中国ドラマ「風起花抄(ふうきかしょう)」11・12・13・14・15話あらすじとネタバレ

風起花抄0 あらすじ

中国ドラマ「風起花抄(読み方:ふうきかしょう)宮廷に咲く瑠璃色の恋」のあらすじ紹介と感想です。

ドラマのヒロイン・琉璃(るり)は、唐の時代に実在した女官・華陽夫人 庫狄(こてき)氏がモデル。

琉璃は母が濡れ衣で命を落とし後宮で育てられました。孫徳成たちの協力で琉璃は宮殿を出ました。

母の弟・安四郎がオーナーを務める如意衣装店で働いていました。

琉璃は宮殿から出たときに持ち出した財物を裴行倹が盗んだと思ってます。財物を返すように言いましたが、裴行倹は違うといいます。そこで訴訟を起こすことにしました。

一方、胡商大会に出店するため琉璃たちの店は出品用の服を作るのですが、服が盗まれてしまいます。

 

スポンサーリンク

番組情報

原題:風起霓裳
英語:Weaving a Tale of Love
2021年、中国
全40話

原作小説:「大唐明月」
原作者:藍雲舒

 

第11話 忍び寄る謀反の影

 

胡商大会が始まり、曹記衣裳店の素晴らしい衣裳に客たちは大喜び。でも如意衣装店には出品する衣裳がありません。諦めようとしていたところに裴行倹が衣を取り戻してやってきました。琉璃は自分でその衣裳を着て披露しました。その美しさに裴行倹は驚きます。

如意衣装店は胡商大会で一等をもらいました。大成功に大喜びの阿霓でしたが、琉璃は自分が裴行倹を誤解しているのではないかと不安になります。

そのころ。卓錦娘の命令で小順子は厳しい拷問をうけていました。全身傷だらけになりながらも耐えていましたが、水も睡眠時間も与えられない小順子は衰弱。ついに耐えられなくなって豆子が財布を作ったこと、今は宮殿の外に出たことを話してしまいます。

卓錦娘はさらに順子を追求。豆子は誰から衣裳作りを学んだのか問い詰めると。豆子は孫徳成が宮殿の外から預かってきたこと。ある妃嬪の遺品の中に秘伝書があり豆子はそれを読んで学んだ後燃やしてしまった。本当かどうかはわからないけど豆子からそう聞いたと言うのでした。

 

第12話 知られた秘密

 

豆子が宮殿の出たことを知られ、豆子の指名手配書が街中に貼られました。

玉児は楼閣で裴行倹と会って財物を返せといいますが、裴行倹は取っていない訴訟を取り下げろといいます。裴行倹は宮殿にいる李治に会うため玉児に腰牌を貸してほしいと言いますが、琉璃は今は持っていないといいます。

楼閣の主人が店にいる玉児が指名手配書に書かれた人物にそっくりだと気づき、役所に通報してしまいます。役人が豆子を逮捕するためにやってきました。

捕まりそうになる玉児。そこで裴行倹は、腰牌を貸すなら脱出を助けると取引をもちかけます。玉児はしかたなく貸すことにしました。

裴行倹は玉児を強く抱きかかえて馬に乗って逃げます。玉児の体に触れた裴行倹は玉児が女だと気づき役所に連れて行こうとするのですが琉璃は事情を話すのでした。

 

スポンサーリンク

第13話 師匠の思い

 

玉児は孫内侍と順子を助けるため自首することにしました。裴行倹は玉児を危険にさらすことはできないと、阿霓に見張るよういいますが。琉璃は夜中に阿霓が寝ている間に豆医官の服に着替え書き置きを残して宮殿へとむかいました。

阿霓と裴行倹が気づいて追いかけました。でも彼らが見たのは琉璃は宮殿に入っていくところでした。

捕らえられた玉児のところに卓錦娘がやってきてどこで服作りを習ったのか問い詰めます。でも玉児は誰からも教わってなく独学で学んだといいます。さらに卓錦娘は安氏と関係があるのか聞きますが、玉児は安氏は知らないといいます。

玉児は投獄されてしまいました。玉児は何かがおかしいと感じます。安氏から卓錦娘は唯一の弟子だと聞いていましたが、卓錦娘の態度はとても安氏の弟子とは思えないのでした。

順子は釈放されました。孫内侍は順子の姿が見えないので心配して探しました。順子は卓錦娘に脅されて琉璃のことを話してしまったので、孫内侍に見捨てられたと思い後悔しています。孫内侍は順子が苦しんでいることを理解して慰めるのでした。

 

第14話 刺繍に隠された文字

 

武才人は鳩の絵を描き、尚服局で腰当てを作らせ、豆医官に刺繍をさせるように言いました。

豆子は投獄されています。そこに鄧七娘が会いに来て阿霓や裴行倹のことを話しました。豆子は皇太子に身の危険が迫っていることを伝えなければいけないと思いますが。鄧七娘にもどうすることはできません。

そこで鄧七娘は卓錦娘が武才人から仕事を引き受けているのを思い出し。仕事を手伝うと言って分けてもらい、豆子に仕上げさせました。豆子は卓錦娘が縫ったものを見て見覚えがある縫い方だと思いました。そして卓錦娘就が母親を殺した犯人だと気づいてしまいます。

鄧七娘は豆子が仕上げた刺繍を武才人に持っていき豆子が仕上げたものだと伝えます。武才人が刺繍をよく見てみるとそこにはなにやら文字のようなものがありました。武才人は鄧七娘のメッセージに気づくと驚いて・・・

 

第15話 尚服局へ

 

卓錦娘は潘内侍に豆子を処刑して欲しいと言いますが。潘内侍は豆子にはそこまでの罪はないといって断ります。そこで卓錦娘は魏林を呼び出して暗殺するよう指示しました。

魏林は豆子が桂花糕を好きな事を聞き出し、毒入りの桂花糕を差し入れとして豆子に届けました。ところが桂花糕をうけとった獄卒は豆子に渡さず自分で食べてしまいます。

皇太子の李治は豆子が皇太子の危機を知らせるために宮殿に戻ってきたこと、その豆子が囚われていることを知ります。

そして皇太子は豆子を救い出すために幽閉場所にやってきました。すると突然獄卒が倒れて死亡してしまいます。他の獄卒は差し入れの桂花糕を食べたからに違いないといいます。李治は豆子を救出、東宮へ連れて行こうとしますが豆子は符禄院に戻っていきました。

一方、卓錦娘は自分が毒殺を指示したのがバレないようにするため魏林を呼び出して・・・

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました