オクニョ 第24話 あらすじとネタバレ

 

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第24話のあらすじです。

オクニョは巫女のふりをして奴婢にならずにすみました。ソン・ジホンとオクニョはパク・テスの遺品を探します。遺品を探し出したソン・ジホンたちに悲報が届きました。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

 

オクニョ 第24話 あらすじとネタバレ

オクニョは巫女として有名に

オクニョはソン・ジホンからパク・テスの遺品探しを手伝ってほしいと頼まれます。

ソン・ジホンは父の誕生日の宴のために帰省したいと観察使に届出ます。そのとき祝いに父の運勢を占わせたいとオクニョの同行も願い出ました。ソン・ジホンの願いは聞き届けられます。ところがオクニョ達が出発しようとしたところ、徳興君がやってきました。自分に下賜されるはずだった官婢が巫女だったという話を聞いて興味をもったのです。徳興君はオクニョに運勢を占わせます。オクニョは徳興君の息子が強運の持ち主で、恐れ多くて言えないほどの高い地位につくと言いました。

平市署の署長になったテウォン

ユン・テウォンは平市署の署長になったことにチョン・ナンジョンは 怒っていました。テウォンが自ら署長の座を望んだと知ったナンジョン。ミン・ドンジュは商団を潰すために署長になったのではないかと言い、ナンジョンはさらに警戒を強めます。

ユン・ウォニョンはテウォンに対して、署長としての力を示すためにも松都の大商人ソン・ファノクを摘発するように勧めました。

パク・テスの遺品をみつけたソン・ジホン

ソン・ジホンとオクニョは同行者のチャン・ソンプンを先にいかせてパク・テスの遺品を探しました。地図を頼りに探すと、海辺の洞窟でした。洞窟に入りパク・テスの遺品を見つけました。中には大量の金塊とパク・テスが女真族を討伐した功績を認める明の皇帝の勅書が入っていました。

ユン・テウォンはソン・ジホンの父を標的に

テウォンはトチとチョンドンにソン・ファノクの商団を調べさせます。トチたちからソン・ファノク商団が禁制品の闇取引をしていると聞き摘発を行いました。ソン・ファノクは捕らえられ財産を没収されました。あまりにもショックにソン・ファノクは倒れてしまいます。ソン・ジホンはその知らせを聞き急ぎますが、ファノクは死んでしまいます。

取締をおこなったのがテウォンだと聞き、オクにょとジホンは驚きました。ジホンはテウォンとウォニョンに復讐を誓います。

 

オクニョ

Posted by Fumiya


PAGE TOP