スポンサーリンク
4.7 清・金

乾隆帝 清の最盛期を満喫した最も幸福な皇帝

乾隆帝けんりゅうていは清朝の第6代皇帝 康煕帝・雍正帝・乾隆帝と続く清の最盛期の最後に出現した皇帝。清が最も豊かで栄えていた時代に皇帝だった人物です。 この時代、清はそれまでの中華王朝と満洲族、モンゴル人の領土に加え、チベット、ウイグル...
4.7 清・金

清王朝を作った満洲人(女直・女真人)とは?

清王朝を舞台にしたTVドラマが多く放送されるようになりました。 清王朝は中国王朝とはいっても漢や明王朝など漢人の作った国とは違います。言葉や名前、習慣など、私達日本人が思っている中国王朝のイメージとは違う部分があります。その一方で現代人が...
1.5 李氏朝鮮の人々

宜城君 申師任堂の恋人は実在したの?

宜城君(ウィソングン)は韓国ドラマ「サイムダン・色の日記」に登場する王族です。 劇中では若い頃に申師任堂(シン・サイムダン)と恋人になりました。結婚はできませんでしたが、成人後も再び出会います。 宜城君は世宗の子孫といわれていますが、本...
スポンサーリンク
4.7 清・金

穎貴妃 モンゴル出身の妃は第17皇子永璘の養母

穎貴妃(えいきひ)は清朝の第代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室です。 「瓔珞<エイラク>」では 穎妃・巴林氏 「如懿傳」では巴林·湄若 穎貴妃・巴林·湄若として登場します。 穎貴妃は乾隆帝の側室の中では若いほうです。穎貴妃は名家の出...
4.7 清・金

婉貴妃|健康に生きて92歳。乾隆帝の後宮で最も長く生きた側室だった

婉貴妃は清朝の第代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 婉貴太妃ともいいます。 「瓔珞<エイラク>」では婉嬪・陳氏 「如懿傳」では婉妃・陳婉茵として登場します。 ドラマではあまり目立つところのない婉貴妃ですが、92歳まで生きて乾隆帝...
4.7 清・金

順貴人・鈕祜祿氏 妃から謎の降格

順貴人・鈕祜祿氏は清朝の第代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 「瓔珞<エイラク>」では順嬪・鈕祜祿·沈璧(ちんへき)として登場します。 皇太后と同じ名門・鈕祜祿氏の出身。一時は順妃まで地位が上がりました。ところ、その後なぜか順嬪に格下...
4.7 清・金

慶恭皇貴妃 陸氏|令妃の息子・嘉慶帝を育て「生母と同じ」と言われた妃

慶恭皇貴妃 陸氏 は清朝の第6代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 一般には慶妃、慶貴妃として知られます。 「瓔珞<エイラク>」では慶妃・陸晩晩  「如懿傳」では陸沐萍 として登場します。 普通、皇貴妃は皇后の代理を務めるものが任...
4.7 清・金

香妃|乾隆帝を拒んで殺された悲劇のウイグル姫の正体とは?

かつて清朝には体からとてもよい香りがする美人の妃がいたといわれます。乾隆帝の妃「香妃」です。 香妃はウイグルから清朝に嫁いできました。しかし香妃は乾隆帝を拒み続け最後は皇后に殺されたことになってます。 香妃伝説にはいくつかのバリーション...
4.7 清・金

容妃(香妃)和卓氏|ウイグルからやってきたイスラム教徒の姫

容妃は清朝の第代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの側室。 ウイグル出身イスラム教徒の妃です。 俗説では「香妃」という名前で知られ。伝説化しています。 「瓔珞<エイラク>」では順嬪・録祜禄 沉璧  「如懿傳」では容妃・寒香見 として登場し...
4.7 清・金

栄純親王 永琪|乾隆帝が最も愛した皇子は25歳の若さで死亡

永琪は清朝の第6代皇帝・乾隆帝かんりゅうていの第五皇子。 子供のころから勉強熱心で 乾隆帝が最も高く評価していた皇子でした。 しかし骨結核という難病にかかり25歳でこの世を去ってしまいます。 長生きしていれば次の皇帝になったかもしれ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました