不滅の恋人(大君) 第15話 あらすじとネタバレ

不滅の恋人 不滅の恋人

(ドラマガイドより。出典:楽天市場)

 

韓国時代劇「不滅の恋人(原題:大君)」第15話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

不滅の恋人 第15話 あらすじとネタバレ

すれ違うチャヒョンとフィ

再会を喜びあうイ・フィとチャヒョン。でもフィはチャヒョンとイ・ガンの間に何があったのか質問せずにはいられませんでした。チャヒョンは自分の心が疑われていると感じて「それならなぜ私を助けたのですか」と反発して心を閉ざしてしまいます。何があってもフィだけは信じてくれると思っていたのに「フィはチャヒョンとカンの関係を疑っている」と思ったのです。またフィもチャヒョンとか変わったことで争いに巻き込んでしまったことを後悔していました。

王宮ではカンが皆から疎まれて悩んでいました。カンは明から王と認めてもらっていないのです。ヤンアン大君はソン・オクに明への上奏文を書かせカンを王と認めてもらおうとしました。

ト・ジョングクはイ・フィを暗殺した功績で出世していました。カンの信頼を得て義禁府の養殖についていました。ト・ジョングクはソン・オクに会っいました。上奏文を書いて明に行く使者となって承認を阻止することができると相談します。またチャヒョンが無事だと知らせます。

溶けた誤解と流罪になった上王

チャヒョンの侍女クッタンはチャヒョンとフィの仲が険悪なことを知ります。そこでチャヒョンがフィあてに書いた手紙をフィに渡しました。そこでフィはチャヒョンがどんな思いでカンのもとに行ったかを知ります。フィとチャヒョンの間の誤解は解けました。

ヨギョンはカンが側室にすると約束したと言ったことから、ナギョムはヨギョンの方目を潰します。その後、ヨギョンはナギョムへの復讐と自分を捨てたカンへの怒りの気持ちを抑えきれません。ヨギョンは妓楼でト・ジョングクと会い、フィの婚礼を襲った刺客の名簿を見せ王と闘う覚悟があるのかと問いました。しかしそこにフィがやってきます。

一方、王宮の弓場ではカンが手と顔の痛みでうずくまっていました。王が使う矢に毒が塗られていたのです。ヤンアン大君は「幼い上王の復位を目指す人間が命を狙ったのだ」と主張してカンは上王の流罪を決めます。連行される上王を見つめるフィとチャヒョン。2人は上王を奪い返すことを誓うのでした。

コメント