中国ドラマ「秀麗伝」33・34・35・36話あらすじとネタバレ

秀麗伝あらすじ

中国ドラマ「秀麗伝〜美しき賢后と帝の紡ぐ愛〜」のあらすじとネタバレです。

中国史上最も優れた皇后のひとりと言われる光烈皇后・陰麗華(いん・れいか)と後漢を建国した光武帝の愛と波乱の生涯を描くラブ史劇。

陰麗華は劉玄にとらわれ長安の宮殿で暮らしていました。陰家の者が救出に来ても自分が逃げたら劉秀の家族が危ないと考え、宮中に留まっていました。

勢力拡大を続ける劉秀に危機感を感じた劉玄は、劉秀を長安へ呼び戻そうとするのですが。

原題:秀麗江山之長歌行
原作小説:秀麗江山

キャスト

陰麗華(いん・れいか) 演:林心如(ルビー・リン)
劉秀(りゅう・しゅう) 演:袁弘(ユアン・ホン)
劉玄(りゅう・げん)  演:于波(ユー・ポー)
過珊彤(か・さんとう) 演:王媛可(ワン・ユエンカー)
劉縯(りゅう・えん)  演:宗峰岩(ゾン・フォンイェン)

スポンサーリンク

第33話 後宮の噂

劉秀は劉玄から「蕭王」の称号を与えられ「都に戻れ」と命令を受けました。でも劉秀は「まだ河北が不安定なので戻れない」と断って河北に留まり続けました。

激怒した劉玄は河北に武将を送りこみ兵権を取り上げようとします。劉秀は劉玄が送り込んだ武将たちを殺して兵馬を集めます。

劉玄は劉秀を制御できなくなってしまいます。劉玄は勢力拡大を続ける劉秀に恐怖を感じるのでした。

そのころ宮中では韓姫が張卯と結託。身ごもっている趙姫や趙姫と親しくしている陰麗華を排除しようと画策。趙姫は兵に襲撃されてしまいます。かけつけた劉玄と陰麗華のおかげで命は助かりましたが。お腹の子は無くなってしまいます。

犯人は韓姫だと考える劉玄、麗華は韓姫の背後に黒幕がいるはず。といいます。そこで劉玄は趙姫と陰麗華を守るため、韓姫の息子・劉鯉を陰麗華に預けました。

激怒した韓姫は劉伯姫をそそのかして陰麗華を殺させようとします。麗華が昏睡状態になりますが、意識をとりもどし劉伯姫を助けるように懇願。劉伯姫は荊州にとばされてしまいます。劉伯姫の夫・李通は「劉玄から遠ざけてくれたのだ」とほっとします。

第34話 絶体絶命

帰還した劉秀をもてなそうと過珊彤は汁物をもって劉秀のもとにむかいました。そして作業をしている劉秀に手作りの外套をかけてあげました。ところが劉秀は外套を脱いで冷たくあしらいます。

妻として尽くしているのにどうして疎んじるのかと言う過珊彤ですが。劉秀は「そうではない」と言います。過珊彤は「そんなに陰麗華が恋しいなら呼べばいい」と劉秀に告げて、軟禁中の麗華の様子を調べて欲しいと兄に頼むでした。

劉秀は銅馬軍との戦いに挑みました。大量の農民の寄せ集めの銅馬軍は食料が足りなくなって撤退。劉秀は銅馬軍を降伏させると支配下におきました。劉秀は一気に数十万の兵を手に入れました。周囲からは「銅馬帝」と呼ばれるようになります。

いよいよ劉秀の存在が我慢できなくなった劉玄は、劉秀を殺害しようと謝躬に劉秀殺害を命令。劉秀は謝躬の伏兵に襲われ崖から落ちます。もちろん劉秀は死なずに呉漢に助けられます。

一方、劉玄は「劉秀が死んだ」と聞いて喜んで陰麗華に会いに行くと。陰麗華は自害しようとしています。劉玄は自害を止めさえると「自害したら陰一族を滅ぼす」と脅すのでした。

スポンサーリンク

第35話 戦火の都

劉秀は配下の者から「もしものときにもあと継ぎは必要」と説得され。覚悟を決めて過珊彤と床入します。喜ぶ過珊彤。ところが翌朝、過珊彤は劉秀の「麗華」という寝言を聞いてします。

過珊彤は、陰麗華は劉秀の妻だったと知りショックを受けます。母から「今はお前が妻だ」と言われても納得しない過珊彤ですが、政略結婚でも陰麗華には負けないと気をとりなおします。

赤眉軍は劉秀軍から猛攻をうけて退却を続け、長安に近づいていました。

赤眉軍が迫っているので焦った張卯は劉玄を裏切り反乱を起こします。

張卯は長楽宮を奇襲、韓姫が斬られました。劉玄は陰麗華をつれて逃げました。さらに劉玄は王匡に命令して反撃させようとします。ところが元緑林軍と対立する趙萌が王匡の腹心を殺害したため、王匡は張卯と合流。一緒に赤眉軍に寝返ってしまいます。

劉玄の敗北は決定的。そこで馮異は劉秀に皇帝即位を勧めました。ところが劉秀は人質になっている麗華が心配で馮異の進言を聞き入れません。すると過珊彤が懐妊したと知らせがあります。

第36話 建武帝誕生

陰麗華は赤伏府を河北にいる劉秀に届けました。劉秀のメッセージをうけとり何やら納得した劉玄は皇帝に即位することを決意。

西暦25年。劉秀は漢の皇帝に即位しました。建武帝の誕生です。

その後、様々な職を決めました。馬武は河北の武将が優遇され、南陽から一緒に戦っている者たちが冷遇冷遇されていると文句を言いますが。馮異は今は一緒に戦うべきと馬武をなだめます。

その後まもなく劉秀に初めての息子が誕生しました。でも劉秀は、長安にいる陰麗華が心配なので息子の誕生を心からは喜べません。

その後。長安の朝廷は、赤眉軍と戦うか投降するかで真っ二つに割れていました。劉玄は徹底抗戦を主張するのですが、臣下に見捨てられてしまいます。

そして長安は落城。劉玄たちは宮殿を逃げ出すのですが赤眉軍に捕まってしまいます。

感想と解説

いよいよ劉秀の即位の場面ですね。

それにしても劉玄はあっけなかったですね。全然いいところがない。もう少し手強い感じを出しても良かったと思うけど。ドラマではやられ役だから仕方ないですかね。

劉秀は歴史上は「光武帝」と呼ばれます。
即位した元号が「建武」なのでドラマでは「建武帝」になってますね。

ところで。

ドラマでは配下から即位を勧められて断る。という場面があります。

史実では「劉秀は3回配下から皇帝になるように言われて断り、4回めに「赤伏府」を受け取り皇帝に即位した」から。

何回か断ったというのは「個人の欲で即位したのではない、頼まれたからだ」というアリバイ作りのための儀式(パフォーマンス)。

劉玄個人に特別な意図があったのではありません。儒教圏の王朝ではこういう儀式をよくやります。

ドラマでは「最初は陰麗華を心配したから断った」という理由になってます。この演出だと「じゃあなんで紙を受け取っただけで即位するんだよ」となるのでいまいちわかりにくいかも。

劉秀が受け取った「赤伏府」は簡単に言うと「劉秀が皇帝になるという予言」を書いた紙です。

史実でも劉秀が即位した時に「赤伏府」を使ったといいます。「神のお告げがあるのだから即位したんですよ」という演出のための道具です。

赤伏府の詳しい内容は諸説ありです。

有名なのは「劉氏が復興し、李氏が助ける」という予言。李通が持っていた物です。かつて前漢や新に仕えていた李通の父親からもらいました。予言というより「李家の願望」ですね。だから李通は劉兄弟に挙兵を勧めたんです。

史実では李通が持ってたことになってますが。ドラマでは陰麗華は李通からもらったことになってるんでしょう。

史実では劉秀は他にもいくつかの予言を利用したといいます。

こういう「予言を使った即位の仕方」は劉玄や劉秀たちが倒そうとしていた王莽が初めました。そして劉秀が真似て後漢を正当化しました。

今では「王になる予言」は中国・韓国ドラマでおなじみになってますね。王莽・劉秀が流行らせたんですよ。

 

「秀麗伝」あらすじ 全話一覧 はこちら↓
中国ドラマ「秀麗伝」あらすじ 全話一覧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました