6 李氏朝鮮の人々

蒋英実(チャン・ヨンシル)は朝鮮最高の発明家

蒋英実(チャン・ヨンシル)は李氏朝鮮の科学者。朝鮮史上でも最高の科学者といわれています。実用性を重視する世宗にその才能を見出されて、低い身分から出世して朝鮮の技術を高めるのに貢献しました。 史実の蒋英実はどんな人物だったのか紹介します...
6 李氏朝鮮の人々

王女の男 キム・スンユは実在したの?

韓国歴史ドラマ「王女の男(原題:公主の男)」に登場するキム・スンユ。 王女の男は史実をモチーフに大胆なアレンジを加えたドラマです。ヒロインのイ・セリョンと結ばれるキム・スンユは架空の人物ですが、モデルになった人物がいます。 ...
4 李氏朝鮮の王女

敬恵公主(キョンヘコンジュ)は弟と夫を世祖に殺害された

「王女の男」に登場する敬恵公主(キョンヘコンジュ)は実在の人物。 かなりドラマチックな人生を歩んだ女性なんです。 弟の端宗が王になったものの、伯父・首陽大君に王位を奪われ。弟や夫も殺されてしまいます。敬恵公主も奴婢にされかけそうにな...
4 李氏朝鮮の王女

王女の男 ヒロイン イ・セリョン のモデル 李世熺(イ・セフィ)とは?

韓国歴史ドラマ「王女の男(原題:公主の男)」のヒロインはイ・セリョン。ヒロインのイ・セリョンが架空の人物なのは製作者側も語っているとおりです。王女の男は史実をモチーフに大胆なアレンジを加えたドラマなんですね。 でも、王女の男にはモチー...
2 高麗の重臣や人々

姜邯賛(カン・ガムチャン)は契丹と戦い高麗を救った英雄だった

千秋太后で、ソ・ヒとともに契丹に立ち向かう頼りになる武将カン・ガムチャン(姜邯賛)は実在の人物。 韓国では千秋太后よりも有名な人物だといわれています。 史実のカン・ガムチャンはどんな人物だったのか紹介します。 姜邯賛(カン・ガムチャン...
1 李氏朝鮮の国王

朝鮮 定宗 李芳果(イ・バングァ)は名前のない王だった

定宗は李氏朝鮮王朝の2代目の国王。李芳果(イ・バングァ)といいます。 李芳果は勇敢な武将でしたが、普段は温厚で野心のない人でした。父のためには勇敢に働きますが、自分で権力を持とうとは思わない武将だったのです。 ところが父が国王になっ...
1 高麗の国王と王族

高麗7代国王・穆宗は千秋太后の息子

高麗王朝第7代国王・穆宗は千秋太后の息子です。 18歳で即位しましたが、母・千秋太后が摂政となりました。 千秋太后と母の愛人・金致陽によって権力を握られ、思うような政治ができませんでした。 金致陽は康兆(カン・ジョ)によって排除さ...
5 李氏朝鮮の重臣

鄭厚謙(チョン・フギョム)はイ・サンの即位を妨害してホン・グギョンと対立。処刑された

イ・サンやホン・グギョンのライバルとして登場するチョン・フギョム(鄭厚謙)は実在の人物。平民出身ながらファワン翁主の養子になり宮中で権力を得ます。世孫(イ・サン)の即位を阻止しようとしますが、失敗。正祖(イ・サン)が即位すると粛清されました...
1 李氏朝鮮の国王

朝鮮 太祖:李成桂(イ・ソンゲ)は李氏朝鮮最初の国王

高麗を倒し、李氏朝鮮最初の王になった李成桂(イ・ソンゲ)。高麗時代は伝説的な活躍をみせた将軍でした。チョン・モンジュやチョン・ドジョンといった思想家やイ・バンウォンら息子たちとともに革命を起こします。やがて高麗王朝を倒し朝鮮王朝の最初の王と...
1 高麗の国王と王族

恭譲王(コンヤン王)は李成桂に担がれ高麗最後の国王になった

恭譲王(コンヤン王)は高麗最後の王様です。 王族とはいえ王座とは縁のない生活をしていましたが、イ・ソンゲ達に担がれて国王になりました。 しかしその王座も短期間で終わってしまいます。 高麗王朝最後の王という不名誉な立場になってしまっ...
2 高麗の重臣や人々

金致陽(キム・チヤン)は千秋太后の愛人で子供を王にしようとした

ドラマ「千秋太后」に登場するキム・チヤン(金致陽)は実在の人物。   ドラマでは高麗滅亡を目指す新羅王族の子孫という設定。千秋太后の愛人となります。歴史上のキム・チヤンは新羅王族の子孫ではありません。千秋太后の母方の親戚です。でも愛...
2 ドラマ人物

ソン・ジホン、意外な過去を持つ真面目なエリート役人

韓国ドラマ「オクニョ」で真面目な武官として登場するソン・ジホン。ユン・ウォニョンの娘ユン・シネの婚約者でもあります。最初はオクニョと対立しますが、ある秘密を知ってからは協力するようになります。 ドラマのソン・ジホンについて紹介します。 ...
タイトルとURLをコピーしました