怡嬪 柏氏・乾隆帝に気に入られた平民出身の側室とは

大清1.8 清・金

怡嬪いひん はくは清朝の第代皇帝・乾隆帝けんりゅうていの側室。

「瓔珞<エイラク>」では 怡嬪・柏氏
「如懿傳」では 玫嬪まいひん・白蕊姫として登場します。

史実の 怡嬪はどんな人物だったのか紹介します。

スポンサーリンク

 の史実

いつの時代の人?

生年月日:1721年
没年月日:1757年

姓:柏(はく)氏 → 柏佳(日:そはく)氏
称号:怡嬪 (いひん)
地位:  貴人→嬪→怡嬪
父:柏士彩
母:張氏
夫:乾隆帝(けんりゅうてい)

子供

清王朝の第6代皇帝・乾隆帝の時代です。

日本では江戸時代になります。

おいたち

怡嬪は 1721年に生まれました。

柏氏は蘇州で暮らす漢民族です。

後に柏佳氏の姓を与えられました。

父は平民の柏士彩。職人だったようです。

母・張氏は柏の妾。

怡嬪は庶長女でした。

 兄弟は3人、姉妹は2人いました。

平民といってもそれなりに裕福だったようです。

乾隆帝の後宮に入る

柏氏が乾隆帝の後宮に入宮したのは乾隆4年かその少し前のようです。

乾隆元年。役人の安寧が蘇州の国営織物工場に赴任した時、柏氏の評判を聞きました。そこで安寧はだれかに柏家を尋ねるように言っておきました。なかなか会うことはできませんでしたが。乾隆4年までには役人が乾隆帝に献上しました。

乾隆4年。柏氏の誕生日に乾隆帝から贈り物が与えられました。貴人級の待遇を受けました。

乾隆6年2月。皇太后の命令で金氏が嘉嬪に、海氏が愉嬪になりました。このとき柏氏と葉赫勒氏(後の舒妃)が貴人に昇格しました。

盛京(奉天、北京に遷都前の清の首都。現在の瀋陽 (しんよう) )から送られてきた奶餅(牛乳餅)などの後宮なお菓子が送られてきました。乾隆帝は皇后や妃嬪たちに配りました。柏貴人も贈り物が与えられました。柏貴人は貴人の中でも乾隆帝の評価は高かったようです。

都で両親と再開

4月。乾隆帝は柏氏の両親が北京の王宮にいる柏氏に会えるように命令を出しました。でも柏氏の父・柏士彩はすで69歳。親類の援助なしでは旅行できませんでした。柏士彩の他の子供もまだ若かったので両親を助けて旅行できません。

そこで乾隆帝は運河を使って移動するのを許可。柏貴人は両親に会いました。10月。両親は蘇州に戻りました。

家族の待遇がよくなる

役人の安寧は柏家に部下を派遣、柏貴人の兄弟・柏永吉を家に呼びました。ところが柏永吉は志をもたずフラフラしていました(つまり定職についていない)。安寧は柏永吉が自信がなく、家族を頼って遊び人になるのを心配して厳しく注意しました。そして衣服・帽子・銀子を与え、家に何かあったときは連絡するように言いました。

11月。柏貴人はに昇格。「怡嬪」の称号が与えられました。怡(い)の意味は「よろこぶ、やわらぐ」です。怡嬪は延禧宮で暮らしました。

1742年(乾隆7年)。柏家の人たちは満洲正黄旗の包衣になりました。満洲貴族に仕える使用人として採用されたのです。包衣の身分は漢人の平民よりも上です。しかも八旗の中でも満洲正黄旗は皇帝直属の組織。包衣の中でも地位は高いです。

怡嬪のおかげで家族の待遇が上がったわけです。それだけ怡嬪は乾隆帝から気に入られていたようです。

1745年(乾隆10年) 。內務府の上旗(皇帝直属の八旗)の娘から、乾隆帝の側室選びが行われました。このとき怡嬪の妹が選抜試験を通過。怡嬪の妹も後宮に入りました(柏常在)。

入宮後の怡嬪

同じ年。慧賢皇貴妃 高氏の葬儀が行われました。怡嬪も他の妃嬪たちと一緒に出席しました。太監や承乾宮舒嬪、永壽宮令嬪と同じ牛車に乗って葬儀場に向かったことが記録されています。

12月。怡嬪の兄弟・柏永吉が漢字で文書を提出しました。嘉妃、舒嬪、怡嬪が式典で使う傘などを新しく作ってはどうか役所と相談して申請してみる」という書類でした。役人の安寧が「遊び人になるかもしれない」と心配していた兄弟の柏永吉ですが、このころは使用人としての仕事をしていたようです。

1745年(乾隆17年) 。既に亡くなっていた孝賢純皇后と慧賢皇貴妃の棺を御陵に入れました。この儀式に乾隆帝や皇后輝発那拉氏、嘉貴妃金氏、怡嬪柏氏、和穎嬪巴林氏らが出席しました。

1757年(乾隆22年) 5月。怡嬪は病死しました。享年37。

乾隆帝は2日間喪に服して公務を休みました。

怡嬪は平民出身の側室。地方に赴任していた役人の目にとまったということですから、よほど人をひきつけるものがあったのでしょう。平民出身にも関わらず入宮して速いペースで嬪になりました。乾隆帝もお気に入りだったようです。

でも、入宮後のエピソードは公務の記録ばかりで個人の記録は殆どありません。子供もいません。宮殿での暮らしは平穏だったのかもしれませんし退屈だったのかもしれません。

テレビドラマ

瓔珞〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜 2018、中国
 役名:怡嬪・柏氏  演:徐百卉

ドラマ序盤で高貴妃の陰謀で命を落とします。

如懿傳〜紫禁城に散る宿命の王妃~ 2018、中国
 役名:玫嬪・白蕊姬 演:何泓姍

もとは如懿の侍女でした。でも野心のために裏切ります。乾隆帝の側室になりますが全く寵愛を受けませんでした。最期は猫刑という拷問にかけられた後、首を吊って自害します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました