1.3 李氏朝鮮の王子・王女

密豊君(ミルプングン)李坦(イ・タン)は昭顕世子の子孫です。

粛宗の時代には外交使節になって朝廷のために働いていました。しかし英祖の時代になって、少論派の李麟佐(イ・インジャ)が反乱を起こします。密豊君は李麟佐たちに担がれ ...

3.2 百済

帝王の娘・スベクヒャンに登場する苩加(ペクカ) は実在の人物。

百済の東城王の時代に生きた豪族です。東城王に反乱を起こして殺害しました。しかし武寧王によって鎮圧され処刑されました。

史実の苩加(ペクカ)はどんな ...

3.2 百済

蓋鹵王は百済の第21代国王。倭国(日本)や新羅と同盟して高句麗に対抗しようとしました。しかし高句麗の長寿王に攻められて都が陥落。蓋鹵王は処刑されてしまいます。蓋鹵王の時代に百済はいったんは滅亡しました。後に息子の文周が百済を再建します ...

1.4 李氏朝鮮の重臣

金一鏡(キム・イルギョン)は李氏朝鮮の重臣。19代粛宗から21代英祖の時代に活躍しました。強行的な少論派で何度も老論派と対立しました。

史実の金一鏡はどんな人物だったのか紹介します。

金一鏡(キム・イルギョン)の史実 ...

南北朝

独孤信は古代中国の北周の武将で政治家。北周の大司馬(軍事を司る長官)をつとめました。

彼自身も有能な軍人でしたが。娘たちも歴史上重要な人物です。長女は北周の皇后、七女・伽羅は随の皇后、四女は唐を建国した李淵の母になりました ...

南北朝

元貞太后は古代中国・唐の初代皇帝高祖の母。

中国ドラマ「独孤伽羅(どっこから)」では独孤曼陀(どっこ ばんた)の名前で登場します。

独孤伽羅の姉になります。

歴史上は元貞太后独孤氏と呼ばれます。

南北朝

明敬皇后は古代中国・北周の二代皇帝・明帝の皇后。

中国ドラマ「独孤伽羅(どっこから)」では独孤般若(どっこ はんじゃく)の名前で登場します。

歴史上は明敬皇后、敬皇后、独孤氏などと呼ばれます。

敬皇 ...

南北朝

随

独孤伽羅は古代中国の隋を建国した文帝楊堅の皇后。文献皇后ともいいます。

皇帝・楊堅とともに政治に関わったので「二聖」といれました。

史実の独孤伽羅はどんな人物だったのか紹介します。

独孤伽羅(どっこ から ...

0 ドラマが分かる歴史の知識

李氏朝鮮王朝では王の後継者を王世子(ワンセジャ)といいます。省略して世子(セジャ)ということも多いですね。

世子とはいったいどのような立場の人なのか紹介します。

世子とは

世子とはもともとは中国発祥の言葉です。漢 ...

0 ドラマが分かる歴史の知識

韓国ドラマ「100日の郎君(ろうくん)様」は李氏朝鮮時代のお話。事実には基づかない架空のストーリーなので登場人物もすべて架空。「じゃあ、ぜんぶ作り話なの?」というとそうでもありません。元ネタになった人物はあるのですね。

さ ...

PAGE TOP