スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第15話 あらすじとネタバレ

ヘチ 5 ドラマの話題

 

韓国時代劇「ヘチ 王座への道」第15話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第15話 あらすじとネタバレ

ミン・ジノンの証言で世弟への尋問が中止に

世弟の尋問が始まりました。国王の景宗が直々に質問して世弟に自白を求めます。でも世弟は自分は逆心は持っていない、謀反も考えていないと言います。

そのときミン・ジノンが立ち上がりこの尋問は認めることはできないと言います。世弟が謀反を企てた疑いや証拠はまったくないからです。ミン・ジノンはこのことを言うために尋問に賛成したのです。景宗も心のなかではミン・ジノンの考えと同じでした。

尋問は中止になりました。世弟は助かりました。しかし、証拠がないので謀反を捏造したミルプン君やウィ・ビョンジュの罪を明らかにすることはできません。

捏造がばれて焦るミルプン君

世弟はミルプン君のもとを訪れました、そこにはタルムンがいました。驚いた世弟はタルムンを裏切り者と非難します。しかし世弟はタルムンが裏切っていないことは知っていました芝居を演じていたのです。

世弟がミルプン君を謀反捏造の罪で捕らえると言うとミルプン君は不安になりました。世弟がミン・ジノンを味方につけていると知り焦りました。世弟はタルムンに対して「淑嬪崔氏、真実、比今巳蜜」このような張り紙をして生き延びることができると思うのかと言って立ち去ります。タルムンは自分の暗号を世弟が解読したと知りました。

ミルプン君の罪が暴かれる

そのころパク・ムンスはウィ・ビョンジュがハン・ジョンソクを殺害した証拠を見つけました。当時の検視官がウィ・ビョンジュの命令で報告書を2枚作ったこと、当時の当直がウィ・ビョンジュが現場にいたことを証言しました。

焦ったウィ・ビョンジュは一人だけ捕まるわけにはいかないと考え、謀反捏造の黒幕はミルプン君だと告発しました。ウィ・ビョンジュは司憲府に捕らえられました。

景宗は寝室にこもったまま動けませんでした。景宗は王座を奪われると思い、世弟を敵だと思って追い込みました。景宗は心臓に痛みが走ります。世弟が寝殿を訪ねてきました。景宗は父・粛宗が世弟を世継ぎにしたいと考えていたことを思い出しました。父は次の王には世弟がふさわしいと思っていた。景宗はそのことを世弟に話し王座を譲るべきは自分だったと言いました。その後、景宗は兵を動かしてミルプン君を捕らえるように命じます。

そのころタルムンは清国の人身売買を知っている商品を捕まえ、ミルプン君との取引を証言するように言いました。

パク・ムンスは人身売買を仕切っていたト・ジグァンを捕らえに妓楼に向かいます。世弟も合流して人身売買のグループを捕まえました。あとはミルプン君だけになりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました