スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第21話 あらすじとネタバレ

ヘチ 5 ドラマの話題

 

韓国時代劇「ヘチ 王座への道」第21話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヘチ 王座への道 第21話 あらすじとネタバレ

勝ち進む反乱軍

清州で反乱が起こりました。

イ・インジャは長年の計画通り、まず清州城を陥落させます。イ・インジャは、英祖は使用人の息子で王の資格がないと主張。真の王をたてることを目的にしていました。真の王とは昭顕世子の子孫・ミルプン君のことです。反乱軍は清州をはじめ4つの地域で決起しました。

ミルプン君は反乱軍の王としてまつりあげられました。反乱軍は進軍する先々で民衆に金と米を配りかいじゅうしていきました。自分が王になれば税もとらない。裕福な暮らしができると出任せを言うミルプン君に対して搾取に苦しんでいた民衆は熱狂的に指示しました。民衆にかしずかれるミルプン君は得意げでした。

反乱軍は官軍の予想を超える速さで漢陽に向かってきました。その反乱はすぐに国内に広がるだろうと英祖は不安になります。

官軍が結成、戦地へ向かう

漢陽の住民にも反乱軍が近づいていることが知らされます。人々は急いで避難しようと混乱しました。

反乱軍に立ち向かうため官軍が結成されました。パク・ムンスやタルムンも参加します。それぞれが軍服を着て王宮に集まりました。官軍の前に英祖が姿を現し出征の命令が下ります。ヨジは王を守るために王宮に留まりました。

英祖は彼らを送り出した後、南人派の両班たちを再び官職に就かせたいと考えます。その知らせがイ・インジャたちに届けば反乱を鎮めるのに役立つかもしれないと考えます。しかし英祖の考えはそれだけではありません。派閥を超えて平等に人材を採用することで朝廷のバランスをとろうとしたのです。反乱を食い止めるだけでなく、二度と怒らないようにするのも王の役目と考えていました。

ヨジは自分も戦場に出るべきかと悩んでいました。英祖はヨジを引き止め、そばにいてほしいと頼みます。

官軍と反乱軍のかけひき

官軍は、反乱軍の進軍を止めるため漢陽の手前にある稷山で防衛戦を張りました。漢陽に近づく反乱軍を待ち伏せて討つ作戦です。しかし稷山の他にも反乱軍が来る可能性のある場所はあります。イ・グァンジャやパク・ムンスは不安になります。

イ・インジャは官軍にも間者を潜入させていました。稷山で官軍が待ち構えていることを知った反乱軍は安城を通り漢陽に入る道を選びます。

反乱軍は安城まで来ました。イ・インジャたちは官軍はいないと考え「王の首をとる」と意気揚々と進軍していました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました