趙王妃・厲氏(コウラン伝)後宮の権力者の虚しい最期

コウラン伝6 ドラマの話題

趙王妃・厲(れい)氏は中国ドラマ「コウラン伝・始皇帝の母」に登場する人物。

古代中国・春秋戦国時代を舞台にしたドラマで、趙の国の王妃です。

主人公・ 李皓鑭(り こうらん)を認め自分の側近にしますが。じゃまになると命を奪おうとする冷酷な人物です。

架空の人物なので人物紹介するとあらすじの紹介になってしまいます。ドラマのネタバレも含まれているのでご注意ください。

スポンサーリンク

厲氏

趙の孝成王・趙丹の正室。

趙の王妃です。

 孝成王は実在の人物なので、王妃も実在したはずです。でも孝成王妃の名前や家族・子供がいたかどうかなど、まったく情報がありません。

というわけなので、王妃・厲氏はドラマオリジナルの設定になりました。

ドラマでは冷酷で頭のよい人物として描かれます。

趙王の後宮を仕切っています。後宮では側室(少妃)にも容赦のない権力者です。その一方で自分の立場を守るためには、部下を切り捨てることも平気でします。

実の子は雅王女だけ。雅王女は非常にかわいがっています。

そこで高少妃の生んだ蛟王子を養子にしました。息子がいなかったので将来の自分の地位を安泰にするために息子が欲しかったからです。でもそのせいで高少妃は子供を奪われ死に追いやられてしまいます。

他の側室が生んだ羽王子、逸王子も形の上では厲氏が嫡母になっています。王位後継の可能性がある子どもは立場上は正室の子供にしているようです。こういうしきたりは他の王朝でもよくありますね。

娘の雅王女をかわいがっていますが、雅王女と嬴異人の結婚には反対。人質としてやって来た敵国の王子と結婚したら苦労すると思っているからです。

李皓鑭を側近にする

李皓鑭を気に入り王妃付きの女官にします。

李皓鑭が来るまでは蕭紅葉という女官が王妃付きの女官になっていました。ところが厲王妃が李皓鑭を気に入って採用するのが気に入りません。蕭紅葉は厲王妃をそそのかして李皓鑭を殺させようとします。そかしその思惑は失敗。厲王妃は蕭紅葉に死罪を命じます。

妹を殺害

厲雪黛という妹がいます。秦の国に人質に行ってましたが息子をつれて趙に帰って来ました。挑発する妹に対して冷静に対応しますが、裏では呂不韋と李皓鑭を使って厲雪黛を落としいれ命を奪いました。その結果。李香蘭が牢に入れられ命を落としそうになります。でも厲王妃は助けません。厲王妃が関わっていることを知られたくないからです。

李皓鑭は何度か危ない目に会います。厲王妃は表立っては助けません。実力のないものは必要ないからです。

愛人も切り捨てる

厲王妃には愛人がいました。愛人といるところを李香蘭に見られ、李皓鑭を絞め殺すように命じますが趙王が来てやめさせました。

その後、女装した愛人は羽王子に捕まります。呂不韋はその愛人を使って李岫玉を陥れました。厲王妃は呂不韋が嘘を行っているのを知ってましたが、不倫がバレるのを防ぐため呂不韋の言い分をみとめました。

このとき愛人にはばれたら家族を皆殺しにすると脅しました。王位の意図を理解した愛人は自ら命を断ちます。

小細工する少妃(側室)たちを処分

李皓鑭が韓少妃の罠にかかり投獄されても放置します。少妃が李皓鑭を助けるふりをして門に誘い出そうとしたのを知り。白虎門に行く途中で李皓鑭を捕まえます。そして少妃たちの目の前で罰を与えます。それを知った趙王が止めにきて李皓鑭を助けました。王が去った後、李皓鑭を利用して王妃を陥れようとした雲少妃と梅少妃に罰を与えます。王妃のしたたかさと権力の強さを見せつけられた少妃たちは王妃に逆らえなくなりました。

厲王妃は嬴異人と李皓鑭の結婚を認めます。雅王女はその決定に反対しましたが、厲王妃は雅王女の言い分を退け下がらせました。秦との戦争は避けられそうもないのにわざわざ一人娘を結婚させるはずがありません。

反乱

その後、ふがいない超王にがまんできなくなった蛟王子は雅王女とともに反乱を起こします。しかし反乱は失敗。なんと早まったことをとしかりますが、娘だけは助けようとします。投獄された雅王女を密かに逃しました。そして「李皓鑭を殺して欲しい」という雅王女の言い分を聞いて李皓鑭を殺そうとします。韓少妃が来て李皓鑭を助けました。厲王妃はその韓少妃を毒殺します。

趙王は逸王子に王位を譲ると発表。

その後、厲王妃はみずから反乱を計画。超王を毒殺しようとします。それが失敗すると剣で王とともに自分を刺して自害しました。趙王は一命をとりとめましたが、王妃は助かりませんでした。

韓少妃に警戒しながらも冷静でな判断力と冷酷な決断力で自分の地位を守り続ける厲王妃。その人生の中で多くの人の命を奪いました。しかし最後は娘や義理の息子を失いました。将来と王の信頼を失った王妃は自ら反乱を起こし、失敗すると死を選びました。

後宮で絶大な権力を誇った女性の虚しい最期です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました