不滅の恋人(大君) 第18話 あらすじとネタバレ

(ドラマガイドより。出典:楽天市場)

 

韓国時代劇「不滅の恋人(原題:大君)」第18話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

不滅の恋人 第18話 あらすじとネタバレ

伯父を陥れたことに悩むフィ

カンが密書を燃やしていると、ヤンアン大君の死の報告がありました。カンは唯一の家族と思っていた伯父の死に喪失感を覚えます。そしてチャヒョンを恋しく思うのでした。

その頃、フィは伯父を討った罪悪感に悩んでいました。兄と同類になったと思ったのです。チャヒョンはそんなフィを「己を汚さず的に勝つことはできません」と励まします。昔のチャヒョンなら口にしなかったような言葉に驚くフィ。変わってしまった自分が嫌いかと尋ねるチャヒョンに「強くなり美しくなった」とこたえるフィ。

フィが生きていることを知る大王大妃とカン

フィは自分と上王の無事を大王大妃に知らせることにしました。チャヒョンは大王大妃に会い、フィの手紙を届けます。我が子の無事を知った大王大妃は慟哭しました。

カンもフィが生きているとと知り黒幕がフィだったと気づきます。チャヒョンを呼び出し、王妃になりたいと言ったのはフィを匿うためだったのかと問い詰めますが、チャヒョンは白をきります。そのころ、ソン・オクが明から帰国します。明の承認がえられればカンの王座は安泰になるはずでした。しかし明の答えは「使節団を派遣するので王に謁見する」というもの。焦ったカンは上王を探し出すように命令しました。

決起の前夜

フィは上王の復位のため行動を起こします。ソン・オクに強力をもとめました。またフィのもとにもかつて北方で助けた者たちが集まってきました。

決起前夜「明日が終われば平和が訪れ、夫婦になれる」とフィはあえて明るくチャヒョンに言います。しかし今夜が永遠の別れかもしれないという恐怖が二人を襲います。チャヒョンは「今夜私は大君様の真の花嫁となります」と想いを告げます。フィはチャヒョンの気持ちに心をうたれ二人は一つになりました。

翌朝、フィはチャヒョンを巻き添えにしたことに後悔しますが、チャヒョンはもし生涯を閉じることになっても後悔しないと言います。フィはチャヒョンに必ず戻ってくると近い、ルシげたちとともに出発しました。

 


PAGE TOP