オクニョ 第5話あらすじ

2017年4月30日

韓国歴史ドラマ「オクニョ・運命の女」第5話のあらすじです。

補盗庁の茶母になれなかったオクニョでしたが、体探人にならないかと誘われます。迷った末、体探人になること決めたオクニョ。ユン・テウォンにも転機が訪れます。

ネタバレになる要素を含んでいます。ストーリーを知りたくない方はご注意ください。

 

オクニョ 第5話あらすじとネタバレ

体探人に誘われるオクニョ

オクニョは武装した男たちに捕らえられました。目隠しをされて連れて行かれると、そこにいたのはカン・ソノでした。彼は補盗庁の役人でしたが裏では体探人として活動していると語りました。カン・ソノはオクニョに体探人に誘いました。悩んだオクニョはパク・テスに体探人の話をします。パク・テスはもし体探人に誘われてもなってはいけないと言いました。しかし、オクニョは体探人になれば母の死の謎をとけるかもしれないと考え体探人に鳴ることにしました。

ユン・テウォンに転機が訪れる

ユン・テウォンは妓楼の主ファン・ギャハに頼まれてコン・ジェミョンを素素楼につれていきます。明の使者オ・ジャンヒョンが来ました。ジャンヒョンはジェミョンを見ると涙を流して喜びました。オ・ジャンヒョンはかつてコン・ジェミョンが仕えていた主でした。オ・ジャンヒョンは明に逃れ宦官として生きていました。ユン・テウォンはチョン・ナンジョンに対抗できるチャンスだと考え、オ・ジャンヒョンが明に帰るときに同行できるように直談判して認められました。

使節暗殺を目論む文定大妃とユン・ウォニョン

慕華館に滞在しているオ・ジャンヒョンはユン・テウォンに監視されていました。何者かがオ・ジャンヒョン密書を渡しました。密書を渡したのは大尹派を粛清したとき、処刑に追い込んだ者の弟だとわかりました。先王の死の真相とユン・ウォニョンらの悪事が書かれているらしいこともわかりました。それが明の皇帝に知られたら立場が危うくなります。文定大妃は殺して食い止めよと命令しました。

体探人になる最終訓練を受けるオクニョ

オクニョは体探人の訓練をはじめました。最後の試験では謀反を企てているという補盗庁の元大将の暗殺を命令されます。オクニョは元大将の屋敷に侵入しますがもう少しというところで捕らえられてしまいました。オクニョは拷問にかけられませすが耐え続けます。オクニョは気絶しましたがが、気がつくとカン・ソノらがいました。拷問に屈しないことが最終試験だったのです。

オクニョ

Posted by Fumiya


PAGE TOP