スポンサーリンク

コウラン伝~始皇帝の母~ 登場人物と時代背景の紹介

コウラン伝 0 ドラマが分かる歴史の知識

中国ドラマ「コウラン伝・始皇帝の母」は紀元前3世紀。春秋戦国時代の中国が舞台です。

ドラマのサブタイトル通り。ヒロイン・李皓鑭(り こうらん)のモデルになった趙姫は秦の始皇帝の生母です。

NHKのBSプレミアムで2020年9月27日から放送が始まる「コウラン伝」の時代背景と主な登場人物を紹介します。

スポンサーリンク

コウラン伝の時代

舞台になるのは紀元前3世紀「春秋戦国時代」の中国。まだ中国大陸は統一されてなく、いくつもの国が争う戦国時代でした。

当時の日本は弥生時代。

ドラマの登場人物達が活躍していた紀元前260年ごろには小国は淘汰されて7つの国が争っていました。

紀元前260年

「戦国の七雄」といわれる、秦(しん)・趙(ちょう)・燕(えん)・魏(ぎ)・斉(さい)・韓(かん)・楚(そ)の国です。

ドラマ「ミーユエ」で舞台になった時代よりも1世代あとです。

やがて秦が力をつけしだいに周囲の国を滅ぼします。そして秦の王・政は全土を統一。自ら「始皇帝」と名乗りました。

コウラン伝の登場人物

主要人物

李皓鑭(り こうらん)/趙姫

趙の国の名家出身。継母の策略で無実の罪を着せられ売られてしまいます。売られていたところを商人の呂不韋(りょふい)に助けられ彼と行動をともにします。

演じるのは 呉謹言(ウー・ジンイエン)
「瓔珞<エイラク>紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」で主人公の魏瓔珞を演じました。

声:中村千絵
代表作は「NARUTO」の「春野サクラ」など。アニメ作品の他、洋画や外国ドラマの吹き替えも多い声優さんです。

歴史上の趙姫

趙姫(ちょうき)は始皇帝の生母。本名はわかっていません。李皓鑭はドラマオリジナルの名前。趙の国出身。商人の呂不韋の妾になったあと。秦の王子・嬴異人と結婚。息子の政(後の始皇帝)を生みます。秦の王妃・太后になりました。歴史上は男性遍歴の多い女性として記録されています。

 ・趙姫の詳しい説明はこちら

呂不韋(りょ ふい)

衛の国出身の商人。天下をとろうと野心をもっています。皓鑭(こうらん)をみつけてともに行動するうちに彼女を愛するようになります。趙で人質になっている秦の王子・嬴異人と知り合い。秦の王にして自分も出世しようと企みます。

演じるのは 聶遠(ニエ・ユエン)
「瓔珞<エイラク>紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」で乾隆帝を演じました。呉謹言さんとは瓔珞につづいての共演です。

声:東地宏樹

歴史上の呂不韋

趙で人質になっていた嬴異人を「掘り出し物だ」とめをつけ彼を王にさせるため策を弄します。嬴異人が秦の王になったあとは朝廷の高官になって政治を動かしました。始皇帝の母・趙姫とは愛人関係にありました。やがて朝廷内でおきた謀反に巻き込まれて失脚。失意のうちに自害します。

 ・呂不韋の詳しい説明はこちら

嬴異人(えい いじん)

秦の太子・安国君(あんこくくん)と側室・夏姫(かき)の息子。秦では大勢いる王子の一人、人質として趙の国で生活していました。おとなしいが頭の切れる人物。嬴異人と李皓鑭と出会い帰国を目指します。やがて李皓鑭に惹かれていきます。

演じるのは 茅子俊(マオ・ズージュン)
主な出演作は「麗王別姫~花散る永遠の愛~」の安慶緒など。

声:平川大輔
アニメ・映画・ドラマだと多数の作品で声を担当。
オーランド・ブルームやチャン・グンソクの声を担当することが多いです。

歴史上の嬴異人

秦の王子。趙で人質になっているときに呂不韋と出会い援助を受けます。趙姫を気に入って妃にしました。趙姫との間には息子の嬴政(後の始皇帝)が生まれます。趙と秦の戦争の最中に呂不韋の助けで帰国。父・安国君が王になり嬴異人は太子になりました。その後、秦の王になります。呂不韋を重臣にして天下統一を狙いますが、志半ばで病に倒れます。

 ・荘襄王(嬴異人)の詳しい説明はこちら

趙(ちょう)の国

趙王室

趙丹(ちょう たん)/孝成王

大国・趙の国王。周囲の国との戦いや外交に頭をなやませています。大の女好きでたくさんんの側室がいます。

演じるのは王志飛(ワン・ジーフェイ)

声:内田直哉

歴史上の孝成王

秦と激しく戦った王。秦の昭襄王が送り込んだ秦軍に趙軍は大敗。都を包囲され陥落寸前まで追い込まれます。秦との激戦が続く中、嬴政(後の始皇帝)が即位する2年前に死亡。

厲(れい)/趙王妃

趙丹(ちょう たん)の正室。実子は娘の雅(が)王女のみ。蛟(こう)王子の後見人になって次の王にしようと考えています。踊り子として宮中にやってきた皓鑭に目をつけお付きの女官にします。

架空の人物。

孝成王には王妃がいたはずですが記録がありません。厲はドラマオリジナルです。

演じるのは 寧静(ニン・ジン)

声:深見梨加

趙蛟(ちょうこう)

趙の第一王子。孝成王の長男。母は高少妃。母の高少妃はすでに他界。厲王妃の養子になっています。次の王座を狙っています。

歴史上は孝成王には名前のわからない太子がいました。ほとんどドラマオリジナルです。

李家

李 赫(り かく)

李皓鑭の父。趙の御史(ぎょし=秘書)を務める重臣。自分の出世と家の繁栄を考えています。皓鑭の母を側室に降格。高敏を正室にしました。家のため娘を王子に嫁がせようとしています。皓鑭が行方不明になったことを知り探します。ところが路上で芸をしている皓鑭を見て激怒。皓鑭とは縁を切ってしまいます。最後は厲王后がひきおこした暴動に巻き込まれて死亡。

架空の人物。

演じるのは沈保平(シェン・バオピン)
中国歴史ドラマの脇役が多い俳優さんです。「瓔珞<エイラク>」では魏瓔珞の父・魏清泰を演じました。瓔珞を演じた呉謹言さんとは今回も親子の役です。

声:高桑満

王婉兒(おう えんじ)

架空の人物。
李皓鑭(り こうらん)の母。楚の国出身。
李 赫の正妻でしたが、出世を望む李赫と高一族によって妾にされてしまいました。第一話で高敏の命令を受けた手下によって井戸に落とされ命を落とします。

高敏(こうびん)

架空の人物。
李 赫(り かく)の正妻。実家の力を利用して皓鑭の母を妾においやり李 赫の正妻になりました。自分の娘・岫玉(しゅうぎょく)を王族に嫁がせようとします。皓鑭を追い出し、皓鑭の母を殺害しました。

高敏の詳しい説明はこちら
 (歴史上の人物ではないのでドラマ専門の姉妹サイトに移動します)

李岫玉(り しゅうぎょく)

高敏(こうびん)と李 赫(り かく)の娘。李皓鑭(り こうらん)の母違いの妹。周囲の人から愛される皓鑭に嫉妬。表向きはおだやかなふりをして実は姉の皓鑭を憎んでいます。王子の趙蛟(ちょうこう)が好きで、母の実家の力を使って趙蛟(ちょうこう)と結婚しました。しかし趙蛟は高家の力がほしいだけなので岫玉は愛していません。最後は宮中での策略に巻き込まれ命を落とします。

架空の人物。

演じるのは李春媛

「瓔珞<エイラク>」では舒妃・納蘭淳雪を演じました。「コウラン伝」でもヒロインのいじわるなライバル役です。

 

「コウラン伝」と「瓔珞<エイラク>」とはプロデューサーが同じなので同じ俳優さんがよく出ています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました