不滅の恋人(大君) 第7話 あらすじとネタバレ

(ドラマガイドより。出典:楽天市場)

 

韓国時代劇「不滅の恋人(原題:大君)」第話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

不滅の恋人 第7話 あらすじとネタバレ

遠征に向かったフィを追いかけるチャヒョン

女真族討伐のため遠征したイ・フィ。ところがチャヒョンはフィを追って男装して遠征軍を追っかけていました。防寒服を渡そうとしていたのです。野営地でチャヒョンを発見したフィは驚きます。それはそうですよね。極寒の地に向かうフィのため防寒着を渡したかったというチャヒョン。フィとしてはそのまま帰すわけにもいかず、自分の宿舎にチャヒョンを迎え入れました。宿舎の中では傷ついた兵士が寝ています。チャヒョンを守るように横になるフィの姿が嬉しいチャヒョンでした。

翌朝。カンがチャヒョンを追ってやって来ました。チャヒョンが遠征軍についていったとの報告を受けて連れ戻しに来たのです。

チャヒョンの存在は遠征軍を率いていたヤンアン大君にも見つかってしまいます。戦に女を連れて行くとは王族の恥だとヤンアン大君は怒り狂います。結局、カンがチャヒョンを連れて帰ることになりました。

女真族と和議の交渉をするフィでしたが

一方、「戦地ではフィが敵と戦うのではなく和議をしてはどうか」と提案していました。ヤンアン大君はその言葉に責任を持ち女真族の族長に会いに行くように言います。フィは女真族と会いましたが交渉はうまくいきません。その夜、宿で女真族の父と朝鮮人の母をもつ女ルシげに会います。翌日、朝鮮軍が女真族に対して突然攻撃を仕掛けてきました。ヤンアン大君の策略でした。

女真族はフィが騙したと怒り出す女真族。フィは囚われの身となってしまいました。


PAGE TOP