オクニョ 第8話 あらすじ

2017年7月8日

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第話のあらすじです。

明の使節を暗殺したパク・テスとオクニョたち。しかしパク・テスが殺害され、オクニョが班員にされてしまいました。オクニョは牢に入れられてしまいます。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

 

オクニョ 第8話 あらすじとネタバレ

投獄されたオクニョ

オクニョはパク・テス殺害の罪を着せられて投獄されてしまいました。カン・ソノに自分は無罪だと訴えますが、逆らわずに認めるように言われます。オクニョはパク・テスが最後に「ユン・ウォニョンの陰謀だ」と言ったことを伝えると、カン・ソノはその名前を出せば命はないと言います。オクニョはカン・ソノから自分が救うから助けを待てと言われるのでした。しかし、カン・ソノはウォニョンにオクニョを殺せと命令されます。カン・ソノは悩みつつもオクニョの牢に刺客を送ることを決断しました。

ピンチを脱したテウォンは北京で商売を成功させる

オ・ジャンヒョンが死んだと聞いたコン・ジェミョンは全財産を失うとやけ酒を飲んでました。そこにユン・テウォンが戻ってきました。テウォンは北京で商売を成功させてきたのです。テウォンは北京でオ・ジャンヒョンと敵対していたチン・ピロに会いに行きました。テウォンはチン・ピロに暗殺の疑いがかからないように根回しを勧めます。おかげでチン・ピロは助かりました。その礼に交易の許可をもらい北京での交易を成功させたのでした。

 

オクニョが牢にいることを知ったテウォン

テウォンはオクニョが漢城府でとらわれていることを知り、尋ねました。なぜ囚われたのか尋ねますがオクニョは答えません。漢城府を後にしたテウォンはオクニョとともに明に行ってきたチュ・チョルギを見つけました。チョルギは内禁衛のキ・チュンスに追われていました。チョルギをたすけたテウォンはオクニョが牢にいる理由を尋ねますが、逆に脅されました。

テウォンの正体が明らかに

テウォンがチョン・ナンジョンに異様に敵対しようとするをふしぎに思うコン・ジェミョンはトチからテウォンの正体を知ります。テウォンはユン・ウニョンの側女室の息子だったのでした。妓生だったテウォンの母は、チョン・ナンジョンが側女となりテウォンと母はウォニョンに捨てられたのでした。

 

オクニョ

Posted by Fumiya


PAGE TOP