげました。

蘇文宇は袁道成に上納金を支払いに行きました。従順な蘇文宇の態度が気に入った袁道成は蘇功銘の代わりに蘇文宇を組合長にします。

枕が交換されていること知った玉卿は霓裳に自分が作った枕をどこにやったのかと文句を言いますが。霓裳は逆に競争相手を蹴落とすために仕組んだのだろうと言い返し、ます。

香料房にいた劉子瑄は体が痒くなってしまいます。なにかの病気のようにも見えますが、霓裳はそれがアレルギー症状だと気づきます。

 

 

霓裳(げいしょう)ドラマ全話一覧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました