スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第17話 あらすじとネタバレ

ヘチ 5 ドラマの話題

 

韓国時代劇「ヘチ 王座への道」第17話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第17話 あらすじとネタバレ

病状が悪化する景宗

景宗の体調はどんどん悪くなっていました。その日も侍医が出した薬を飲んでいましたが、口をつけた瞬間いつもよりひどい激痛が走りました。

世弟は内医院に行って侍医の話を聞きますが、侍医にも理由がわかりません。世弟は数日前に内医院の柱にあった血痕のことを知ります。もしそれがミルプン君の仕業だったら、内医院の薬に毒が混ぜられた可能性もあります。

世弟は慌てて景宗の寝殿に行き、景宗が飲もうとしていた薬を投げ捨てました。そばにいたチョ・テグは王様が苦しんでいるのになぜ薬を飲ませないのかと怒ります。

世弟はパク・ムンスを呼んでミルプン君、ウィ・ビョンジュ、ト・ジグァンを調べるように指示します。

景宗の治療方針を決めた世弟に疑いの目が

便殿会議は景宗の体調がもどるまで世弟が仕切ることになりました。内医院の薬に毒が混ぜられている可能性があります。世弟は重臣たちに内医院の薬はつかなわいこと、民間の医師にも治療を依頼する方針を伝えました。

しかし、もし内医院の薬に毒が入ってなかったら、民間の医師の治療が失敗したら世弟が責任を問われることになります。それでも世弟は景宗を助けたいと思っていました。

ソニ王妃や重臣の中には、世弟が景宗から治療の機会を奪って王位を狙っていると考えるものもいました。

そんななか、内医院の調査のために医官や医女が集められました。医女長の顔色がよくありません。この女がミルプン君から毒を受け取り、王の薬に混ぜていたのです。報酬はユニョンから受け取ることになっていました。

ミルプングンの思惑通りに進む

タルムンに匿われたユニョンは密かに抜け出して医女長と会いました。ところがユニョンは報酬を渡すふりをして医女長を殺してしまいます。タルムンが気づいたときにはユニョンはどこかに姿を隠していました。

毒薬について調べていたパク・ムンスは、流刑地にいるミルプン君に会いに行きました。ミルプン君は世弟が景宗から内医院を遠ざけたことを聞いて喜びました。それはミルプン君の思惑通りでした。ミルプン君を疑う世弟が景宗に内医院の薬を飲ませず、景宗が死んだら、世弟が殺したことになるからです。

景宗の病状はどんどん悪化します。ミルプン君が清からとりよせた毒薬は解毒剤がありません。世弟は解毒できる可能性があることを知ります。それはトリカブトを使うことでした。トリカブトの根を高麗人参とあわせて摂取すれば体の毒が弱くなるというのです。世弟はその方法にかけることにしました。

景宗崩御

景宗は世弟が処方した薬を飲み、意識を取り戻しました。そして世弟の手を握りました。

しかし景宗は世弟に言葉をかけたあと崩御しました。

国王崩御の知らせが王宮に伝わりました。誰もが膝まづいて涙を流します。その中には世弟を心配するヨジもいました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました