中国ドラマ「皇帝の恋・寂寞の庭に春暮れて」29・30・31・32話 あらすじネタバレ

皇帝の恋あらすじあらすじ

中国ドラマ「皇帝の恋・寂寞の庭に春暮れて」は清朝の第4代皇帝・康熙帝の若き日の愛と苦悩を描くドラマ。

衛琳琅にかけられた、皇太后を呪ったという疑いは晴れました。

太皇太后は、琳琅に先帝(順治帝)の寵愛を一心に受けた端敬皇后について語りました。でも太皇太后は「その幸せは誰かの不幸と引き換えになったのだ」と言い。琳琅にもその意味を理解してほしいと言います。それを聞いて琳琅は複雑な気分になりました。

その後、康煕帝は琳琅や伴の者を連れて干ばつの害の視察に行くことになりました。皇太后は長慶を康煕帝に同行させるのでした。

「皇帝の恋・寂寞の庭に春暮れて」のあらすじを紹介します。

主なキャスト
康煕帝(こうきてい) 演:劉愷威(ハウィック・ラウ)
衛琳琅(えい りんろう) 演:鄭爽(ジェン・シュアン)
納蘭容若(ならん ようじゃく) 演:張彬彬(チャン・ビンビン)
太皇太后 孝荘(こうそう) 演:米雪(ミー・シュエ)
長慶(ちょうけい)演:張暁晨(ジャン・シャオチェン)
画珠(がじゅ) 演:張芷溪(ジャン・ジーシー)

スポンサーリンク

第29話 刺客襲撃

康煕帝とその一行は干ばつの被害地の視察に向かいます。

容若は、旅先でも仲睦まじい康煕帝と琳琅の姿を見るたびに心が痛んだ。

皇帝暗殺の準備を進める長慶はいよいよ実行のときだと思っていました。芸初を巻き込みたくない気持ちから芸初と分かれる決意をしました。

長慶はあえて芸初に辛くあたります。

突然の心変わりが信じられない芸初は、理由を探るため外出した長慶のあとつけました。すると長慶は林の中で見知らぬ男と会っていました。

2人の会話から長慶が人殺しをしようとしていると知って芸初は驚きました。

芸初は体調を壊してしまいます。琳琅は芸初が咳をしているのを見て薬草を採りに行きました。でも誤って猟師がしかけた罠にかかってしまいます。

琳琅を探しに来た康煕帝は、琳琅を発見しました。

しかし、琳琅と康煕帝を刺客が狙っていました。

第30話 憎き仇の名

康煕帝と琳琅は刺客に追い詰められて川に落ちてしまいます。岸にはいあがった康煕帝と琳琅は洞窟をみつけて、2人で一晩を過ごしました。康煕帝がみつけてきた毒キノコを食べようとすると琳琅がそれを止め、それが毒キノコだと教えます。2人きりの一時は皇帝に心の安らぎを与えてくれました。

そのころ容若たちは必死に康煕帝を探していました。

翌朝、康煕帝と琳琅は容若と合流。刺客は呉三桂の配下との報告を受けた康煕帝は、さっそく刺客の調査が進められました。

それを知った芸初は長慶に「悪事から手をひいて」と言いますが。長慶は聞きません。

康煕帝と琳琅は戻って依頼、ますますお互いを思う気持ちはますます深まっていきます。

芸初は仲直りしようと思ってお菓子を作って長慶に持っていきました。そっけない態度をとりながらもお菓子を食べる長慶。ところがその味は子供の頃に食べた母の味とそっくりでした。複雑な気分になる長慶。

一方、琳琅は兵が子供を捕まえようとしているのを止めに入り、倒れた棚の下敷きになり気を失ってしまいます。

琳琅の夢に現れたのは幼い頃にみた恐ろしい光景でした。

それは無残に命を奪われる家族の姿でした。

そして家族を殺す命令を出したのが皇帝だったことを思い出します。

恐怖のあまり目を覚ました琳琅は、康煕帝を振り切って逃げるようにして出ていきました。

スポンサーリンク

第31話 悲しい葛藤

琳琅はついに自分の家族が皇帝の命令で殺さられたことを思い出しました。

急に態度が変わった琳琅に康煕帝は戸惑います。訳を聞いても怒って「一生恨む」と言われてしまいます。

悩んだ琳琅は、容若と共に宮殿を出る決意をしました。ところが長慶に気づかれてしまいます。

長慶たちは2人の駆け落ちを待ち伏せして容若を捕らえました。そして長慶は琳琅に「皇帝の命か容若の命を選べ」と迫ります。

琳琅が容若の命を選ぶと、琳琅に康熙帝を暗殺するように命じるのでした。

宮殿に戻った琳琅は康熙帝の食事の用意をしました。しかし皇帝との思い出が頭に残り毒薬を食事に入れることができません。

結局琳琅は康煕帝を暗殺できないまま、長慶のもとに戻りました。琳琅は容若と二人で死ぬ覚悟でした。そこに康熙帝がやってきて長慶たちは逃げました。

第32話 画珠の僥倖

長慶は自分の目的が家族を死に追いやった康熙帝への復讐だ、だから一緒にはなれないと芸初に打ち明けてしまいます。

琳琅は康煕帝に「愛を受け入れられない」と言って、辛者庫への配置換えしてほしいと言います。

理由を言わずに拒む琳琅に康煕帝は怒りと悲しみを感じました。そして琳琅の願いを許さないばかりか、強制的にそばに置くことにします。

康煕帝は小徳子を呼び、琳琅を側室である「答応(とうおう)」の位を与えると命令しました。

また、琳琅を妬かせたい皇帝は画珠を琳琅よりも格上の側室にしました。決定を知らされて喜ぶ画珠ですが、それは琳琅へのあてつけだと知って落胆します。

琳琅は刺客の手に噛み付いたことを思い出し容若に話しました。

それを聞いた芸初は長慶の元に行き長慶の手に噛みつきました。容若が長慶を調べると歯型がありましたが芸初が噛み付いたものだと証言したので長慶は疑いは晴れるのでした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました