オクニョ 第14話 あらすじとネタバレ

2017年7月8日

 

 

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第14話のあらすじです。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

 

オクニョ 第14話 あらすじとネタバレ

安国堂の奥様が亡くなる

 ユンウォニョンの正妻・安国堂の奥様を毒殺を支持した者を伝えようとしたミョンソンは刺客にとって息絶えてしまいます。オクニョとユン・テウォンはチョン・ナンジョンの指示だと言いますが、刑曹の役人は証人が死んだので力にはなれないと言いました。

テウォンが一人で酒を飲んでいるとチョン・マッケが来ました。ユン・ウォニョンが会いたがっているというのです。しかしテウォンは断りました。

オクニョが安國堂に行くと、奥様が瀕死の状態になっていました。テウォンに抱きかかえられた奥様は、恨みを忘れて生きてほしいと言い息絶えました。

妻の訃報を聞いたウォニョンは、安国堂に弔問に訪れました。そこでテウォンと会います。テウォンは奥様を毒殺したのはチョン・ナンジョンだと言いました。ウォニョンは怒りますが、動揺していました。家に帰ったウォニョンはナンジョンに妻を毒殺したのかと聞きましたが、ナンジョンは否定しました。

文定大妃に会うオクニョ

オクニョは文定大妃から呼び出されました。宮中に入らないかと誘われましたが、典獄署にいたいと言いました。他に望みはないかと聞かれると、パク・テスの身分を回復させてほしいと言いました。

その後、チョン・ナンジョンは文定大妃の元を訪れ正妻にしてほしいといいます。大妃は正妻が死んだばかりなので難しいと言います。しかし、ナンジョンは涙を流して頭を下げついに正妻になりました。

パク・テスの孫が見つかる

凶作で典獄署に米が回らなくなりました。オクニョはテウォンに会い、ナンジョンが不当に溜めている米を奪う計画をもちかけました。テウォンも賛成します。

オクニョはチョンドンからパク・テスの孫を探し出したと連絡を受けます。孫を育てたのは富豪のソン・ファノク。孫の名はソン・ジホンでした。

オクニョ

Posted by Fumiya


PAGE TOP