不滅の恋人(大君) 第12話 あらすじとネタバレ

(ドラマガイドより。出典:楽天市場)

韓国時代劇「不滅の恋人(原題:大君)」第12話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

不滅の恋人 第12話 あらすじとネタバレ

カンのもとを訪れるチャヒョン

フィを助けるため、チャヒョンはカンの屋敷を訪ねました。そこにナギョムが現れ、フィを告発したのはチャヒョンの父ソン・オクだと言います。ショックを受けたチャヒョンは父を責めますが、家族を守るためにしたことだといわれ何も言えませんでした。

チャヒョンは密かに牢のフィに会いに行きます、牢番に賄賂を渡してフィと再開します。フィはチャヒョンの父のせいで投獄されたにもかかわらず、チャヒョンと家族のことを心配したのでした。

流罪になるフィ

数日後、フィの流罪が決まりました。フィとキトゥクは島流しになります。島に到着したフィを出迎えたのはト・ジョングクでした。ジョングクは婚礼の日に殺された重臣の息子。フィを敵と恨んでいました。カンはジョングクがこの島の監察官をしているのを知ってフィを流したのでした。

そのころチャヒョンはカンにフィを助けてくれるなら自分の身をカンに差し出すと決断し、遺書を残してカンの元に向かいます。チャヒョンは短刀を手にして死を覚悟してカンと会いますが、死ぬことはできませんでした。

流刑地ではフィがジョングクに襲われていました。忠臣の息子の手で命を落とすなら本望だと観念しますが、キトゥクが助けました。翌朝、フィの暮らす家に、捕虜たちがやって来ました。北方で助けられたことを恩に感じてフィに仕えたいというのです。その光景をジョングクは見ていました。

そのころ、チャヒョンは男装して家を抜け出しました。フィの流刑地に行こうというのです。


PAGE TOP