千秋太后・悪女?それとも強い女性?常識破りの波乱の人生

2017年7月8日

ドラマにもなった千秋太后は高麗の歴史上は悪女として描かれている女性です。

息子が即位すると摂政として権力を握りました。王妃でありながら王の死後は愛人を作り子供まで生まれました。愛人との間に産まれた子供を次の王にしようとしたとも言われています。

史実の千秋太后はどんな人物だったのか紹介します。

 

千秋太后(献哀王后)の史実

いつの時代の人?

生年月日:964年
没年月日:1029年

名前:名字は皇甫壽(ファンボ・ス)
称号:献哀王后(フネワンフ、けんあいおうこう)
別名:千秋太后(チョンチュテフ、せんしゅうたいごう)、崇德宮主(スンドククンジュ)
父:王旭
母:宣義王后柳氏
夫:景宗(高麗第5代国王)
内縁の夫:金致陽

子供:穆宗(高麗第7代国王)

彼女が生きたのは964年~1029年。主に高麗王朝の5代景宗~7代景宗の時代に生きた人です。

日本では平安時代の人になります。

名前はファンボ・ス。名字が皇甫(ファンボ)、名前が壽(ス)です。名字が二文字、名前が二文字なのは朝鮮半島では珍しいですね。

おいたち

初代高麗王・ 太祖を祖父にもち。太祖の息子・王旭と夫人柳氏の間に生まれました。

同母兄は6代国王・成宗。同母妹に献貞王后皇甫氏がいます。

祖母が皇甫氏だったので献哀王后と妹の献貞王后は皇甫氏を名乗っていました。

献哀王后時代

高麗5代国王景宗の第3王妃・献哀王后となりました。側室ではありません。高麗は一夫多妻制だったので王妃が複数いることもありました。妹は第4王妃・献貞王后になりました。

景宗はいとこになります。豪族を牽制するため、親族との縁を結んで力を強める景宗の考えだったといわれます。

969年。父を失います。数年後には母も亡くします。他の兄妹と共に祖母のもとで育てられました。

980年。景宗との間に息子の王訟(ワン・スン)が産まれます。景宗は子供ができないことに悩んでいたので、大変喜びました。献哀王后は景宗の寵愛を受けました。

981年。景宗が死去しました。献哀王后は18歳で未亡人になりました。

景宗死後

兄・王治(ワン・チ)が即位して6代国王・成宗になりました。献哀王后は王宮を出て千秋宮に移り住みました。

成宗は儒教を国内に広めようとしていました。そのため未亡人になった献哀王后と献貞王后には再婚を禁止しました。

息子の出来なかった成宗は献哀王后の息子・王訟を宮中につれて来て開寧君(ケリョングン)の称号を与えて育てました。

母方の親戚・金致陽(キム・チヤン)と親密な仲になりました。
洞州の出身でかつては僧侶だったといいます。噂は宮中に広まり混乱します。成宗は金致陽を貴陽に追放しました。

このできごとは妹・献貞王后が慶州院君と密通して王詢(ワン・スン)が産まれた件とともに成宗にとっては頭の痛い事件でした。

千秋太后時代

997年。成宗が死去。息子の王訟が即位して7代国王・穆宗になりました。

住んでいる千秋宮にちなんで自ら千秋太后と呼ぶようになりました。

千秋太后は摂政となりました。愛人の金致陽を呼び寄せ右僕射に任命して大きな権限を与えました。

王家の血を引く王詢は邪魔になったため出家させました。その後も何度か殺害しようとしましたが、僧侶らに守られました。一度は殺害に成功したように思えましたがそれは身代わりだったので、王詢は無事でした。

千秋太后は本拠地・西京(平壌)の発展に力を注ぎました。金致陽の出身地・瑞興に寺を建てました。

1003年かそれ以前。金致陽との間に子供が生まれました。

病気になった穆宗のかわりに金致陽との間に産まれた子供を後継者にしようとします。穆宗に気づかれて失敗します。

1009年。千秋太后と金致陽は康兆(カン・ジョ)を排除しようとしましたが逆に反乱を起こされて金致陽と息子は処刑されました。千秋太后は流罪になりました。康兆は穆宗を王の座から追放しました。穆宗は幽閉地に向かう途中で康兆の部下に殺害されました。

8代国王顕宗になったのは妹の息子・王詢でした。

流罪から釈放されると出身地の黄州冥福宮に戻り余生をおくりました。1029年。死去。享年66。

悪女?強い女性?

歴史上は権力欲の強い王室と国を見出した悪女といわれています。儒教思想が広まりつつあった高麗では王族女性の再婚はあってはならないことでした。愛人を作り宮廷で役職につけるのはかなり非常識なできごとに思われたことでしょう。

近年では外交センスに優れ契丹と実利外交を行い強い国作りを進めようとした人物ではないかともいわれています。現実には自ら戦場にでることはなかったと思いますが、ドラマ「千秋太后」ではこの説を大胆にアレンジ。戦士として登場させ韓国ドラマ界に話題をよんだそうです。

 

テレビドラマ

千秋太后 KBS、2009年 演:チェ・シラ、キム・ソウン

韓国KBSの大河ドラマ「千秋太后」は悪女とされていた千秋太后を契丹と戦う女戦士として表現。韓国では賛否両論を巻き起こした話題作でした。


PAGE TOP