ヘチ 王座への道 第9話 あらすじとネタバレ

ヘチ 5 ドラマの話題

 

 

韓国時代劇「ヘチ 王座への道」第9話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第9話 あらすじとネタバレ

世弟になったヨニン君を重臣たちは認めようとしない

ヨニン君は正式に世弟になり、王宮に入りました。

ヨニン君と対立していたミン・ジノンは漢城府に移動になり、王宮からは外されました。

キム・チャンジュンとイ・イギョムはヨニン君が世弟になり思い通りでした。ところが他の老論はあいかわらずヨニン君を認めようとしません。

少論派も認めようとしません。少論派のイ・グァンジャは景宗から弟を支えるように言われていましたが反対しました。王の素質があるかどうかわからないからです。そこでイ・グァンジャはヨニン君に課題を出しました。「国の政治に関わることなく王の素質を示せ」というのです。

人身売買の捜査を始める司憲府

そのころ。朝鮮国内では貧しい家の少女が清国に売られる事件が起きていました。司憲府では組織的な犯罪として操作を行うことになりました。清国の言葉ができるヨジが潜入捜査をすることになりました。清国や倭国の者が多く出入りする妓楼に潜入して情報を集める任務が与えられました。ヨニン君はそれを知り動揺しますが、パク・ムンスも同行することになり張り切っていました。

同じ頃。タルムンは清国に売られそうになった少女を救い出しました。タルムンは清国の情報を得るために新しく出来たという妓楼に手下を潜入させました。

両班が殺される事件が相次いでいました。司憲府にその調査依頼がきます。ウィ・ビョンジュはそのことを知らせにミン・ジノンのもとに生きました。ミン・ジノンは組織的な犯罪だと考え朝廷に戻るきっかけにしようと考えました。

両班殺人現場に出くわすヨニン君

ヨジは和服を来て「アサコ」と名乗り妓楼に潜入しました。妓楼の主ト・ジグァンに見破られそうになりますが交わします。しかしタルムンの手下達は身元がバレて袋叩きにあいます。ト・ジグァンはタルムンの根城に殴り込みをかけました。そこにヨニン君がやってきてト・ジグァンたちを追い払います。しかしヨニン君はヨジたちが専有したのがト・ジグァンの妓楼だと知ります。ヨニン君はヨジたちが危険だと考えて妓楼に向かいました。

妓楼を走り回るヨニン君でしたが両班殺害現場を見てしまいます。底にいたのは幼い少女でした。彼女には「殺主」という入れ墨がありました。彼女は逃げましたが、そこに捜査をしていたウィ・ビョンジュがやってきます。ヨニン君は犯行現場に突っ立っているところを見られてしまいます。

コメント