不滅の恋人(大君) 第17話 あらすじとネタバレ

(ドラマガイドより。出典:楽天市場)

 

韓国時代劇「不滅の恋人(原題:大君)」第17話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

不滅の恋人 第17話 あらすじとネタバレ

フィは女真族から密書を手に入れる

カンは女真族の使者を殺害した後、彼らの宿舎からカンと女真族の密約が書かれた密書を奪おうと探しました。しかし密書は見つかりません。一方のフィは女真族の使者のもとを訪れ、彼らと戦をする意思はない。手を取り合う機会を与えたいと告げます。心を動かされた使者はフィに笛を渡します。その笛の中にはカンが探していた密書が入っていました。

上王を匿うフィとチャヒョン

その帰り道、フィとチャヒョンは上王のいる山寺にカンが向かおうとしているのをしります。二人は先回りして上王を匿おうとしました。チャヒョンは山寺に残り時間を稼ぎました。

チャヒョンをみつけたカンは妻が与えた拷問に胸が痛くなりますが、フィの仲間とともに行動していることを知り心中穏やかではありません。チャヒョンはそんなカンに対して賭けに出ました、側室ではなく王妃にしろと言ったのです。カンは驚きました。しかし妻ナギョンが解任していることを告げられチャヒョンも驚きます。そしてチャヒョンは何事もなく帰されました。フィは縁起とはいえチャヒョンがカンを受け入れたように装ったことに複雑な気持ちでした。

ヤンアン大君の最期

数日後、ト・ジョングクは王妃ナギョムの兄チャジュンに、上王が謹慎中のやんあん大君のもとにいると言います。ヤンアン大君のもとに向かったチャジュンは上王の姿を目撃しました。さらに家の中から密書が見つかりました。フィの作戦でした。カンはヤンアン大君に裏切られたと思い激怒します。ヤンアン大君は逆徒の謀略だといいますが、カンは信じません。ヤンアン大君を死罪にしました。

ヤンアン大君は自ら育てたカンの手で命を失いました。


PAGE TOP