中国ドラマ「皇帝の恋・寂寞の庭に春暮れて」33・34・35・36話 あらすじネタバレ

皇帝の恋あらすじあらすじ

中国ドラマ「皇帝の恋・寂寞の庭に春暮れて」は清朝の第4代皇帝・康熙帝の若き日の愛と苦悩を描くドラマ。

長慶は仲間の呉子墨とともに康煕帝暗殺計画を実行に移します。

芸初はとつぜん冷たくなった長慶に納得できず。あとを付けて、長慶が刺客の仲間だと知ってしまいました。

それでも長慶が捕まらないように隠そうとする芸初は・・

「皇帝の恋・寂寞の庭に春暮れて」のあらすじを紹介します。

主なキャスト
康煕帝(こうきてい) 演:劉愷威(ハウィック・ラウ)
衛琳琅(えい りんろう) 演:鄭爽(ジェン・シュアン)
納蘭容若(ならん ようじゃく) 演:張彬彬(チャン・ビンビン)
太皇太后 孝荘(こうそう) 演:米雪(ミー・シュエ)
長慶(ちょうけい)演:張暁晨(ジャン・シャオチェン)
画珠(がじゅ) 演:張芷溪(ジャン・ジーシー)

 

スポンサーリンク

第33話 明かされた素性

長慶と呉子墨はあらたな皇帝暗殺計画をたてました。

被災地で康熙帝が住民に施しをしていると、呉子墨が騒動をおこして民衆が混乱します。そのすきに長慶が康煕帝に襲いかかりました。

琳琅がとっさに康煕帝をかばったので、康煕帝は無事でした。でも琳琅は刃を受けてしまい怪我します。

康煕帝は琳琅の行いをみて愛があると確信します。琳琅の態度は冷たいままだったので、その理由を知りたいと思います。

そんな中、康煕帝は「容若と琳琅が幼なじみ」だと画珠から聞かされ驚きます。康煕帝は琳琅を訪ねて隠していた理由を聞きました。琳琅は自分の過去を話す決意をしました。

自分がチャハル親王アブダイの娘でること。康煕帝の命令で家族を殺さられた怨みがあることを話しました。

康煕帝はアブダイが謀反人オーバイの仲間であると説明しますが。琳琅はたとえ父がそうだったとしても母や兄弟は無実だと訴えます。

康煕帝は過去を忘れて自分と一緒になってほしいと思いますが、琳琅にはそれはできません。

康煕帝は容若を呼び出して、琳琅を遠くに連れて行ってほしいと頼みます。

容若は琳琅を守ると約束しました。

第34話 芸初との別れ

長慶は康煕帝を狙った刺客だとバレてしまいました。

芸初も琳琅から問い詰められ長慶が康煕帝を襲った刺客だと疑われていることを知りました。

琳琅のすすめもあり芸初は長慶とともに宮殿を出ていくことにします。

芸初は長慶に夜になったら井戸で落ち合って逃げようと伝えました。長慶は最初は拒もうとしましたが、芸初を

夜、芸初は井戸で待っていましたが。長慶はなかなか来ません。そこに人影がきました。芸初は長慶だと思って飛び出しました。でもそれは兵に追われていた刺客。そして兵の放った矢が芸初に命中してしまいます。芸初は倒れました。

ようやく長慶がたどり着くとそこには芸初が倒れていました。意識が遠のく芸初を抱きしめて長慶は名前を呼び続けました。取り乱した長慶は兵士に捕らえられてしまいます。

芸初の死を悲しむ琳琅は、芸初に死化粧を施していいました。すると芸初が身につけている三角鏢と銀のかんざしを見つけます。琳琅は芸初が付き合っていた長慶が自分の兄だと知ってしまいまい、衝撃をうけます。

琳琅は宮殿に留まることを決意、そのことを皇帝に伝えました。涙して喜ぶ康煕帝。そして琳琅は長慶は刺客ではないと訴え、長慶は釈放されました。

琳琅は、芸初を失い悲しむ長慶に自分が妹の良児だとうちあけました。長慶は驚きましたが、涙を流して喜びます。

そして琳琅は長慶に復讐をやめるように言いますが、長慶は復讐をやめるつもりはないと話すのでした。

その後、琳琅は呉子墨たちに誘拐されてしまいます。呉子墨たちは琳琅を使って康煕帝をおびき出そうとしていました。

スポンサーリンク

第35話 靴の中の毒虫

長慶は誘拐された琳琅を呉子墨から奪い返しました。

琳琅はこのまま二人で逃げて兄妹の穏やかな生活を始めようと言います。長慶は琳琅の望みを聞くように装いますが、琳琅を気絶させて康熙帝のもとに連れ帰りました。

手柄をたてた長慶は御前太監に取り立てられました。ついに長慶は康熙帝のそばまでやってきました。

それからというもの。琳琅は復讐を諦めない兄から康煕帝を守るため、一時も離れずにそばに仕えました。

ついにある日。長慶が投げた石にあたり小徳子が深手を負ってしまいます。

さらに康熙帝の靴に毒虫が入っているのが見つかりました。容若が虫に刺されてしまいしばらく休養することになります。

第36話 御前​太​監​の殺意

琳琅ばかり大切されて康煕帝からかまってもらえない画珠は太皇太后を訪ねました。康煕帝が夜伽を選ばず琳琅と寝食を共にしていることを告げ口します。

太皇太后は康煕帝と琳琅を呼び出して叱ると、琳琅は乾清宮への出入りを禁止されてしまいます。

そして、画珠は夜伽として指名されました。自分がいない間、康熙帝が狙われるのではないかと心配する琳琅は、側仕えの宮女にその役割を頼みますが。

康熙帝は画珠のところには行かず、琳琅のもとにやってきて二人で過ごしました。康熙帝から相手にされない画珠は長慶に相談しました。

長慶は書斎に忍び込みお香に毒薬を混ぜました。香の成分を吸って意識が朦朧とする康煕帝。そこに嫌な夢を見て康熙帝の危機を感じた琳琅が駆けつけました。琳琅は小徳子に身の回りの物に注意するようにと頼みます。

画珠は琳琅の行いが理解できず文句を言いますが。

長慶の企みは失敗、康煕帝の命は助かりました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました