中国ドラマ「黄泉がえりの皇妃 〜鳳凰の涙〜」31・32・33・34話あらすじとネタバレ

黄泉がえりの皇妃0 あらすじ

中国ドラマ「黄泉がえりの皇妃 〜鳳凰の涙〜」あらすじとネタバレです。

龍騰大陸という架空の中華世界では大楮(だいちょ)、大蜀、南峪の三国が勢力争いをしていました。

皇帝は桓将軍が重臣を招いて宴をひらいていると聞き、皇帝は怒って屋敷をおとずれました。姚丞相が機転をきかせて亡くなった辰妃の追悼のためだと説明。その場はなんとか収まりました。でも皇帝は桓将軍を疑っていました。

桓将軍は軍を率いて国境に向かいました。韋奇があとを追います。桓将軍はまさか弟子が自分を追いかけてくるとは思っていませんでした。桓将軍は弟子に盲目的に従うようなこ者にはなってほしくないと思いますが、韋奇は桓将軍を連れて帰ると言います。そこに皇甫俊休が兵を率いてやってきました。韋奇はしかたなく退却するのでした。

桓将軍は莽原で桓采児と再会、姚莫婉からの手紙を読みます。

皇帝は桓将軍が逃げたことを知りました。夜君清を呼び出しますが夜君清はとぼけます。皇帝は千面にこの件の調査を命令。韋奇を拷問するのでした。

姚素鸞は桓将軍の件について皇帝にあれこれと吹き込みます。皇帝の疑念は膨らみ、臣下たちを監視するために人を派遣。そして皇帝は姚震霆を投獄してしまいます。

 

スポンサーリンク

主なキャスト

夜君清(や・くんせい)
演:陳哲遠(チェン・チョーユアン)
肅親王。大楮皇帝の弟。

姚莫婉(よう・ばくえん)
演:李墨之(リー・モージー)
姚家の三女。

夜鸂奕(や・こうえき)
演:張峻寧(チャン・ジュンニン)
大楮国の皇帝。

姚素鸞(よう・そらん)
演:張璇
大楮皇帝 夜鸂奕の側室、麗妃

姚莫心(よう・ばくしん)
演:程硯萩(チェン・イエンチュウ)
大楚皇后。皇帝 夜鸂奕の妻。

第31話 貫いた愛

 

皇帝 夜鴻奕は皇后の衣装を着た姚素鸞を見て激怒、彼女の首にナイフを突きつけました。そして配下の者たちに夜君清や姚莫婉たちを皆殺しにするように命令します。

千面は夜君清を襲撃、そこに奔雷が助けにはいります。

姚莫婉を助けに入った殷雪が皇帝を仕留めようとしたとき、姚素鸞が皇帝をかばいました。血を吐きながら崩れ落ちる姚素鸞。彼女は皇帝の胸の中で息絶えました。

姚莫婉たちの裏切りに悲しむ皇帝は、自分の味方は姚素鸞だけだったと後悔するのでした。

夜君清と姚莫婉は大殿を撤退。扉を締めて兵士たちを足止めします。途中、夜君清は、父親の亡骸を見て取り乱す姚莫婉を引き離して城門まで逃げ延びました。

皇帝は夜君清たちが莽原まで逃げたことを知ると、夜君清に恨みを持つある者を使って夜君清を始末しようと企むのでした。

 

スポンサーリンク

第32話 異国での危機

 

夜君清と姚莫婉は長風公主の案内で逃げていましたが。罠にかかって長風公主は命をおとしてしまいます。涙をこらえて前に進む夜君清たち。

ところが南峪王のもとにある知らせが届きました。南峪王は長風公主を殺したのは夜君清と姚莫婉だと信じてしまいます。

夜君清は一人で南峪王の所に行きました。そして自分の命と引き換えに、援軍を出ように約束します。夜君清は南峪王の用意した毒酒を飲みました。殷雪に護衛されて姚莫婉が到着したころ、彼女が見たのは城門で縛られている夜君清でした。

姚莫婉は南峪王の所に行き、夜君清の無実を訴えます。怒る南峪王は姚莫婉を拷問にかけました。それを知った唅月公主は父に拷問をやめさせるように言います。南峪王も二人が犯人でないことは気づきましたが、娘を失った怒りを堪えられません。姚莫婉はボロボロになりながらも耐えました。心を動かされた南峪王は3日以内に真犯人が見つかれば夜君清を解毒して援軍も出すと約束するのでした。

 

第33話 再びの婚礼

 

夜君清率いる義軍の城は大蜀軍に包囲されていました。

大蜀軍と夜君清たち義軍は和平交渉しました。ところが大蜀の太子・楚漠北は、和睦の条件として姚莫婉を差し出せといいます。大蜀の太子妃にするというのです。それを聞いた夜君清は激怒。夜君清は姚莫婉を奪われなくありません。楚漠北とは戦場で決着をつけてやると思ってます。

姚莫婉は楚漠北に戦いをやめて欲しいと願っていました。でもなぜ楚漠北がそのような条件を出すのか不思議で、なにかあるのではと考えるのでした。

夜君清が莽原を視察すると食料が不足して餓死者が出ていることがわかりました。寒錦衣に包囲の抜け道を探らせますがすでに封鎖されていることがわかります。街の中では住民達が食料を争い殺人事件も起きています。

いたたまれなくなった姚莫婉は一人で大蜀の陣営にやってきて皇太子妃になることを受け入れるのでした。そして楚漠北が夜君清と同盟してくれることを望むのでした。楚漠北と夜君清が手を組めば大緒に対抗できると説得します。

ところがそれを知った夜君清は激怒。大蜀の死者を射殺してしまいます。

 

第34話 続く攻防

 

姚莫婉と楚漠北の結婚式が行われました。祝宴に集まった来賓の人々は人々は乾杯して酒を飲みます。すると酒を飲んだ人々は次々に倒れてしまいました。

莫婉は驚きますが、大蜀王は笑いながら前に出てきました。なんと大蜀王だと思っていた人物は大緒の皇帝 夜鴻奕が変装したものでした。手下の鉄血軍団も現れます。夜鴻奕は鉄血軍を密かに大蜀に潜入させ、大蜀皇帝・楚熙を暗殺、大蜀の皇帝に変装していたのです。莽原を攻めさせたのも変装した夜鴻奕でした。

そのとき夜君清が兵を率いて門を破って突入してきました。高官たちも立ち上がり、一気に立場が逆転。夜鴻奕は兵たちに囲まれてしまいます。

楚漠北は父が何者かに殺されたことに気づいており、復讐するために姚莫婉に協力を求めたのでした。夜鴻奕は罠にかけたつもりがハメられていたのです。

夜君清と夜鴻奕は戦いました。しかし夜鴻奕は自分に不利だと思うと逃げ出します。

そして大曙、南域、莽原が同盟を結び、大褚への攻撃が始まりました。

 

 

・「黄泉がえりの皇妃」あらすじ全話リスト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました